アントニオ・アルバレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアルバレス第二姓(母方の)はヒラルデスです。
アントニオ・アルバレス Football pictogram.svg
名前
本名 アントニオ・アルバレス・ヒラルデス
ラテン文字 Antonio Álvarez Giráldez
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1955-04-10) 1955年4月10日(62歳)
出身地 マルチェナ
選手情報
ポジション DF(CB)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アントニオ・アルバレス・ヒラルデスAntonio Álvarez Giráldez, 1955年4月10日 - )は、スペインセビリア県マルチェナ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

経歴[編集]

現役時代はセンターバックで、セビージャFCのユースに入り、セビージャでキャリアの大半を過ごした。1988年に、CDマラガへ移籍。セグンダ・ディビシオンBグラナダCFで引退した。

引退後はホアキン・カパロスファンデ・ラモス両監督の下でアシスタントコーチを務め、経験を積んだ。2010年3月26日、解任されたマヌエル・ヒメネスに代わり暫定監督に就任。最終節のUDアルメリア戦に3-2で勝利し、UEFAチャンピオンズリーグ_2010-11出場権を獲得した。5月19日コパ・デル・レイ決勝でアトレティコ・マドリーを2-0で撃破しタイトルも獲得。これらの成果が評価され、1年間の契約延長を勝ち取った[1]

だが2010-11シーズンに入り緒戦の負けが重なった。CL出場権をSCブラガに敗北して失い、9月26日のリーガエスパニョーラ第5節、アウェーでのエルクレスCF戦の敗戦後、解任が発表された[2]

所属クラブ[編集]

指導者歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ uefa.com(2010-5-26) セビージャのアルバレス監督が続投へ(2010-5-28閲覧)
  2. ^ Goal.com(2010-9-27) セビージャがアルバレス解任、後任はマンサーノ(2010-9-28閲覧)