ルート・フリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルート・フリット Football pictogram.svg
Ruud Gullit 2012.jpg
名前
本名 ルディ・ジル・フリット
Ridi Dil Gullit
愛称 ルディ、黒いチューリップ
ラテン文字 Ruud GULLIT
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
スリナムの旗 スリナム
生年月日 (1962-09-01) 1962年9月1日(55歳)
出身地 アムステルダム
身長 186cm
体重 83kg
選手情報
ポジション FW, MF, DF
利き足 右足
ユース
1967-1975 オランダの旗 メールボーイズ
1975-1979 オランダの旗 DWS
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979-1982 オランダの旗 HFCハールレム 91 (32)
1982-1985 オランダの旗 フェイエノールト 85 (30)
1985-1987 オランダの旗 PSV 68 (46)
1987-1993 イタリアの旗 ミラン 117 (35)
1993-1994 イタリアの旗 サンプドリア 31 (15)
1994 イタリアの旗 ミラン 8 (3)
1995 イタリアの旗 サンプドリア 22 (9)
1995-1998 イングランドの旗 チェルシー 49 (4)
通算 465 (175)
代表歴
1979  オランダ U-21 4 (1)
1981-1994[1] オランダの旗 オランダ 66 (17)
監督歴
1996-1998 イングランドの旗 チェルシー(選手兼任)
1998-1999 イングランドの旗 ニューカッスル
2004-2005 オランダの旗 フェイエノールト
2007-2008 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス・ギャラクシー
2011 ロシアの旗 テレク・グロズヌイ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ルート・フリットRidi Dil "Ruud" Gullit1962年9月1日 - )は、オランダアムステルダム出身の元サッカー選手、および指導者。日本語表記ではグーリットとも。「オランダトリオ」のひとり。オランダ語のGuの発音は日本語にはないものであり、強いてカタカナ表記すれば「フ」に近いことから、キャリア中期(ACミラン在籍時)まで日本では「フリット」と書かれた。しかし、現実の発音とはかけ離れたものであり、また「フリッター」のようであまり印象も良くないことから、本人はサッカー誌のインタビューでよく日本人にフリットと呼ばれるが、(イタリア語、英語などでの読みに準じる)「グーリット」が正しく、そう呼んでほしいと、強く希望した。なお、本稿では認知度の高い「フリット」を使用する。

経歴[編集]

選手として[編集]

1988年のフリット

1979年HFCハールレムでデビューを飾り、高い技術力を見せた。その活躍が認められ、1981年9月1日スイス戦で代表デビューを飾る。1982年にはフェイエノールトへ移籍し、ヨハン・クライフとともにリーグ優勝に貢献する。

その後、PSVアイントホーフェンを経て、1987年に当時の史上最高額の移籍金でイタリアセリエAACミランへ移籍。マルコ・ファン・バステンフランク・ライカールトとともに「オランダトリオ」としてACミランの黄金期を支え、数々のタイトルをもたらし自身もこの年バロンドールを受賞した。また、オランダ代表としてもEURO1988では優勝に貢献。この時代はまさにフリットの全盛期であった。しかし、1989-90シーズンに膝を故障、治療とリハビリに一年間を費やす。この故障は引退時まで大きく引きずる事になる。

1990年イタリアW杯に出場。欧州王者として優勝候補の一角に挙げられていたが、チーム内は監督交代など内紛を抱え、フリット自身も膝の故障から回復したばかりで、満足なプレーをすることが出来なかった。少しずつ調子を取り戻していた決勝トーナメント1回戦で、この大会を制する西ドイツと対戦。守備の要であったライカールトの退場などもあり拮抗した展開の末、1-2で敗退した。

同年12月のトヨタカップではACミランの一員として訪日。ライカールトの先制点をアシストした。

ミランでは1991年アリゴ・サッキ監督が成績不振を理由に辞任した事で、1991-92シーズンからファビオ・カペッロが監督に就任した。前任のサッキはシステムや規律を重視する監督ではあったが、少なくとも前線の動きに関しては制約を受ける事は無かった。しかし、カペッロの下では、右サイドに完全に固定されて自由なプレーが出来ず、1992/1993シーズンは貴重なゴールを度々決めるなどしたが、怪我やパパンの加入などもあり、徐々にベンチを暖める機会が増え、1992/1993のチャンピオンズカップ決勝でもベンチ外となり、1993年にサンプドリアにレンタル移籍する事になった。そこで、監督のスヴェン・ゴラン・エリクソンからFWとしてある程度の自由を与えられ、自由奔放な本来のスタイルが復活する。サンプドリアは1993-94シーズンをリーグ3位、コッパ・イタリア優勝と大躍進を遂げ、同じくミランから移籍のエバーニと共に、フリットはゴールを量産、得点王争いをするなど、その立役者となった。特に1993年の古巣ACミラン戦においてはボレーシュートでゴールを決めるなど、好調なプレーを見せた。この復活劇で翌シーズンにミランに返り咲きを果たした。

