オランダトリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

オランダトリオはサッカー用語で、1988年から1990年代前半のイタリアACミランの黄金時代を支えたオランダ人選手、ルート・フリット(1987-1993, 1994.7-.12在籍)、マルコ・ファン・バステン(1987-1995在籍)、フランク・ライカールト(1988-1993在籍)の3人を言う。

セリエA優勝や、UEFAチャンピオンズカップトヨタカップなど数々のタイトルを獲得したことで有名。オランダの国花に準えて「チューリップトリオ」、またオランダ代表においてはロナルド・クーマンを含めて「オランダカルテット」と呼ぶ場合もある。

このオランダトリオが活躍した当時はまだ欧州連合(EU)の統合前であり、当時のセリエAの規定ではEU圏内の選手であっても外国人枠として同じ試合に3人しか起用できなかった。最強の助っ人3人を得たACミランは、1970年代からセリエAで圧倒的な強さを誇っていたユヴェントスから主役の座を奪い取り、クラブの黄金時代を築き上げた。

沿革[編集]

1986年、実業家のシルヴィオ・ベルルスコーニがACミランの会長職に就任し、潤沢な資金を得ることができるようになったミランは、1987年に当時オランダアヤックスのエースストライカーだったファン・バステン、そして同じくオランダのPSVアイントホーフェンをリーグ優勝に導いたフリットを獲得。同年に就任したアリゴ・サッキ監督の下、両名の活躍もあり、ACミランはこのシーズンのリーグ優勝を果たす。

1988年、更なるチーム補強としてアヤックスからライカールトを獲得。オランダの3選手が攻守の軸としてチームを支え、同シーズンのUEFAチャンピオンズカップでは、準決勝でレアル・マドリードを合計スコア 6 - 1 、決勝でステアウア・ブカレストを 4 - 0 と圧倒的な強さで粉砕し見事栄冠を勝ち取った。ちなみに1988年UEFA欧州選手権(EURO88)でも「将軍」リヌス・ミケルスの下オランダ代表が強さを見せ、オランダトリオはここでも優勝を勝ち取っている。

監督がファビオ・カペッロに代わった1991年からのシーズンはヨーロッパの舞台ではタイトルに恵まれなかったが、フランコ・バレージ率いるディフェンス陣が円熟味を増し、オランダトリオの攻撃をバックアップ。結果国内リーグで22勝12分無敗と他の追随を許さなかった。またファン・バステンがリーグ得点王、1992年バロンドールFIFA最優秀選手賞・世界年間最優秀選手(ワールドサッカー誌)と個人タイトルを総なめにした。後にこの時代のミランは「クラブ史上最強チーム」と評された。

備考[編集]

同時期にライバルクラブのインテルに所属していたドイツ西ドイツ)国籍の3選手、ユルゲン・クリンスマンローター・マテウスアンドレアス・ブレーメを、オランダトリオに対して「ドイツトリオ」と呼んだ。

関連項目[編集]