アルシデス・ギジャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルシデス・ギジャ Football pictogram.svg
名前
本名 アルシデス・エドガルド・ギジャ・ペレイラ
Alcides Edgardo Ghiggia Pereyra
カタカナ アルシデス・ギジャ
ラテン文字 ALCIDES GHIGGIA
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1926-12-22) 1926年12月22日
出身地 モンテビデオ
没年月日 (2015-07-16) 2015年7月16日(満88歳没)
身長 169cm
体重 62kg
選手情報
ポジション FW (RWG)
代表歴
1950-1952 ウルグアイの旗 ウルグアイ 12 (4)
1957-1959 イタリアの旗 イタリア 5 (1)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アルシデス・ギジャAlcides Ghiggia1926年12月22日 - 2015年7月16日[1])は、ウルグアイ出身のサッカー選手。ポジションはフォワード(右ウイング)。

経歴[編集]

1950年のブラジルW杯で事実上の決勝戦となった、第2次ラウンド最終戦のウルグアイブラジル戦にて、右ウイングのギジャは後半34分に決勝点となる2点目を挙げ、ウルグアイを2度目のワールドカップ優勝に導いた。ギジャがゴールを決めた瞬間、マラカナンに集まった20万人の大観衆は静まり返ったという(→マラカナンの悲劇参照)。同大会では出場した4試合すべてで1ゴールずつを挙げている。

大会後はイタリアのASローマに移籍し、イタリア代表としてプレイした。1968年に41歳で現役を引退した。

2013年12月6日ブラジルサルヴァドールで行われた2014年W杯組み合わせ抽選会には、86歳の高齢ながらドロワーとして参加した。

2015年7月16日、心不全のため88歳で死去。この日は、奇しくもマラカナンの悲劇からちょうど65年後であった[1]

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「マラカナンの悲劇」の英雄ギジャ氏が死去 奇しくも伝説の試合から65年後の日に GOAL 2015-7-17