ジュール・リメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジュール・リメ
Jules Rimet
Jules Rimet in 1920.jpg
1920年のリメ
第3代 国際サッカー連盟会長
任期
1921年 – 1954年
前任者ダニエル・ウールフォール
後任者ルドルフ・ジルドライヤー
フランスサッカー連盟会長
任期
1919年 – 1945年
個人情報
生誕1873年10月14日
フランスの旗 フランスオート=ソーヌ県
死没 (1956-10-16) 1956年10月16日(83歳没)
フランスの旗 フランスシュレンヌ
国籍フランスの旗 フランス

ジュール・リメ(Jules Ernest Séraphin Valentin Rimet[1]1873年10月14日-1956年10月16日)は、フランス出身の、元フランスサッカー連盟(FFF)会長、元国際サッカー連盟(FIFA)会長。

第一次世界大戦中は、陸軍に従軍[2]

FIFA会長として1930年から始まったFIFAワールドカップの実現に尽力[3]。これを記念し、FIFAワールドカップトロフィーの最初のトロフィーは、彼の名前を冠してジュール・リメ・カップと呼ばれていた。

1956年にシュレンヌで死去。

脚注[編集]