スウェーデンサッカー協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スウェーデンサッカー協会
Football pictogram.svg
名称
スウェーデン語表記 Svenska Fotbollförbundet
略称 SvFF
FIFAコード SWE
歴史
設立 1904年
FIFA加盟 1904年
UEFA加盟 1954年
組織
国または地域  スウェーデン
本部 ソルナ
会長 ラーシュ・オーケ・ラグレル
Lars-Åke Lagrell
公式サイト

スウェーデンサッカー協会(Svenska Fotbollförbundet, SvFF)は、1904年12月18日に設立された、スウェーデンサッカー競技の運営と推進を目的とし、国際的な代表窓口としての役割を果たしている団体である。スウェーデン国内の特定のスポーツ競技団体としては最大規模である。スウェーデンサッカー協会はスウェーデン国立スポーツ協会(Sveriges Riksidrottsförbund, RF)、国際サッカー連盟(FIFA)、そして欧州サッカー連盟(UEFA)の会員である。1999年からは、ストックホルム郊外のソルナにあるスウェーデン国立スタジアムの、ロースンダ・スタディオンも所有している。

代表者は1991年に就任したラーシュ・オーケ・ラグレル(Lars-Åke Lagrell)で、事務局長はスーン・ヘルストレーメル(Sune Hellströmer)が務める。

2005年には、スウェーデンサッカー協会に所属するクラブは3000に達している。これを合わせるとおよそ100万人の関係者がおり、約50万人の現役選手が所属していることになる。つまりこのことから、スウェーデンのスポーツ競技全体の3分の1をサッカーが占めていることになる。

1995年以降、スウェーデンサッカー協会は毎年11月に、年間最優秀男子選手(ゴールデンボール賞:ギュルドボッレン:Guldbollen)と女子選手(ダイヤモンドボール賞:ディアマントボッレン:diamantbollen)の表彰を行っている。また、サッカー男子代表、サッカー女子代表、クラブチームのトップリーグであるアルスヴェンスカン、その下部リーグであるスーペルエッタンを主催している。

設立[編集]

最初のサッカースウェーデン代表1908年に選ばれた。

1896年には既にスウェーデン選手権大会があったにもかかわらず、スウェーデンにおけるサッカー協会の設立は1904年まで成されなかった。その頃、国立スポーツ協会がサッカーバンディ小委員会(sektionsstyrelse för fotboll och bandy)を設置した。これが後にスウェーデンサッカー協会に発展して行く。

1904年5月21日スウェーデンはスウェーデン球技協会(Svenska Bollspelsförbundet)を代表に送り、初期加盟7ヶ国のうちの1員として、パリにおいて国際サッカー連盟(FIFA)を結成した。1906年に「スウェーデンサッカー協会(Svenska Fotbollförbundet)」という名称を公式に採用した。

1908年6月12日には、スウェーデン代表は初の国際試合をイェーテボリノルウェー代表と行い、11-3で勝利した。

主なリーグ・大会[編集]

スウェーデンサッカー協会は下記のリーグや大会を主催している。さらに下部のリーグや大会については、各地区の協会が主催する。

男子[編集]

  • アルスヴェンスカン(Allsvenskan)
  • スーペルエッタン(Superettan)
  • ディヴィション1(Division1 2リーグ)
  • ディヴィション2(Division2 6リーグ)
  • ディヴィション3(Division3 12リーグ)
  • 育成リーグ(Folksam Utvecklingsserie 2リーグ) U21ユースのリーグ

女子[編集]

ユース[編集]

  • ユニオールアルスヴェンスカン(Juniorallsvenskan)
  • ポイクアルスヴェンスカン(Pojkallsvenskan)

カップ[編集]

  • スウェーデンカップ(Svenska cupen)男子
  • スウェーデンカップ(Svenska cupen)女子

関連項目[編集]

外部リンク[編集]