ルート・フリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルート・フリット Football pictogram.svg
Ruud Gullit 2012.jpg
名前
本名 ルディ・ジル・フリット
Rudi Dil Gullit
愛称 ルディ、黒いチューリップ、赤いスイートピー、黄色いハンカチ、速いドライバー、苦い水
ラテン文字 Ruud GULLIT
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
スリナムの旗 スリナム
生年月日 (1962-09-01) 1962年9月1日(58歳)
出身地 アムステルダム
身長 191cm
体重 83kg
選手情報
ポジション FW, MF, DF
利き足 右足
ユース
1967-1975 オランダの旗 メールボーイズ
1975-1979 オランダの旗 DWS
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979-1982 オランダの旗 HFCハールレム 91 (32)
1982-1985 オランダの旗 フェイエノールト 85 (30)
1985-1987 オランダの旗 PSV 68 (46)
1987-1993 イタリアの旗 ミラン 117 (35)
1993-1994 イタリアの旗 サンプドリア 31 (15)
1994 イタリアの旗 ミラン 8 (3)
1995 イタリアの旗 サンプドリア 22 (9)
1995-1998 イングランドの旗 チェルシー 49 (4)
通算 465 (175)
代表歴
1979  オランダ U-21 4 (1)
1981-1994[1] オランダの旗 オランダ 66 (17)
監督歴
1996-1998 イングランドの旗 チェルシー(選手兼任)
1998-1999 イングランドの旗 ニューカッスル
2004-2005 オランダの旗 フェイエノールト
2007-2008 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス・ギャラクシー
2011 ロシアの旗 テレク・グロズヌイ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルート・フリットRudi Dil "Ruud" Gullit1962年9月1日 - )は、オランダアムステルダム出身の元サッカー選手、および指導者。日本語表記ではグーリットとも。1987年のバロンドール受賞者で、ACミランでプレーした「オランダトリオ」と言われたオランダ人のひとりであった。息子のマキシムもサッカー選手である[2]

クラブ経歴[編集]

1988年のフリット

1979年、HFCハールレムでデビューを飾り、1981-82シーズンにはチームをリーグ第4位、UEFAカップ出場権へと導くなどの活躍から[3]、1982年にフェイエノールトへ移籍、ヨハン・クライフとともにリーグ優勝に貢献する。1985-86シーズンからPSVアイントホーフェンでプレー、8期振りのリーグ制覇に貢献するなど、主にはリベロとしてのプレーながら、2シーズンで46ゴールを決める活躍を見せた[4]

ユベントスも獲得を心試みていたが[3]1987年に当時、ディエゴ・マラドーナに次ぐ約12億円の移籍金でイタリアセリエAACミランへ移籍[5]マルコ・ファン・バステンフランク・ライカールトとともに「オランダトリオ」としてACミランの黄金期を支え、数々のタイトルをもたらし、自身もこの年バロンドールを受賞した。1987年8月23日のコッパ・イタリアバーリ戦で初出場を果たすと、その試合でゴールを決めた。リーグ戦デビューとなった9月13日のピサ戦でセリエA初ゴール、ユベントスナポリインテル・ミラノといった、優勝を争うチームとの対戦でゴールを決めるなど[3]、1987-88シーズン久しく優勝から遠ざかっていたミランにリーグ優勝をもたらした[3]

1988-89シーズン、チャンピオンズカップ決勝ステアウア・ブカレスト戦では2ゴールを決め、優勝に大きな貢献したが[6]、1989-90シーズンに膝を故障、1989年のトヨタカップを欠場するなど、治療とリハビリに一年間を費やした[7]。以降1992年までに合計5回、膝の手術を強いられ、怪我を抱えながらプレーすることとなる[3]

1990年12月、トヨタカップオリンピア戦ではクロスでライカールトの先制点をアシストし、3-0での優勝に貢献[8]。1991-92シーズン、ファビオ・カペッロが監督に就任するとこれまでのFWではなく、主に右サイドハーフとして起用される様になった[9]。このシーズンは怪我に悩まされ、第26節から31節までを欠場したが[10]、リーグ無敗優勝に貢献した。

