サルトルーヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Sartrouville
Blason Sartrouville01.svg
Hotel de Ville de Sartrouville.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル・ド・フランス地域圏
(département) イヴリーヌ県
(arrondissement) サン=ジェルマン=アン=レー郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 78586
郵便番号 78500
市長任期 ピエール・フォンド
1995年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de la Boucle de la Seine
人口動態
人口 52,084人
2009年
人口密度 6 157人/km2
地理
座標 北緯48度56分14秒 東経2度09分52秒 / 北緯48.9372度 東経2.1644度 / 48.9372; 2.1644座標: 北緯48度56分14秒 東経2度09分52秒 / 北緯48.9372度 東経2.1644度 / 48.9372; 2.1644
標高 平均:m
最低:22 m
最高:62 m
面積 8.46km2
Sartrouvilleの位置(フランス内)
Sartrouville
Sartrouville
公式サイト www.sartrouville.fr
テンプレートを表示

サルトルーヴィルSartrouville)は、フランスイル=ド=フランス地域圏イヴリーヌ県コミューン

地理[編集]

セーヌ川沿いにあるサルトルーヴィルは、パリ・ポルト・マイヨから北西部約15km地点にある。

由来[編集]

サルトルーヴィルとは、ラテン語のSartoris villaに由来する。Sartorisとは、この地にヴィッラを開拓した者の名前である。これにより、サルトルーヴィルの地はかつて森に覆われ、後に切り開かれたことがわかる。

歴史[編集]

サン=マルタン教会とブドウ畑

サルトルーヴィルの歴史は、ガイウス・ユリウス・カエサルガリア征服直後にさかのぼる。ガロ=ローマ系の農夫たちが、セーヌ川の湾曲部に入植した。彼らは森を切り開いて耕地をつくり、ヴィッラ開拓者の名が地名Sartoris villaとなった。

サルトルーヴィルは長い間ワイン製造の土地であった。ガメ、ノワール、ゴワ、ムニエ、モリヨンといったブドウが栽培され、リュ・デ・モリヨン、リュ・ガメといった地名が残っている。

20世紀初頭にサルトルーヴィルのワインの伝統は途絶えた。鉄道の到来で地元産ワインがフランス南部のワインと競争しなければならなくなったこと、1902年のフィロキセラ流行でブドウ栽培が打撃を受けたことが理由である。現在、ほんの数種類がサン=マルタン教会近くで栽培されている。

交通[編集]

  • 道路 - D308、D121、N192
  • 鉄道 - RER A線サルトルーヴィル駅

姉妹都市[編集]

出身者[編集]