ジュゼッペ・ジャンニーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジュゼッペ・ジャンニーニ Football pictogram.svg
Giuseppe Giannini 1983.jpg
名前
愛称 プリンチペ
ラテン文字 Giuseppe Giannini
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1964-08-20) 1964年8月20日(55歳)
出身地 ローマ
身長 177cm
体重 68kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
1978-1980 イタリアの旗 アルマス・ローマイタリア語版
1980-1984 イタリアの旗 ローマ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1981-1996 イタリアの旗 ローマ 318 (49)
1996-1997 オーストリアの旗 シュトゥルム・グラーツ 16 (2)
1997 イタリアの旗 ナポリ 4 (0)
1998-1999 イタリアの旗 レッチェ 47 (4)
通算 385 (55)
代表歴
1984-1986 イタリアの旗 イタリア U-21 16 (1)
1986-1991[1] イタリアの旗 イタリア 47 (6)
監督歴
2004-2005 イタリアの旗 フォッジャ
2005-2006 イタリアの旗 サンベネデッテーゼ英語版
2006-2007 ルーマニアの旗 アルジェシュ・ピテシュティ
2007-2008 イタリアの旗 マッセーゼ英語版
2008-2010 イタリアの旗 ガッリーポリ英語版
2010 イタリアの旗 ヴェローナ
2011 イタリアの旗 グロッセート
2013-2015 レバノンの旗 レバノン
2017 イタリアの旗 レーシング・フォンディ英語版
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジュゼッペ・ジャンニーニGiuseppe Giannini1964年8月20日 - )は、イタリアローマ出身(アフリカーナ地区生まれ)のサッカー選手、現サッカー指導者。元イタリア代表。現役時代のポジションはミッドフィールダー。ASローマの殿堂入りも果たしている。

中盤深めからのショートパス、ミドルパスを駆使し優雅なゲームメイクを得意としたが、機を見て前線に飛び出しシュートを狙う事も出来た。長髪に甘いマスクと優雅なプレーで「プリンチペ」の愛称で呼ばれれ、ローマニスタから人気を集めた[2]

略歴[編集]

15歳でASローマの下部組織に入団し、1982年1月31日のACチェゼーナ戦でセリエAデビューを果たした[2]。コッパイタリアを3度制覇するなど15年間に渡ってクラブの中心選手としてプレーした。1992-93シーズンのコパイタリア決勝第2戦ではハットトリックを決めている[2]

イタリアU-21代表時代の恩師、アゼリオ・ビチーニが監督に就任すると同時にイタリア代表に選出された。1986年12月の欧州選手権予選マルタ戦でデビューを飾った。ジャンルカ・ビアリフランコ・バレージらと共に主力選手として1988年の欧州選手権のベスト4に貢献し大会ベストイレブンにも選ばれた[3]、1990年のワールドカップ・イタリア大会ではグループリーグのアメリカ戦でゴールを奪うなど[2]、3位入賞に貢献した。

その後、選手生活の終盤にはローマを離れオーストリアのシュトルム・グラーツでプレー、再びイタリアへ戻りSSCナポリを経て1998-99シーズンにレッチェに在籍したのを最後に引退した。2000年5月17日にローマで行われた引退試合には往年のASローマのメンバーやスター選手が顔を揃え彼を祝福した。

イタリア代表の元エースフランチェスコ・トッティの憧れの選手であり、「プリンチペ」の愛称はトッティに継承されている。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ASローマ
SKシュトゥルム・グラーツ
  • オーストリア・カップ : 1回(1997)
  • オーストリア・スーパーカップ : 1回(1996)

個人[編集]

脚注[編集]