1992-1993シーズン、10月4日のフィオレンティーナ戦でシーズン初出場を果たすと2ゴール2アシストの活躍、4月10日のミラノダービーではゴールを決めたが[3]、怪我や、外国人枠の問題から、ベンチ外になることもあり、チャンピオンズカップ決勝のオリンピック・マルセイユ戦でもベンチ外となった[3][6]

1993-94シーズン、UCサンプドリアにレンタル移籍した[11]。ここでは監督のエリクソン監督からはFWの一角として起用され、8月29日の開幕戦ナポリ戦でゴールを決める好調なスタートを切り[12]、古巣との初対戦ということで大きな注目を集めた[13]10月31日のACミラン戦において、カタネッチの先制点をアシストしただけでなく[13]、ボレーシュートで決勝ゴールを決め3-2で勝利した[13][3][14]。リーグ戦では15ゴールを決め[11]、ミランとの優勝争いの末、リーグ優勝は逃したがリーグでは3位、コッパ・イタリアでは準決勝のパルマ戦、2ndレグで決勝ゴールを決めるなど[12]、優勝に貢献、これらのチームの躍進に貢献し、翌シーズンにミランに返り咲きを果たした[3]

1994-95シーズン、復帰したミランでは、カペッロからFWとして起用された。スーペルコッパ・イタリアーナでは古巣サンプドリア戦では同点ゴールを決め、優勝に貢献した。開幕戦のジェノア戦でシモーネの決勝ゴールをアシスト、9月11日、第2節のカリアリ戦でゴール[3]、9月18日、第3節のラツィオ戦では2ゴールを挙げたが[3]、前線で孤立することが多く、以降ノーゴールが続くなど、この複帰は成功せず[11]、シーズン途中にメッリとのトレードでサンプドリアに再び移籍、22試合に出場し9ゴールを決めたが、前年程の活躍は出来なかった。

1995-96シーズン、チェルシーへ移籍、ここでは当初リベロとしてプレーしたが[11]、しばらくするとMFとしてプレーした[11]。9月16日、リーグ第6節のサウサンプトン戦で移籍後初ゴールを決め[15]FAカップ準決勝のマンチェスターU戦ではゴールを決めたが[15]、1-2と敗れタイトルを逃した。シーズン中にはチーム率いていたグレン・ホドル監督がイングランド代表監督に就任すると、その後任として現役のままプレーイングマネージャーに就任、このシーズンは初めてフルシーズンDFとしてプレーしたにも関わらず、PFA年間ベストイレブンに選出された。1996-97シーズン、10月26日、第11節のトッテナム戦でのゴールが[15]、現役最後のゴールとなった。

1997-98シーズン、リーグ戦6試合カップ戦1試合の出場、最後のリーグ戦出場は1998年1月17日エヴァートン戦で16分間プレー、1月28日リーグカップ準決勝アーセナル戦の1stレグに出場したのが選手として最後の出場となった。

代表経歴[編集]

オランダ代表では、1981年、9月1日スイス戦で代表デビューを飾る[16]。1982年9月22日のアイルランド戦で代表初ゴールを決めた[16]

1988年、ヨーロッパ選手権ではグループリーグのイングランド戦で2アシストで勝利に貢献[16]、決勝のソビエト戦でゴールを決め[16]、オランダの初のメジャータイトルをもたらした。

1990年、1990 FIFAワールドカップワールドカップには欧州王者として優勝候補の一角に挙げられていたが、チーム内は監督交代など内紛を抱え、自身も膝の故障から回復したばかりでそのカリスマ性をベーンハッカー監督に期待されての起用であったが[17]、予選リーグ北アイルランド戦で1ゴールを決めたものの[16]満足なプレーをすることが出来なかった。少しずつ調子を取り戻していた決勝トーナメント1回戦で、この大会を制する西ドイツと対戦。守備の要であったライカールトの退場などもあり拮抗した展開の末、1-2で敗退した。

