シュレンヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Suresnes
Blason ville fr Suresnes (Hauts-de-Seine).svg
Suresnes mairie.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) オー=ド=セーヌ県
(arrondissement) ナンテール郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 92073
郵便番号 92150
市長任期 クリスティアン・デュピュイ
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération du Mont Valérien
人口動態
人口 44,738人
2007年
人口密度 11,804人/km²
住民の呼称 Suresnois
地理
座標 北緯48度52分 東経2度13分 / 北緯48.87度 東経2.22度 / 48.87; 2.22座標: 北緯48度52分 東経2度13分 / 北緯48.87度 東経2.22度 / 48.87; 2.22
標高 平均:? m
最低:26 m
最高:163m
面積 3.79km² (379ha)
Suresnesの位置
Suresnes
公式サイト ville-suresnes.fr
テンプレートを表示

シュレンヌSuresnes)は、フランスイル=ド=フランス地域圏オー=ド=セーヌ県の都市。

地理[編集]

セーヌ川左岸に位置する。北をピュトーナンテール、南をサン=クルー、西をリュエイユ=マルメゾン、東をパリ16区と接する。

歴史[編集]

モン=ヴァレリアン要塞

シュレンヌとはラテン語のSurisnæに由来する。

918年、シャルル単純王は、パリ伯ロベールとサン=ジェルマン=デ=プレ修道院に現在のシュレンヌの土地を割り当てた。

1844年、かつての修道院跡地にモン=ヴァレリアン要塞が建設された。

1914年に第一次世界大戦が勃発した時、シュレンヌは砲弾製造の中心となった。

アンリ・スリエが市長を務めていた1920年代、シュレンヌ田園都市が建設され、低価格住宅がつくられた。

第二次世界大戦中、モン=ヴァレリアン要塞はドイツ軍に占領され、1000人以上の囚人や捕虜が処刑された。現在、国家によってモン=ヴァレリアン要塞はフランス戦士記念物(fr)とされている。

交通[編集]

  • 鉄道 - トランジリアンL線、U線、シュレンヌ-モン=ヴァレリアン駅。トラムシュレンヌ-ロンシャン駅、ベルヴェデール駅。
  • ヴェリブ - ステーションが4箇所ある

出身者[編集]

姉妹都市[編集]