ヴィンチェンツォ・モンテッラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィンチェンツォ・モンテッラ Football pictogram.svg
Vincenzo Montella 2015.jpg
フィオレンティーナ監督時代(2015年)
名前
愛称 小型飛行機、トップガン
ラテン文字 Vincenzo MONTELLA
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1974-06-18) 1974年6月18日(45歳)
出身地 ポミリアーノ・ダルコ
身長 172cm
体重 68kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1995 イタリアの旗 エンポリ 51 (26)
1995-1996 イタリアの旗 ジェノア 34 (21)
1996-1999 イタリアの旗 サンプドリア 83 (54)
1999-2009 イタリアの旗 ローマ 192 (84)
2007 イングランドの旗 フラム (loan) 10 (2)
2007-2008 イタリアの旗 サンプドリア (loan) 13 (4)
通算 383 (191)
代表歴
1999-2005 イタリアの旗 イタリア 20 (5)
監督歴
2011 イタリアの旗 ASローマ (暫定)
2011-2012 イタリアの旗 カターニア
2012-2015 イタリアの旗 フィオレンティーナ
2015-2016 イタリアの旗 サンプドリア
2016-2017 イタリアの旗 ACミラン
2017-2018 スペインの旗 セビージャ
2019 イタリアの旗 フィオレンティーナ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヴィンチェンツォ・モンテッラ(Vincenzo Montella, 1974年6月18日 - )は、イタリアカンパニア州ポミリアーノ・ダルコ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。元イタリア代表。ポジションはフォワード

経歴[編集]

選手[編集]

1990年、当時セリエC1のエンポリFCでデビュー。ジェノアCFCを経て1996年にUCサンプドリアへ移籍。ロベルト・マンチーニフアン・セバスティアン・ベロンらとともに攻撃陣の一角を担い、セリエA初年度でありながら22得点を記録。1999年にASローマへ移籍。控えに回ることも多かったが、高い決定力でスーパーサブとして活躍し2000-01シーズンにはローマの18年ぶりのスクデット獲得に貢献。2004-05シーズンは好調で得点王こそ逃したもののリーグ3位の21得点を挙げた。2006-07シーズン途中にプレミアリーグのフラムFCに移籍し自身初の海外でのプレーを経験した後、サンプドリア、ローマと古巣を渡り歩いた。

2009年7月2日、現役引退。

イタリア代表ではUEFA欧州選手権20002002年FIFAワールドカップに出場するも、厚いFW陣の中にあって活躍の機会は少なかった。

指導者[編集]

ASローマ暫定監督時代(2010年)
ACミラン監督時代(2016年)

引退後、ローマの下部組織の監督に就任した。

2011年2月21日、トップチームのクラウディオ・ラニエリ監督が成績不振で解任され、その後任監督に就任した。就任時から順位を2つ上げて6位で2010-11シーズンを終え、シーズン終了後に契約満了で退任した。

2011年6月9日カルチョ・カターニア監督に就任した[1]。カターニアを11位で残留に導いた。

その実績が認められ、古巣ローマから監督就任の打診があったものの、2012年6月11日ACFフィオレンティーナ監督に就任。多くの新加入選手を迎えてのシーズンとなったが、中位に低迷していたクラブをスペイン流の攻撃的サッカーで躍進させ、3年連続で4位に導き、UEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得した。その活躍から、アントニオ・コンテらとともにイタリアを担う次世代の名将候補として注目を浴びている。

2015年6月8日、フロントとの関係悪化によりフィオレンティーナの監督を解任された[2]

2016年6月29日、ACミランの新監督に就任し、同年イタリア・スーパーカップで優勝を果たし、UEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得した。2017-18シーズンは、チームが大型補強を行ったものの、第14節終了時点で7位と低迷し、2017年11月27日に監督を解任された[3][4]

2017年12月28日セビージャFCの監督に就任[5]

2018年4月28日、国王杯では決勝進出、チャンピオンズリーグではベスト8と結果を残したものの、リーガでの成績低迷を受けセビージャFCの監督を解任された[6]

