12区 (パリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パリ・12区の位置

パリ12区 (12く、12e arrondissement de Paris) は、フランス首都・パリ市を構成する20の行政区のひとつである [1]。第12区、パリ12区ともいう。市の南東部に位置しており、ヴァンセンヌの森を含む。セーヌ川の北岸に面している。

概要[編集]

パリの12区は、市の南東部にある行政区。「ルイイ区 (Arrondissement de Reuilly)」と呼ばれることもある [2]セーヌ川の北岸に面しており、ペリフェリック (パリ環状道路)外のヴァンセンヌの森を含む。20区のうちでは面積が最も大きい。人口は、136,591人 (1999年。人口の推移等詳細については後述)。

区の名称は、市の中央部から時計回り螺旋を描くようにして各区に付けられた番号を基にしており、当区はその12番目にあたることから、「12区」と名づけられた。オペラ・バスティーユリヨン駅 (ガール・ド・リヨン)のほか、セーヌ川に沿った地域には経済・財政・産業省パリ交通公団本社 (RATP)シネマテーク・フランセーズベルシー総合体育館ベルシー公園などがある。また、ヴァンセンヌの森には、パリ動物園パリ花公園ヴァンセンヌ競馬場ジャック・アンクティル自転車競技場などがある。

地理[編集]

パリ・12区の詳細地図

12区は、パリの南東部に位置している。セーヌ川の北岸に面しており [3]ペリフェリック (パリ環状道路)外に突出するヴァンセンヌの森を含む。面積は16.32 平方キロメートルで、20区のうちでは最も大きい。ヴァンセンヌの森を除くと、面積は6.38 平方キロメートルとなる。

北は、同じパリの行政区である11区に接し、北東の一部は20区に接している。南は、セーヌ川を挟んで5区13区に接している。5区に接しているのはオステルリッツ橋以西のわずかな距離で、以東は全て13区に接している。東は、ヴァンセンヌの森の突出部を除き、ペリフェリックに沿う形でパリ市の境界線が敷かれ、ヴァル=ド=マルヌ県サン=マンデシャラントン=ル=ポンの各自治体に接している。西は4区に接し、北西の角はバスティーユ広場となっている。

ヴァンセンヌの森は、ペリフェリックの東に向けて突出部を形成しており、西を除く全方向をヴァル=ド=マルヌ県の各自治体に囲まれている。北西はサン=マンデ、北はヴァンセンヌ、北東はフォントネー=スー=ボワ、東はノジャン=シュル=マルヌ、南東はジョワンヴィル=ル=ポン、南はサン=モーリス、南西はシャラントン=ル=ポンの各自治体に接している。

地形[編集]

地区(カルチェ)[編集]

12区のカルチエ

パリの行政区は、それぞれ4つの地区(カルチェ)に区分されている。12区を構成する4地区のコードと名称は、次のとおりである。

住民[編集]

人口[編集]

12区の人口は、1962年には161,574人となり、ピークに達した。その後は減少を続けたが、1990年の130,257人を底に再び増加に転じ、1999年にはピーク時の15パーセント減の136,591人となった。2005年の推計では138,300人と見積もられており、人口の増加が見込まれている。

また、人口の減少とともに人口密度も減少しており、1999年の人口密度(区の面積からヴァンセンヌの森を除いて算出)は、ピーク時の15パーセント減の21,419人となっている。人口の推移の詳細は、次のとおりである。

区人口 市人口 区人口/市人口 区人口密度 市人口密度 備考
1872年 87,678 1,851,792 4.73% 13,749 21,303
1954年 158,437 2,850,189 5.56% 24,845 32,788
1962年 161,574 2,790,091 5.79% 25,337 32,097 人口がピークに達する。
1968年 155,982 2,590,771 6.02% 24,460 29,804
1975年 140,900 2,299,830 6.13% 22,095 26,457
1982年 138,015 2,176,243 6.34% 21,643 25,035
1990年 130,257 2,152,423 6.05% 20,426 24,761
1999年 136,591 2,125,246 6.43% 21,419 24,449
2005年 138,300 2,166,200 6.38% 21,687 24,920 人口は推計。

歴史[編集]

1860年ティエールの城壁内のコミューンの全部または一部がパリに併合されたが、現在の12区付近では、ベルシー及びサン=マンデの各一部が併合された。このとき、これらの領域と旧行政区の8区の概ね半分(残り北半分は現在の11区となった。)を含む形で12区の区域の設定が行われた。

ヴァンセンヌの森は、1860年にナポレオン3世によってパリの土地となったが、公式に12区に併合されたのは、1929年4月18日デクレによってである。

政治・行政・司法[編集]

主な官公庁・公共機関[編集]

第12区役所

経済[編集]

主な企業[編集]

主な商店街[編集]

健康・福祉[編集]

保健・医療[編集]

生活[編集]

墓地等[編集]

学術・研究[編集]

研究施設[編集]

教育[編集]

その他[編集]

文化施設[編集]

美術館・博物館[編集]

動物園・水族館[編集]

映画館・劇場[編集]

体育施設[編集]

陸上競技場・体育館など[編集]

その他[編集]

宗教施設[編集]

教会・寺院[編集]

観光・憩い[編集]

自然[編集]

建築[編集]

公園・緑地等[編集]

名所・娯楽[編集]

旧跡・記念碑等[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

高速道路・有料道路[編集]

道路[編集]

橋梁[編集]

セーヌ川に架かる区内の橋は、次のとおりである(上流から順に列挙)。

広場・交差点[編集]

フェリックス=エブエ広場(旧ドーメニル広場)

パリの「広場 (プラス、Place)」は、しばしば2以上の道路が交差する場所に位置し、中心の「島」を道路が周回するロータリー状の交差点となっている場合が多い。中心の「島」部分は、オベリスク緑地等に利用されている場合もあり、凱旋門があるシャルル・ド・ゴール広場は世界的に有名である。12区の広場や交差点には、次のようなものがある。

港湾[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]


  1. ^ フランス語の 「12e 」 = 「douzième 」 は、英語の「twelfth 」 に相当する序数。「第12の」 「12番目の」を意味する。したがって、原語の「12e arrondissement 」を直訳すると「第12区」となる。
  2. ^ レジフランスLégifrance). “地方自治一般法典 (Code Général des Collectivités Territoriales (CGCT))” R2512-1条. 2008年6月26日閲覧.
  3. ^ セーヌ川の右岸にあたる。
  4. ^ JTBパブリッシング編 『ワールドガイド ヨーロッパ2・パリ』、JTBパブリッシング、2006年、p.147.

参考文献[編集]

  • MICHELIN編、『Plan Atlas 56 – Paris du Nord au Sud – 』、ISBN 978-2-06-710591-1、MICHELIN、2007年 (仏語。パリ市内の詳細地図。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]