フランスサッカー連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランスサッカー連盟
Football pictogram.svg
名称
フランス語表記 Fédération française de football
略称 FFF
FIFAコード FRA
歴史
設立 1919年
FIFA加盟 1904年
UEFA加盟 1954年
組織
国または地域 フランスの旗 フランス
本部 パリ
会長 ノエル・ル・グラエ
公式サイト

フランスサッカー連盟:Fédération française de football、略称:FFF、:French Football Federation)はフランスサッカーを統括する団体。本部はパリ。プロリーグリーグ・アン(1部)・リーグ・ドゥ(2部)、フランス全国選手権(3部)、フランスカップなどを主催し、サッカーフランス代表サッカーフランス女子代表を組織している。

設立当初からFIFAUEFAに加盟している。

歴史[編集]

1894年、当時のフランスにおけるアマチュアスポーツ統括団体であったフランススポーツ・アスレティック連盟(Union des Sociétés Françaises de Sports Athlétiques USFSA)は最初のフランス選手権を開催した。選手権は当初はパリとその周辺のクラブのみで、ノックアウト方式で開催されたが、1896年には9チームによるリーグ戦となり、1899年以降には、パリリーグの勝者が他の地域・都市のリーグ勝者と対戦するという形式に拡大して開催されるようになった。

1900年、USFSAが編成したチームがパリオリンピックにフランス代表として出場した。1904年には、最初のフランス代表チームを組織し、ブリュッセルベルギー代表と対戦し3-3と引き分けた。同じ年、USFSAのサッカー部会幹事であったロベール・ゲランは欧州8カ国のサッカー団体代表とともにFIFAを創設し、初代会長に就任した。

しかし、USFSAはフランスサッカーを独占して統括できてはいなかった。USFSAはプロを排除してアマチュアスポーツを統括していたためである。1896年から1907年まで、プロ団体Fédération des Sociétés Athlétiques Professionnelles de France (FSAPF) は、独自にプロの大会を運営していた。1905年には、カトリック教会の支援を受けシャルル・シモンとアンリ・ドロネーが率いるFédération Gymnastique et Sportive des Patronages de France (FGSPF)がまた独自の大会を主催していた。さらに1906年、自転車競技団体Fédération Cycliste et Amateur de France (FCAF)(フランス自転車連盟の前身)もサッカー競技大会に参入してきた。1907年、FGSPFとFCAF、各地域の団体が結集しComité Français Interfédéral (CFI)を結成した。CFIはUSFSAのCoupe Nationalに対抗しTrophée de Franceと銘打った大会を主催した。

1907年、USFSAはFIFAの一国一協会の方針により、FIFAを脱退。FIFAにおけるフランスの代表権、またフランス代表を選抜編成する権利もCFIに移ることになった。1913年、USFSAのサッカー部会はCFIに加入し、CFIがフランスのサッカーを独占して統括する団体となった。

1919年、CFIは改組して現在のフランスサッカー連盟となった。

外部リンク[編集]