1992年、EURO1992において準決勝デンマーク戦では1点リードを許す中ライカールトのゴールをアシストしたが、2-2からPK戦の末(6-7)で敗れた[16]。1993年4月28日、ワールドカップ予選、イングランド戦に出場した後は、代表から遠のいた[16]

1994年、アメリカW杯直前の1994年5月27日のスコットランド戦で代表復帰を果たしたが[16]アドフォカート監督が採用しようとしていたアヤックスと同じシステム下でのプレーを望まず[18]、代表入りを拒否、その後は代表でプレーすることは無かった。

指導者経歴[編集]

1995-96シーズンからプレーイングマネージャーとなったが、正式な監督1年目となった1996-97シーズンは、ジャンルカ・ヴィアリジャンフランコ・ゾラロベルト・ディ・マッテオなどのトップ選手を加入させ、リーグは6位ながらも27年ぶりにFAカップをチームにもたらした。また、外国人としては史上初のFAカップ優勝監督ともなった。翌1997-98シーズン、チームは好調であったが監督を解任された。

1998-99シーズン開幕直後にニューカッスル・ユナイテッドの監督に就任するが、13位に低迷し、1年で辞任する。

しばらく解説者をした後、2004-05シーズン、フェイエノールトの監督に就任。当時所属していたディルク・カイト小野伸二らを指導したが、リーグ4位に低迷し、シーズン終了後に辞任した。

2007年11月8日メジャーリーグサッカーロサンゼルス・ギャラクシーの監督に就任した。しかし、9ヵ月後の2008年8月に個人的理由により辞任した。

2011年1月、ロシア・プレミアリーグFCテレク・グロズヌイの監督に契約期間1年半で就任した。しかし、リーグ戦13試合で3勝しかできず、6月に解任された。

2016年8月、ディック・アドフォカートがオランダ代表の第2アシスタントを突然退任したことで急遽後任候補に挙がったが、KNVBとの交渉の中で「スタッフ内に変動があった場合に再交渉できる権利」と「良いオファーがあった場合に退任できる権利」と契約に盛り込むことを要求し、アドフォカートの突然の退任の二の舞を避けたかったKNVBのテクニカル・ディレクター ハンス・ファン・ブロイケレンが認めなかったこと、さらに第1アシスタントのマルコ・ファン・バステンがすでにFIFAからのアプローチを受けて退任を決意していたが、それをファン・ブロイケレンが明かさず、ファン・バステンから直接聞いたことにフリットが激怒したために交渉は破断した[19]

選手としての特徴[編集]

抜群の身体能力とボール扱いに長けたテクニックを持ち、ストライカーから、右サイドや中央の攻撃的ミッドフィルダー、守備的ミッドフィルダー、そしてディフェンダーまであらゆるポジションを高いレベルでプレーした[20]

エピソード[編集]

  • サッカーシューズはイタリアのスポーツメーカーロット社の物を使用してした[21]
  • 南アフリカの黒人指導者、ネルソン・マンデラと親交があり、1987年のバロンドール(欧州年間最優秀選手賞)受賞時にはトロフィーをマンデラに贈った[22]
  • 1990年には日本航空の国際線CMに出演していた。

代表歴[編集]

  • オランダ代表 1981年-1994年 66試合17得点
    • FIFAワールドカップ出場 1回 (1990年イタリア大会ベスト16)
    • UEFA欧州選手権出場 2回 (1988年西ドイツ大会優勝、1992年スウェーデン大会ベスト4)

タイトル[編集]

選手時代[編集]

HFCハールレム
フェイエノールト
PSVアイントホーフェン
  • エールディヴィジ:2回(1985-86、1986-87)
ACミラン
UCサンプドリア
オランダ代表
個人

監督時代[編集]

チェルシーFC

出典[編集]

