ラトビアサッカー連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラトビアサッカー連盟
Football pictogram.svg
名称
ラトビア語表記Latvijas Futbola federācija
略称LFF
FIFAコードLVA
歴史
設立1921年
FIFA加盟1922年[1]
UEFA加盟1992年
組織
国または地域 ラトビア
本部リガ
会長ヴァディム・ラシェンコ
公式サイト

ラトビアサッカー連盟(ラトビアサッカーれんめい、Latvijas Futbola federācija, 略称: LFF)は、ラトビアにおけるサッカーの統括団体である。国内サッカー選手権(ヴィルスリーガおよび下位リーグ)、ラトビアカップ、サッカーラトビア代表を組織・運営する。リガに本部を置く。LFFは1922年にFIFAに加盟したが、その後ラトビアはソビエト連邦に併合されたため解散させられた。ラトビアが独立を回復後の1992年に改めてFIFAに加盟した。

歴代会長[編集]

  • Vladimirs Ļeskovs(1990年-1995年)
  • Modris Supe(1995年-1996年)
  • Guntis Indriksons(1996-2018)
  • Kaspars Gorkšs (2018-2019)
  • Vadims Ļašenko (2020 -

脚注[編集]

  1. ^ LFF公式サイトおよびUEFA公式サイトによれば1922年、FIFA公式サイトによれば1923年

外部リンク[編集]