マルコ・タルデッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マルコ・タルデッリ Football pictogram.svg
Marco Tardelli 1975.jpg
名前
愛称 スキッツォ
ラテン文字 Marco TARDELLI
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1954-09-24) 1954年9月24日(64歳)
出身地 カパンネ・ディ・カレッジネ
身長 178cm
選手情報
ポジション MF, DF
代表歴
1976-1985 イタリアの旗 イタリア [1] 81 (6)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルコ・タルデッリMarco Tardelli1954年9月24日 - )は、イタリアのカパンネ・ディ・カレッジネ出身の元同国代表サッカー選手サッカー指導者。選手時代のポジションはMF

略歴[編集]

豊富な運動量とボール奪取能力を武器とした1970年代後半から1980年代中期のイタリアを代表する選手の一人。当初はサイドバックとしてプレーしていたが、後に運動量を買われて中盤でプレーする様になった。

1976年4月のポルトガル戦にて代表初出場。以降、3度のFIFAワールドカップ1978年1982年1986年)に出場。1982年のワールドカップ・スペイン大会では同国を3度目の世界制覇に貢献した。

またスペイン大会決勝の西ドイツ戦では自ら決勝ゴールを決めて優勝に導いているが、両手を握り締めながら雄叫びを上げ、一心不乱に何度もガッツポーズをする姿は非常に印象的であった(「タルデッリの雄叫び」と称される)。

クラブではユヴェントスで選手キャリアの大半を過ごし数多くのタイトルを獲得。また1984-85シーズンにはミシェル・プラティニらと共にUEFAチャンピオンズカップ初優勝に貢献した。

引退後は指導者の道へ進みイタリア国内のクラブやU-21イタリア代表の監督などを歴任している。

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]