ダニエレ・マッサーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダニエレ・マッサーロ Football pictogram.svg
Daniele Massaro.JPG
2010年のマッサーロ
名前
本名 ダニエレ・エミリオ・マッサーロ
Daniele Emilio Massaro
ラテン文字 Daniele MASSARO
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1961-05-23) 1961年5月23日(57歳)
出身地 モンツァ
身長 179cm
体重 74kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979–1981 イタリアの旗 モンツァ 60 (10)
1981–1986 イタリアの旗 フィオレンティ―ナ 140 (11)
1986–1995 イタリアの旗 ミラン 209 (51)
1988–1989 イタリアの旗 ローマ (loan) 30 (5)
1995–1996 日本の旗 清水エスパルス 20 (10)
通算 459 (87)
代表歴
1982-1994 イタリアの旗 イタリア 15 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダニエレ・マッサーロ(Daniele Massaro、1961年5月23日-)は、イタリアモンツァ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションは主にFW、初期は主にMF[1]DFを務めたこともある。

クラブ経歴[編集]

1979年ACモンツァで選手生活をスタート[2]

ACミラン[編集]

フィオレンティーナで5シーズンを過ごした後、1986年ACミランへ移籍。1988-89シーズンにASローマへローン移籍したものの8シーズンに渡ってミランに在籍[2]、途中出場で度々得点を決めるなど、ミランの黄金期を支え、決勝ゴールを挙げることが多かったことから「決勝点の男」の異名を取った[3]。また困難な状況に追い込まれた試合でも勝利に貢献し、ミランのファンから「プロビデンス」というニックネームが付けられた[4]ファビオ・カペッロの監督就任後は本格的にFWとして起用されるようになり[1]、1991-92シーズンは9得点を挙げ[5]、ミランの優勝に貢献。

特に1993-94シーズンは、マルコ・ファンバステンジャン=ピエール・パパンの怪我などの中[1]トヨタカップでのサンパウロFCとの対戦で先発出場し、1ゴール1アシストの活躍後は[6]、レギュラーの座を掴み、パルマやUCサンプドリアといった優勝を争うチームや、インテルとのダービーなどで決勝点を決めるなど、リーグ戦ではチームとトップの11得点を挙げ、ミランの3連覇に貢献した[1]。またチャンピオンズリーグでも準決勝のASモナコとの試合で得点、FCバルセロナとの決勝では2得点を挙げ優勝に貢献した[2][7][1]

翌1994-95シーズンは、怪我での離脱もあって目立った活躍が出来ず。トヨタカップベレス・サルスフィエルド戦では、数回の決定的チャンスを迎えたが、チラベルトの好守もあり、得点を決められなかった[8]欧州スーパーカップアーセナルFCとの第2戦では2-0へとリードを広げるゴールを決め、優勝に貢献した。

清水エスパルス[編集]

インテル会長のエルネスト・ペッレグリーニから白紙の小切手を提示され、「給料の2倍を書いてくれ」と[9]、インテルなどセリエAの他チームからのオファーを受けたが、Jリーグ・清水エスパルスへ移籍[3]。1995年のオペルカップでACミランの選手として、清水エスパルスとの親善試合に参加、怪我で出場はしなかったが[3]、試合後記者会見が行われ、清水エスパルスへの移籍が正式に発表された[3]

清水ではニコスシリーズから登場、8月16日2節の浦和レッズ戦でJリーグ初ゴールを決め[10]、9月6日7節名古屋グランパス戦、9月13日9節鹿島アントラーズ戦でもゴールを決めた。その後は怪我でニコススリーズを欠場、初年度は9試合3ゴールの成績を残した。1996年4月13日第7節のベルマーレ平塚戦ではハットトリックを達成するなど[11]、在籍2シーズンの間に20試合に出場し10得点を記録した[4]。その後、監督のオズワルド・アルディレスの構想を外れ、スタンド観戦に回るようになり、同クラブを退団後に選手生活から引退した。

代表経歴[編集]

イタリア代表としては1982年4月14日に行われた東ドイツ代表との国際親善試合でデビュー[12]、同年のスペインW杯では出場こそなかったが、優勝メンバーの一員となった。1986年2月5日に行われた西ドイツ代表との国際親善試合以降、代表からは遠ざかった[12]

