スペツィア・カルチョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スペツィア・カルチョ
原語表記 Spezia Calcio s.r.l
愛称 Aquilotti (Eagles)
クラブカラー
創設年 1906年
所属リーグ セリエB
所属ディビジョン 2部
ホームタウン ラ・スペツィア
ホームスタジアム スタディオ・アルベルト・ピッコ
収容人数 10,336
代表者 イタリアの旗/ナイジェリアの旗 ガブリエレ・ヴォルピイタリア語版
イタリアの旗 ジョバンニグラッツィーニ
監督 イタリアの旗 ドメニコ・ディ・カルロ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

スペツィア・カルチョ1906Spezia Calcio 1906)は、イタリアリグーリア州ラ・スペツィアを本拠地とするサッカークラブ。2015-16シーズンはセリエBに所属している。

歴史[編集]

1906年創設。1929年のイタリアプロリーグ発足後は、主にセリエBを主戦場としていた。第二次世界大戦によるリーグ中断中にセリエA、セリエBのチームにより行われた、カンピオナート・アルタ・イタリア (Campionato Alta Italia) での優勝経験があるが、1951年のセリエC降格以降、長らくチームは低迷することになってしまう。

転機が訪れたのは、それから半世紀以上が過ぎた2004年のことである。2004-05シーズン、セリエC1のリーグ戦は7位だったもののコッパ・イタリア・セリエCを獲得。勢いは止まることなく、翌2005-06シーズンはセリエC1・ジローネAで優勝を成し遂げ、実に55年ぶりのセリエB昇格を決めた。また同年、セリエC1のグループリーグ優勝チーム同士が争う、スーペルコッパ・ディ・レガ・ディ・セリエC1において、ジローネB優勝のSSCナポリを破り(1-1の引き分けながらアウェーゴールルールでスペツィアの勝利)優勝を決めている。

しかし、2008年にチームは経営破綻。新たにASDスペツィア・カルチョ2008(Associazione Sportiva Dilettantistica Spezia Calcio 2008)として、セリエDから再スタートを切ったクラブは、1年でレガ・プロ・セコンダ・ディヴィジオーネ(旧セリエC2)に昇格し、現在のクラブ名に改称した。2011-12シーズン、レガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネ・ジローネBで優勝し、セリエBに復帰。同年はコッパ・イタリア・レガ・プロスーペルコッパ・ディ・レガ・ディ・プリマ・ディヴィジオーネも制した。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

  • 1995-96 セリエC1 15位 プレーオフ勝利でセリエC1残留
  • 1996-97 セリエC1 18位 降格
  • 1997-98 セリエC2 5位
  • 1998-99 セリエC2 5位
  • 1999-2000 セリエC2 優勝 昇格
  • 2000-01 セリエC1 5位
  • 2001-02 セリエC1 2位
  • 2002-03 セリエC1 6位
  • 2003-04 セリエC1 6位
  • 2004-05 セリエC1 7位
  • 2005-06 セリエC1 優勝 昇格
  • 2006-07 セリエB 19位
  • 2007-08 セリエB 21位 破産によりセリエD降格
  • 2008-09 セリエD・ジローネA 2位 昇格
  • 2009-10 レガ・プロ・セコンダ・ディヴィジオーネ・ジローネA 2位 昇格
  • 2010-11 レガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネ・ジローネA 6位
  • 2011-12 レガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネ・ジローネB 優勝 昇格
  • 2012-13 セリエB 13位
  • 2013-14 セリエB 8位
  • 2014-15 セリエB 5位
  • 2015-16 セリエB

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

外部リンク[編集]