2019年4月10日、ACFフィオレンティーナの監督に4年ぶりに復帰した[7]。しかし、第17節終了時点で14位と低迷し、12月21日に解任された[8]

人物[編集]

得点を挙げることに対して貪欲であるだけでなくテクニックも高い。ローマで共にプレーした中田英寿が「ローマで一番テクニックのある選手」と評したこともある。元日本代表大黒将志もプレースタイルを参考にしていると語っている。[要出典] 得点を決めた後に両手を広げてピッチを駆け回る「飛行機」のパフォーマンスで知られ「アエロプラニーノ(小型飛行機)」の愛称を持つ。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
1990-91 エンポリ セリエC1 1 0
1991-92 7 4
1992-93 13 5
1993-94 0 0
1994-95 セリエB 30 17
1995-96 ジェノア 34 21
1996-97 サンプドリア 9 セリエA 28 22
1997-98 33 20
1998-99 22 12
1999-00 ローマ 31 18
2000-01 28 13
2001-02 19 13
2002-03 29 9
2003-04 11 5
2004-05 37 21
2005-06 13 1
2006-07 12 3
イングランド リーグ戦 FLカップFAカップ 期間通算
2006-07 フルハム 11 プレミアリーグ 10 2
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
2007-08 サンプドリア 9 セリエA 13 4
2008-09 ローマ 23 12 0
通算 イタリア セリエA 373 188
イングランド プレミアリーグ 10 2
総通算 383 190

試合数[編集]

国際Aマッチ 20試合 3得点(1999年-2005年)


イタリア代表国際Aマッチ
出場得点
1999 2 0
2000 5 0
2001 4 1
2002 7 2
2003 - -
2004 1 0
2005 1 0
通算 20 3

監督成績[編集]

2019年12月20日現在
クラブ 就任 退任 記録
勝率
ローマ (暫定) 2011年2月21日 2011年6月1日 16 7 4 5 22 21 +1 043.75
カターニア 2011年6月9日 2012年6月5日 40 12 15 13 51 56 −5 030.00
フィオレンティーナ 2011年6月11日 2015年6月8日 153 81 32 40 258 167 +91 052.94
サンプドリア 2015年11月15日 2016年6月28日 27 6 6 15 29 46 −17 022.22
ミラン 2016年6月28日 2017年11月27日 64 32 14 18 103 71 +32 050.00
セビージャ 2017年12月28日 2018年4月28日 28 11 7 10 37 44 −7 039.29
フィオレンティーナ 2019年4月10日 2019年12月21日 27 6 7 14 28 37 −9 022.22
合計 355 155 85 115 528 442 +86 43.66

タイトル[編集]

選手[編集]

ASローマ

監督[編集]

ACミラン

脚注[編集]

  1. ^ カターニアの新監督にモンテッラ氏UEFA.com、2011年6月9日
  2. ^ フィオレンティーナが監督交代を決断、モンテッラを解任Goal、2015年6月9日
  3. ^ COMUNICATO UFFICIALE: VINCENZO MONTELLA”. acmilan (2017年11月27日). 2019年5月31日閲覧。
  4. ^ 不振ミラン、モンテッラ監督を解任。後任は下部組織率いるガットゥーゾに”. www.footballchannel.jp. 2019年5月31日閲覧。
  5. ^ VINCENZO MONTELLA: EL GOLEADOR QUE DESPUNTA EN LOS BANQUILLOS DEL CALCIO”. www.sevillafc.es. 2019年5月31日閲覧。
  6. ^ SEVILLA FC DISMISS VINCENZO MONTELLA”. www.sevillafc.es (2018年4月28日). 2019年5月31日閲覧。
  7. ^ Montella appointed as Fiorentina coach” (イタリア語). en.violachannel.tv. 2019年6月1日閲覧。
  8. ^ VINCENZO MONTELLA NON È PIÙ L’ALLENATORE DELLA FIORENTINA” (イタリア語). ACF Fiorentina (2019年12月21日). 2019年12月21日閲覧。