マルコ・ジャンパオロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルコ・ジャンパオロ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Marco Giampaolo
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1967-08-02) 1967年8月2日(50歳)
出身地 スイスの旗 スイス ベッリンツォーナ
選手情報
ポジション MF
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986-1990 イタリアの旗 ジュリアノーヴァ英語版 109 (0)
1990-1992 イタリアの旗 グッビオ 43 (0)
1992-1993 イタリアの旗 リカータ英語版 34 (1)
1993-1995 イタリアの旗 シラクーザ英語版 49 (2)
1995-1996 イタリアの旗 アンドリア 36 (1)
1996-1997 イタリアの旗 グアルド英語版 18 (0)
1986-1997 通算 289 (4)
監督歴
2000-2001 イタリアの旗 ペスカーラ (アシスタント)
2001-2002 イタリアの旗 ジュリアノーヴァ (アシスタント)
2002-2004 イタリアの旗 トレヴィーゾ (アシスタント)
2004-2005 イタリアの旗 アスコリ
2005-2006 イタリアの旗 アスコリ (アシスタント)
2006-2007 イタリアの旗 カリアリ
2008-2009 イタリアの旗 シエナ
2010-2011 イタリアの旗 カターニア
2011 イタリアの旗 チェゼーナ
2013 イタリアの旗 ブレシア
2014-2015 イタリアの旗 クレモネーゼ
2015-2016 イタリアの旗 エンポリ
2016- イタリアの旗 サンプドリア
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルコ・ジャンパオロMarco Giampaolo1967年8月2日- )は、スイスベッリンツォーナ出身のイタリアサッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはMF

人物[編集]

スイスベッリンツォーナ生まれたがイタリアジュリアノーヴァで育った。セリエCジュリアノーヴァ・カルチョASグッビオ1910リカータ・カルチョUSシラクーザでプレイした後、1995年にASアンドリアBATセリエBデビュー、1997年にグアルド・カルチョで怪我もあり現役を引退した。

引退後ペスカーラ・カルチョのスカウトとなった後、2000年にはアシスタントコーチに就任した。2001年にセリエC1のジュリアノーヴァ・カルチョのアシスタントコーチとなりチームはプレーオフにも出場したがチームフロントとの関係が悪化したため2002年4月に退団、セリエC1トレヴィーゾFCのアシスタントコーチとなった。2002-03シーズン、チームはセリエBに昇格し翌シーズンもセリエBに残留した。

2004年、彼はアスコリ・カルチョに移りセリエB6位の成績を残した。この時点でも彼はアシスタントコーチであったがこれはコーチライセンスをこの時点で彼が取得していなかったためでありヘッドコーチに代わり実質的には彼が指揮を執っていた。昇格プレーオフでトリノFCに敗退するも、八百長疑惑で優勝したジェノアCFCがセリエC1降格処分になったこと、2位であったトリノFCが経営破綻し、昇格が取り消されたこともあり、セリエAに昇格。財政基盤が弱く、戦力も貧弱だったことから圧倒的な降格候補に挙げられたが、年間通して安定した成績を残し、降格を回避したことで名声を上げた。2006年からはカリアリ・カルチョで監督を務めるも、後述の確執で2度解任された。

その後、2008年からはACシエナの監督に就任し、2008-09シーズンは見事に残留を果たしたが、2009-10シーズンは開幕から低迷し続け2009年11月に解任(その後、シエナはセリエBに降格となった)。2010年にはカルチョ・カターニアの監督に就任。しかし、2011年1月18日にまたしても成績不振により解任された。2011年6月4日ACチェゼーナの監督に就任。しかし、チームは開幕から低迷し10月30日に三度途中解任となった。

2015年6月15日、エンポリFCの監督に就任した。契約は1年間[1]

2016年7月4日、UCサンプドリアの監督に就任した。

カリアリ会長との確執[編集]

カリアリ・カルチョの監督在任中、2シーズンでジャンパオロは2度解任の憂き目にあっている。 元々、監督を頻繁に解任することで有名な、カリアリ・カルチョの会長のマッシモ・チェッリーノ英語版との確執が原因で、1度目は2006-07シーズン途中、「ジャンパオロは人間的に信用できない。」という理由で解任されたものの、後任のフランコ・コロンバが結果を出せず、降格の危機が迫ったため復帰。残留に成功したため翌シーズンも指揮を執った。しかし、2007年11月、ジャンパオロの選手起用が気に食わないという理由で解任。これに怒ったジャンパオロは2008年1月、後任のネド・ソネッティが解任された際、復帰の要請を受けたもののこれを拒否。その際、ジャンパオロは「私は、給料よりも自分の尊厳を選ぶ。」と発言し、カリアリのチェッリーノ会長の監督に対する敬意の欠如を痛烈に批判した。

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ UFFICIALE: Empoli, Giampaolo il nuovo tecnico. Contratto annuale”. TuttoMercatoWeb.com (2015年6月15日). 2015年11月5日閲覧。