サッカーウェールズ代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サッカーウェールズ代表
国または地域 ウェールズの旗 ウェールズ
協会 ウェールズサッカー協会
愛称 ザ・ドラゴンズ
監督 クリス・コールマン
最多出場選手 ネヴィル・サウスオール(92試合)
最多得点選手 イアン・ラッシュ(28得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1876年3月26日スコットランド
0-4
最大差勝利試合 1888年3月3日アイルランド
11-0
最大差敗戦試合 1878年3月28日スコットランド
0-9
FIFAワールドカップ
出場回数 1回(初出場は1958
最高成績 ベスト8
UEFA欧州選手権
出場回数 1回
最高成績 ベスト4(2016)

サッカーウェールズ代表: Wales national football team)はウェールズサッカー協会(FAW)により編成されるウェールズサッカーの男子ナショナルチームである。女子については、サッカーウェールズ女子代表で取り上げる。

歴史[編集]

FIFAワールドカップでは唯一本大会に出場した1958年大会でグループステージ二位から8強入りしている。

UEFA欧州選手権は本大会が準決勝進出の4チームのみで行われていた時代の1976年大会で予選のグループステージを一位突破し、初のベスト8入りを果たした。

2016年大会では予選グループB二位でチーム史上初の本大会出場を果たすと、グループステージでスロバキアイングランドロシアと同じ組に入り、2勝1敗でグループ1位通過を果たす。決勝トーナメントでは1回戦で北アイルランドに1-0、準々決勝でベルギーに3-1と勝利し、初出場でベスト4まで進出した。準決勝ではポルトガルに敗れた。

FIFAワールドカップの成績[編集]

  • 1978 - 予選敗退
  • 1982 - 予選敗退
  • 1986 - 予選敗退
  • 1990 - 予選敗退
  • 1994 - 予選敗退
  • 1998 - 予選敗退
  • 2002 - 予選敗退
  • 2006 - 予選敗退
  • 2010 - 予選敗退
  • 2014 - 予選敗退


UEFA欧州選手権の成績[編集]


歴代監督[編集]

歴代選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

通算記録[編集]

試合[編集]

2016年7月6日現在

名前 キャップ数 期間
1 ネヴィル・サウスオール 92 1982-1997
2 ガリー・スピード 85 1990-2004
3 クレイグ・ベラミー 78 1998-2013
4 ディーン・ソーンダース 75 1986-2001
5 ピーター・ニコラス 73 1979-1991
イアン・ラッシュ 73 1980-1996
クリス・ガンター 73 2007-
8 マーク・ヒューズ 72 1984–1999
ジョーイ・ジョーンズ 72 1975–1986
10 アイヴァー・オールチャーチ 68 1950–1966

得点[編集]

2016年7月6日現在

名前 得点数 期間
1 イアン・ラッシュ 28 1980-1996
2 トレヴァー・フォード 23 1942-1957
アイヴァー・オールチャーチ 23 1951-1966
4 ディーン・ソーンダース 22 1986-2001
ガレス・ベイル 22 2006–
6 クレイグ・ベラミー 19 1998-2013
7 クリフ・ジョーンズ 16 1954-1970
マーク・ヒューズ 16 1984-1999
ロバート・アーンショウ 16 2002–2012
10 ジョン・チャールズ 15 1950–1965

紋章[編集]

ウェールズ代表チームの紋章は、ウェールズ国旗と同じ赤い竜が中心にある。ケルトの建国伝説にある邪悪な黒い竜を退治し、ウェールズの大地を作った竜の図は1951年から使われているが、2011年に現代的な絵柄に変更されるとともに、顔も左向きから振り返るような右向きになった。これは新しい方向への挑戦を表す。竜の背景の白と囲む緑は13世紀にイングランドと戦った王の旗にちなむ。緑の線の中には黄色い花があるが、これはラッパ水仙で、守護聖人・聖デビッドと発音が似ているため使われた。11個の花はサッカープレイヤーの数を象徴する。下の文字GORAU-CHWARAE・CYD・CHWARAEは「チームプレーを第一とする」の意味[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ エンブレムの世界 ウェールズ代表『サッカーマガジン』2012年1月24日号、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌23884-1/24, 075頁。

外部リンク[編集]