クリスティアン・ブロッキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クリスティアン・ブロッキ Football pictogram.svg
Christian Brocchi.jpg
フィオレンティーナ時代(2006年)
名前
ラテン文字 Cristian Brocchi
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1976-01-30) 1976年1月30日(42歳)
出身地 ミラノ
身長 171cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MF (CMF)
利き足 右足
ユース
1994-1995 イタリアの旗 ミラン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1998 イタリアの旗 ミラン 0 (0)
1995-1997 イタリアの旗 プロ・セスト (loan) 57 (3)
1997-1998 イタリアの旗 ルメッツァーネ (loan) 30 (4)
1998-2000 イタリアの旗 ヴェローナ 59 (8)
2000-2001 イタリアの旗 インテル 15 (1)
2001-2008 イタリアの旗 ミラン 99 (4)
2005-2006 イタリアの旗 フィオレンティーナ (loan) 35 (3)
2008-2013 イタリアの旗 ラツィオ 111 (2)
1994-2013 通算 406 (24)
代表歴
2006 イタリアの旗 イタリア 1 (0)
監督歴
2013-2014 イタリアの旗 ミラン U-17
2014-2016 イタリアの旗 ミラン(プリマヴェーラ)
2016 イタリアの旗 ミラン
2016-2017 イタリアの旗 ブレシア
2017-2018 中華人民共和国の旗 江蘇蘇寧(アシスタント)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年9月27日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クリスティアン・ブロッキCristian Brocchi, 1976年1月30日 - )は、イタリアミラノ出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはMF

経歴[編集]

地元のACミランユースにおいてキャリアをスタート。レンタル移籍を経て1998年には当時セリエBエラス・ヴェローナFCへと売却される。そのシーズンにクラブは昇格し、セリエAの舞台で1年間戦った。その活躍をインテルナツィオナーレ・ミラノに認められ移籍。翌シーズンには古巣のミランへと戻ることになった。

しかし、中盤のタレントが豊富なミランではなかなか出場機会が得られずサブとしての日々を過ごす。2005年には完全移籍も見据えてACFフィオレンティーナへレンタルされるが、カルチョ・スキャンダルの影響もあって移籍市場で大きな動きを起こせないミランへと復帰することになった。復帰1年目となる2006-07シーズンはミランにおいてのキャリア最高となる29試合に出場。翌2007-08シーズンにはエメルソンの加入もあったが、中盤の重要なオプションとして24試合に出場している。

2008年8月、出場機会を求めてSSラツィオに移籍した[1]

2013年5月11日、度重なる怪我を理由に現役引退を表明した[2]

代表歴[編集]

2006年11月15日の対トルコ戦でイタリア代表デビュー。代表での出場はその1試合にとどまっている。

指導歴[編集]

2014年6月、フィリッポ・インザーギがミランのトップチームの指揮官に昇格したことに伴い、同クラブ・プリマヴェーラの監督に就任した[3]

2016年4月12日、シニシャ・ミハイロヴィッチ監督の解任に伴い、シーズン途中でミランの監督に就任した[4]

ヴィンチェンツォ・モンテッラがミランの新指揮官に招聘されると、2016年7月10日にブレシア・カルチョの監督に就任した[5]

2017年6月よりファビオ・カペッロが率いることとなった江蘇蘇寧足球倶楽部のアシスタントコーチとしてジャンルカ・ザンブロッタらと共に入閣[6]。翌年3月にカペッロが辞任することに伴い自身も退団した[7]

人物[編集]

ACミランのチームメイトであるクリスティアン・アッビアーティとともにミラノでカフェを経営している。また、親友であるクリスティアン・ヴィエリと「Baci & Abbracci」という洋服のブランドを立ち上げている。現在このブランドはイタリアでポピュラーなものとなっている。

タイトル[編集]

ヴェローナ
ミラン
ラツィオ
  • コッパ・イタリア : 2008-09, 2012-13
  • スーペルコッパ・イタリアーナ : 2009

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]