1994年に8年ぶりに代表に招集されると、同年3月23日のドイツ代表との親善試合で出場を果たした[12]、同年のアメリカW杯のメンバーにも選ばれ、グループリーグのメキシコ代表戦ではボレーシュートで1得点を挙げる活躍を見せ[13]、決勝トーナメント進出に貢献。ブラジル代表との決勝戦では相手ゴールを脅かすボレーシュートを放ったが得点には至らず。またPK戦のキッカーとして挑むもフランコ・バレージロベルト・バッジョと共に失敗して、イタリアは準優勝という結果に終わった[14]。イタリア代表としての通算成績は国際Aマッチ15試合出場1得点[12]

引退後[編集]

引退後はビーチサッカー選手としてビーチサッカーイタリア代表英語版に選出されたほか、ゴルフ世界ラリー選手権など様々なスポーツイベントに参加した[15]。このほか、古巣のACミランの広報や、日本静岡県静岡市の「お茶大使」も務めている[16][17]

政党はミラン会長のシルヴィオ・ベルルスコーニが党首を務めるフォルツァ・イタリアを支持している[15]。2016年5月には政治家へ転身する意向を示し[15]、同年6月のミラノ市議会議員選挙に立候補したが、384票を獲得したのみで落選した[18]

個人成績[編集]

クラブでの成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
1979-80 モンツァ セリエB 24 5
1980-81 36 5
1981-82 フィオレンティーナ セリエA 29 1
1982-83 30 5
1983-84 29 1
1984-85 26 2
1985-86 26 2
1986-87 ミラン 22 2 1 0 1 1 24 3
1987-88 26 4 5 1 2 0 33 5
1988-89 ローマ 30 5
1989-90 ミラン 30 10 7 3 9 2 46 15
1990-91 21 6 6 1 5 0 32 7
1991-92 32 9 6 0 - - 38 9
1992-93 29 5 7 2 10 3 46 10
1993-94 29 11 2 0 14 5 45 16
1994-95 19 3 1 0 11 2 31 5
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1995 清水 - J 9 3 - 0 0 9 3
1996 11 7 5 1 0 0 16 8
通算 イタリア セリエA 377 66
イタリア セリエB 60 10
日本 J 20 10 5 1 0 0 25 11
総通算 457 86

代表での成績[編集]

出典[12]


イタリア代表国際Aマッチ
出場得点
1982 1 0
1983 0 0
1984 3 0
1985 1 0
1986 1 0
1987 0 0
1988 0 0
1989 0 0
1990 0 0
1991 0 0
1992 0 0
1993 0 0
1994 9 1
合計 15 1

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e The five players Fabio Capello made superstars-BBC,12:01AM GMT 16 Dec 2007
  2. ^ a b c Daniele massaro: scheda tecnica calciatore”. AC Milan. 2017年7月25日閲覧。
  3. ^ a b c d 週刊 サッカーダイジェスト NO. 271 1995 7/5 21P
  4. ^ a b AC MILAN -Daniele Massaro-KVH JAPAN
  5. ^ Daniele MASSARO -L`EQUIPE
  6. ^ 連載 週刊サッカーダイジェスト・メモリアルアーカイブ その3 ― 1993年12月29日号 -SOCCERDIGESTWEB 2015年03月08日
  7. ^ Milan find perfect pitch in dream final”. UEFA.com (1994年5月18日). 2017年7月25日閲覧。
  8. ^ 週刊サッカーダイジェスト NO.245 1994年 P.4-8
  9. ^ マッサーロ氏、18歳GKの契約拒否に「私はミランを尊重して日本行きを選んだ」-footballchannel 2017年6月16日
  10. ^ 1995年8月16日 レッズvsエスパルス-J.league data 2018.2.19日閲覧
  11. ^ ハットトリック一覧-Jleague Data site 2018年2月10日
  12. ^ a b c d e Daniele Massaro - International Appearances”. rsssf.com. 2017年7月25日閲覧。
  13. ^ Mondiali 1994: Italia-Messico 1-1-]-strie dicalcio 2018年1月8日
  14. ^ Mondiali 1994: Brasile-Italia 0-0; 3-2 d.c.r-strie dicalcio 2018年1月8日
  15. ^ a b c 元清水のマッサーロ、政治家に転身へ”. Qoly.jp (2016年5月12日). 2017年7月25日閲覧。
  16. ^ インテル相手にハットトリックのカリニッチ、ミランも狙っていた?”. Qoly.jp (2015年10月1日). 2017年7月25日閲覧。
  17. ^ お茶大使に元清水マッサーロ氏 静岡市が新設、依頼”. 静岡新聞 (2016年10月4日). 2017年7月25日閲覧。
  18. ^ Vip 'bocciati', 31 voti a Simona Tagli e 384 a Massaro”. Agi.it (2016年10月4日). 2017年7月25日閲覧。

外部リンク[編集]