ロベール・ゲラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロベール・ゲラン
Robert Guérin


任期
1904年 – 1906年
前任者 (創設)
後任者 ダニエル・ウールフォール

出生 1876年6月28日
死亡 1952年(満75-76歳没)
国籍 フランスの旗 フランス

ロベール・ゲラン(Robert Guérin, 1876年6月28日 - 1952年)はフランス出身の人物で、1904年から1906年にかけて国際サッカー連盟(FIFA)の初代会長を務めた。

フランスのLe Matin紙でジャーナリストとして活動する一方、スポーツ統括団体USFSA(Union des Sociétés Françaises de Sports Athlétiques)のフットボール委員会幹事を務めた。また1904年から1906年の間、フランス代表監督でもあった。

会長に就任する前から、国際ルールの制定などに尽力していた。しかし任期の途中からは業務を部下に代行させることが多くなり、次期会長の決定等にも関与しなかったと言われる。会長退任後はスポーツの舞台から遠ざかった。