しかし、復帰したミランではFWとしてプレーしたが、前線で孤立することが多く、敗戦の責任をなすりつけられるなど、不振に陥り、「この辛さを理解してくれるのはシモーネだけだった。」[2]と語った、シーズン途中にサンプドリアに再び移籍しある程度のゴールを決めたが、前年程のインパクトを残すことは出来なかった。

オランダ代表では1992年のEURO1992を最後に代表から退くが、サンプドリアにおける好パフォーマンスもあり、1994年アメリカW杯直前に代表復帰を果たす。しかし、クーマンが、エゴイストのフリットを嫌い代表から追い出そうとした事や、かねてから要望し続けたクライフの代表監督就任も遂に叶わず、代表辞退となった。

指導者として[編集]

1995年チェルシーへ移籍した。1995-96シーズンを率いていたホドル監督がイングランド代表監督に就任することからその後任として現役のまま監督に就任する。監督1年目となった1996-97シーズンは、ジャンルカ・ヴィアリジャンフランコ・ゾラロベルト・ディ・マッテオなどのトップ選手を加入させ、リーグは6位ながらも27年ぶりにFAカップをチームにもたらした。また、外国人としては史上初のFAカップ優勝監督ともなった。この年を最後に現役を退き監督専任となった。

しかし、翌1997-98シーズン、チームは好調であったにもかかわらず監督を解任される。その後任には同じく選手兼監督としてジャンルカ・ヴィアリが就任した。補強に多大な資金を費やしたが、チェルシーに久々にタイトルをもたらした功績は大きい。また、この時代にイタリア選手が多数プレミアシップリーグに移籍したのもチェルシーの補強がきっかけである。

1998-99シーズン開幕直後にニューカッスル・ユナイテッドの監督に就任するが、13位に低迷し、1年で辞任する。この時のスローガン「セクシーフットボール」は監督としてのフリットの代名詞となる。しかし、当時のエースであったアラン・シアラーは、その後の雑誌のインタビューで、「フリットが監督の時が、自身のキャリアで最も冴えない時だった。」と答えており、セクシーフットボールが、選手に受け入れられていたとは言い難い。

しばらく解説者をした後、2004-05シーズン、フェイエノールトの監督に就任。当時所属していたディルク・カイト小野伸二らを指導したが、リーグ4位に低迷し、シーズン終了後に辞任した。

2007年11月8日メジャーリーグサッカーロサンゼルス・ギャラクシーの監督に就任した。しかし、9ヵ月後の2008年8月に個人的理由により辞任した。

2011年1月、ロシア・プレミアリーグFCテレク・グロズヌイの監督に契約期間1年半で就任した。しかし、リーグ戦13試合で3勝しかできず、6月に解任された。

2016年8月、ディック・アドフォカートがオランダ代表の第2アシスタントを突然退任したことで急遽後任候補に挙がったが、KNVBとの交渉の中で「スタッフ内に変動があった場合に再交渉できる権利」と「良いオファーがあった場合に退任できる権利」と契約に盛り込むことを要求し、アドフォカートの突然の退任の二の舞を避けたかったKNVBのテクニカル・ディレクター ハンス・ファン・ブロイケレンが認めなかったこと、さらに第1アシスタントのマルコ・ファン・バステンがすでにFIFAからのアプローチを受けて退任を決意していたが、それをファン・ブロイケレンが明かさず、ファン・バステンから直接聞いたことにフリットが激怒したためめに交渉は破断した[3]

エピソード[編集]

代表歴[編集]

  • オランダ代表オランダの旗 1981年-1994年 66試合17得点
    • FIFAワールドカップ出場 1回 (1990年イタリア大会ベスト16)
    • UEFA欧州選手権出場 2回 (1988年西ドイツ大会優勝、1992年スウェーデン大会ベスト4)

個人タイトル[編集]

出典[編集]