ポントー=コンボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pontault-Combault
Blason ville fr Pontault-Combault (Seine-et-Marne).svg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) セーヌ=エ=マルヌ県
(arrondissement) トルシー郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 77373
郵便番号 77340
市長任期 モニク・ドゥルサール
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) Communauté d'agglomération de la Brie Francilienne
人口動態
人口 35,013人
2007年
人口密度 2 569人/km2
住民の呼称 Ponto-Combalusiens/Pontellois-Combalusiens
地理
座標 北緯48度48分05秒 東経2度36分27秒 / 北緯48.80136度 東経2.60752度 / 48.80136; 2.60752座標: 北緯48度48分05秒 東経2度36分27秒 / 北緯48.80136度 東経2.60752度 / 48.80136; 2.60752
標高 平均:m
最低:93m
最高:110m
面積 13.63km2 (1 363ha)
Pontault-Combaultの位置(フランス内)
Pontault-Combault
Pontault-Combault
公式サイト http://www.pontault-combault.fr/
テンプレートを表示

ポントー=コンボーPontault-Combault)は、フランスイル=ド=フランス地域圏セーヌ=エ=マルヌ県コミューン

地理[編集]

ポントー=コンボーはパリの東約20kmにある。マルヌ川の支流モルブラ川が流れる。ディズニーランド・パリとは17kmほど離れている。

由来[編集]

コンボーとは、ガリア語の谷または乾いた谷を意味するcumbaに由来する。ポントーは、1079年にはPontelzと呼ばれていた。これは橋を意味するponticelluから派生している。

歴史[編集]

1839年、ポントーとコンボーが合併してポントー=コンボーとなった。20世紀初頭、典型的なパリ東部の郊外コミューンとして成長が始まった。コンボー城の所有者ライトランジェは鉄道駅と向かい合う土地を開発業者に初めて売った人物だった。最初の取引で成功を収めた後、彼は再び土地を売った。戦間期に、ポントー=コンボーは徐々に都市的要素を得て新たな郊外コミューンとなった。しかしこれら郊外地区は本質的に『粗悪な土地区画』であった。交通網が整備されず、上下水道もなく、電気もなかったのである。全般的な公共サービスが整うまで1950年代まで待たねばならなかった。1960年代終わりより、低所得者用集合住宅が中心部に建てられた。

姉妹都市[編集]

交通[編集]

  • 鉄道 - RER E線エメランヴィル=ポントー=コンボー駅。
  • 道路 - A104、N4