デヤン・サビチェビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デヤン・サヴィチェヴィッチ Football pictogram.svg
Dejan Savićević.jpg
名前
愛称 デヨ(Дејо, Dejo)、ジェーニオ
ラテン文字 Dejan Savićević
キリル文字 Дејан Савићевић
基本情報
国籍 モンテネグロの旗 モンテネグロ
生年月日 (1966-09-15) 1966年9月15日(55歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ティトーグラード
身長 180cm
体重 77kg
選手情報
ポジション MFFW
利き足 左足
ユース
1981-1983 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 OFKティトーグラード
1983-1984 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ブドゥチノスト・ポドゴリツァ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1983-1988 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ブドゥチノスト・ポドゴリツァ 130 (36)
1988-1992 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 レッドスター・ベオグラード 72 (23)
1992-1998 イタリアの旗 ミラン 97 (21)
1999 ユーゴスラビアの旗 レッドスター・ベオグラード 3 (0)
1999-2001 オーストリアの旗 ラピード・ウィーン 44 (18)
代表歴
1986-1992 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 27 (10)
1994-1999 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア 29 (9)
監督歴
2001-2003 ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

デヤン・サヴィチェヴィッチセルビア語: Дејан Савићевић, ラテン文字転写: Dejan Savićević1966年9月15日 - )は、モンテネグロ(旧ユーゴスラビア)の元サッカー選手。ポジションはミッドフィールダーフォワード

経歴[編集]

クラブ[編集]

サビチェビッチはOFKチトーグラードの下部組織でサッカーを学び、1982年ブドゥチノスト・チトーグラードへ入団し、15歳でリーグ戦デビューを飾った。その後1988年レッドスター・ベオグラードへ移籍すると、リーグ3連覇に貢献するなどクラブの全盛期を支えた。UEFAチャンピオンズカップ 1990-91ではロベルト・プロシネツキダルコ・パンチェフらと共に優勝に貢献、インターコンチネンタルカップ 1991ではユーゴビッチの決勝ゴールとなった先制点をアシスト、前半終了間際に退場処分を受けたが、チリCSDコロコロを3-0で下しタイトルを獲得。同年のバロンドールでは同僚のパンチェフやドイツローター・マテウスと同率の2位に選ばれた[1]

1992年にイタリアACミランへ移籍。1992-93シーズンは2節のペスカーラ戦で先発しデビューを飾るが、ルート・フリットマルコ・ファンバステンらといったスター選手を擁したチームの中で外国人枠の問題もあって出場機会に恵まれなかった[2] 。17節ジェノア戦で初ゴールを決める。1993年のトヨタカップでは出場予定であったが、ミランが大会の外国人枠のレギュレーションを勘違いしたため、スタンド観戦となった。

1993-94年シーズン後半よりファビオ・カペッロ監督の信頼を得てレギュラーに定着、セリエA優勝、UEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献、UEFAチャンピオンズリーグ決勝のFCバルセロナ戦では22分に右サイドのドリブル突破からダニエレ・マッサーロの先制点をアシスト。47分にはミゲル・アンヘル・ナダルを振り切り、アンドニ・スビサレッタの頭上を越すループシュートを決める活躍などで4-0でバルセロナに大勝しタイトル獲得に貢献した[3]

1994-95年シーズン、準決勝第2戦のPSG戦では2得点[4]UEFAチャンピオンズリーグ 1994-95決勝進出に貢献したが、怪我のため決勝を欠場しミランは敗れた。1月15日のリーグ戦、バーリーとの対戦では4ゴールを奪った[5]


1995-96年シーズン、バッジオが加入、どちらが背番号10番を背負うべきかの論争が起きたが、バッジオは「デヤン以外にミランの10番は考えられない。」と10番を譲った[6]。この年再びリーグ優勝に貢献。

カペッロは「彼とは口論が絶えなかった。彼は練習も余りせず、ピッチでも手を抜いていた。そのためほかの選手は普段の2倍の運動量を強いられた。しかしそれでも彼を起用したのは、特別な才能が有ったからだ」と語った。[7]

1998年6月にミランを退団。翌1999年1月の古巣のレッドスター・ベオグラードに復帰し5ヶ月間在籍。

1999-00シーズンからはオーストリアのラピード・ウィーンへ移籍し、2001年限りで現役を引退した。

ユーゴスラビア代表[編集]

ユーゴスラビア代表としては1986年10月29日トルコ戦で代表デビュー。代表やレッドスターでは親友でもあるドラガン・ストイコビッチに10番を譲って8番を着けることが多かったが1988年3月30日に行われたイタリア戦(パオロ・マルディーニ代表デビュー戦)だけはサビチェビッチが10番、ストイコビッチが7番を着けてプレー。この試合でセンタリングから1アシストを記録した。なおクラブ・代表試合を含め2人が共に出場した試合でサビチェビッチが10番をつけた試合は後にも先にもこの試合だけである。

1990年ワールドカップ・イタリア大会では準々決勝進出に貢献したが、代表としてはユーゴスラビア内戦による混乱などから国際舞台への出場を断たれた事もあり、UEFA EURO '921994年ワールドカップ・アメリカ大会など全盛期に開催された大会には出場成らず。キャリアの晩年に差し掛かった1998年のワールドカップ・フランス大会で2大会ぶりのワールドカップ出場を果たし、翌1999年に代表から退いた。

引退後[編集]

引退後の2001年にユーゴスラビア代表監督に就任したが、ワールドカップ・日韓大会予選では敗退。2003年6月に行われたUEFA EURO 2004予選アゼルバイジャン戦を1-2で落とすと監督を辞任した。セルビア・モンテネグロ代表監督通算成績は4勝11敗2引き分けである。

2004年からはモンテネグロサッカー協会会長を務めている。

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

タイトル[編集]

レッドスター・ベオグラード[編集]

ACミラン[編集]

個人[編集]

  • ユーゴスラビア最優秀アスリート:1991
  • ベオグラードスポーツ協会ベストスポーツマン賞:1991
  • ユーゴスラビア最優秀選手:1995

脚注[編集]

  1. ^ Ballon d’Or Winners-liveabout.com
  2. ^ Interview 2010
  3. ^ Barcelona mesmerised by magic of Milan: Italians champions ignore their status as underdogs to reach Olympian heights in the humiliation of Spaniards , The Independent, 19 May 1994
  4. ^ AC Milan vs Paris Saint Germain - UEFA.com
  5. ^ Savicevic, quattro gol al Bari in una sola partita il 15 gennaio 1995”. newsmondo (2018年1月15日). 2021年1月16日閲覧。
  6. ^ ファンタジスタ50 (NSK mook サッカーダイジェスト 94ページから
  7. ^ ワールドサッカーキング 2018、10月号増刊チャンピオンズリーグ特集 71ページから

外部リンク[編集]