  1. ^ “Ruud Gullit - Goals in International Matches” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/gullit-intlg.html 
  2. ^ ルート・フリット氏の17歳の息子マキシムがオランダ2部でデビュ”. soccer-king. 2020年8月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k “Ruud Gullit, 'Il Tulipano nero' icona del Grande Milan” (English). www.goal.com. https://www.goal.com/it/notizie/ruud-gullit-il-tulipano-nero-icona-del-grande-milan/zmk0n7jydfvw1uyltilror1t5 10 September 2020閲覧。 
  4. ^ スペクタクルを『後ろ』から起こしたPSV◎サッカー世界遺産第21回 ページ1”. soccermagazine.jp. 2020年8月26日閲覧。
  5. ^ TOYOTA CUP 大会公式パンフレット P22
  6. ^ a b “Gullit Milan Maestro” (English). www.beinsports.. https://www.beinsports.com/en/uefa-champions-league/news/ruud-gullit-milan-maestro/1461077 2020年9月1日閲覧。 
  7. ^ TOYOTA CUP 大会公式パンフレット P22
  8. ^ “1990年、ミランを世界一に導いたライカールト”. www.goal.com. https://www.goal.com/jp/news/3850/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97/2014/12/04/6757832/%EF%BC%91%EF%BC%99%EF%BC%99%EF%BC%90%E5%B9%B4%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%92%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80%E3%81%AB%E5%B0%8E%E3%81%84%E3%81%9F%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%88 2020年9月1日閲覧。 
  9. ^ “ゾーンプレスを脅威に昇華した “オランダトリオ”の破壊力”. www.footballista. https://www.footballista.jp/special/79263 31 September 2020閲覧。 
  10. ^ “Ruud Gullit 1991/92” (English). www.transfermarket.com. https://www.transfermarkt.com/ruud-gullit/leistungsdatendetails/spieler/101045/plus/0?saison=1991&verein=&liga=&wettbewerb=&pos=&trainer_id= 2020年9月1日閲覧。 
  11. ^ a b c d e “Gullit The Black Turip” (English). www.footballhistory.org. https://www.footballhistory.org/player/ruud-gullit.html 2020年9月1日閲覧。 
  12. ^ a b “Ruud Gullit All goals Sampdoria” (English). www.transfermarket.com. https://www.transfermarkt.com/ruud-gullit/alletore/spieler/101045/plus/0?saison=&verein=1038&liga=&wettbewerb=&pos=&minute=&pos=&torart=&stand= 2020年9月1日閲覧。 
  13. ^ a b c 週刊サッカーマガジン 1993年11月24日 no.431 p.104-108 ベースボールマガジン社
  14. ^ “UC Sampdoria - AC Milan Oct31 1993 SerieA Match sheet” (English). www.transfermarket.com. https://www.transfermarkt.com/spielbericht/index/spielbericht/2215827 2020年9月1日閲覧。 
  15. ^ a b c “Ruud Gullit All goals Chelsea” (English). www.transfermarket.com. https://www.transfermarkt.com/ruud-gullit/alletore/spieler/101045/plus/0?saison=&verein=631&liga=&wettbewerb=&pos=&minute=&pos=&torart=&stand= 2020年9月1日閲覧。 
  16. ^ a b c d e f g h “Ruud Gullit National Team” (English). www.transfermarket.com. https://www.transfermarkt.com/ruud-gullit/nationalmannschaft/spieler/101045 2020年9月1日閲覧。 
  17. ^ TOYOTA CUP 大会公式パンフレット P22
  18. ^ “Gullit walks out on the Dutch squad” (English). www.heraldscotland.com. https://www.heraldscotland.com/news/12694668.gullit-walks-out-on-the-dutch-squad/ 2020年9月1日閲覧。 
  19. ^ http://www.foxsports.nl/nieuws/artikel/1307498/gullit-van-basten-vertrekt-bij-oranje
  20. ^ 田嶋幸三『これだけは知っておきたい(30) サッカーの大常識』株式会社ポプラ社、2006年、101ページ、ISBN 4-591-09115-5
  21. ^ “日本のLOTTO”. www.lotto. https://www.lottosport.jp/about/ 2020年9月10日閲覧。 
  22. ^ “Ruud Gullit and the Struggle for South African Freedom日”. www.africasacountry.com. https://www.africasacountry.com/2014/03/ruud-gullit-and-the-struggle-for-south-african-freedom/ 2020年9月10日閲覧。