ルイジ・カーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ルイジ・カーニ(Luigi Cagni、 (1950-06-14) 1950年6月14日(67歳) - )はイタリアの元サッカー選手、サッカー指導者。

経歴[編集]

サッカー選手としてはセリエBを中心としてDFとしてプレー。SSサンベネテッテーゼ・カルチョ在籍時にはトトネロ・ビスに関与したとして四ヶ月の出場停止処分を科された。1988年に引退し、後指導者へ転進。

ピアチェンツァ・カルチョで主に監督としてのキャリアを積む。2005-06シーズン途中よりエンポリを指揮。2006-07シーズンにはクラブ初のUEFAカップ出場権獲得に成功。フランチェスコ・タヴァーノセルヒオ・ベルナルド・アルミロンセバスティアン・ジョビンコら優れた選手を育てる。2007-08シーズンは一転して苦戦し、途中解任を経て復任するが、チームは18位で降格となる。

2008-2009シーズンはセリエBに降格したパルマFCを指揮するが短期間で解任。

指導歴[編集]