2区 (パリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パリ・2区の位置

パリ2区 (2く、2e arrondissement de Paris) は、フランス首都・パリ市を構成する20の行政区のひとつである [1]。第2区、パリ2区ともいう。市の中央部に位置しており、1区の北にある。

概要[編集]

Rue de la Paix et place Vendôme. リュ・ド・ラ・ペ(平和通り)とヴァンドーム広場
Rue Marsollier

パリの2区は、市の中央部にある行政区。「ブルス区 (Arrondissement de la Bourse)」と呼ばれることもある [2]。東西に細長い区域であり、20区の中では面積が最も小さい。1区の北に位置している。人口は19,585人 (1999年)で、20区の中では2番目に少ない(人口の推移等詳細については後述)。

区の名称は、市の中央部から時計回り螺旋を描くようにして各区に付けられた番号を基にしており、当区はその2番目にあたることから、「2区」と名づけられた。パリ証券取引所国立図書館旧館などがある。また、ギャルリ・ヴィヴィエンヌパサージュ・デュ・ケールなど多くのパサージュが現存している。

地理[編集]

パリ・2区の詳細地図

2区は、パリ中央部のやや北寄り、1区 の北境に接している。セーヌ川の北の地域にある。面積は0.99平方キロメートルで、20区のうちでは最も小さい。

北は、同じパリの行政区である9区に接し、北東の一部は10区に接している。南は、エティエンヌ・マルセル通りやプティ=シャン通りなどを境界として、1区に接している。2区の北の境界線は、リシュリュー・ドルゥオー駅付近で南西方向に折れ、1区との区界である南の境界線と合流している。東は、セバストポル大通りを境界として、3区に接している。

隣接する自治体(行政区)[編集]

地区(カルチェ)[編集]

パリ・2区のカルチエ詳細図

パリの行政区は、それぞれ4つの地区(カルチェ)に区分されている。2区を構成する4地区のコードと名称は、次のとおりである。

住民[編集]

人口[編集]

2区の人口は、パリが全20区になった直後の1861年には81,609人であったのが、約100年後の1962年には半分以下の40,864人となり、その後も減少を続けて1999年には19,585人となった。20区のうちで1区に次いで2番目に人口が少なく、1982年以降は、パリの人口のわずか1パーセント未満で推移している。2005年の推計では20,700人と見積もられており、人口の回復が見込まれている。

また、人口の減少とともに人口密度も減り続けており、1999年の人口密度は、1861年の4分の1以下の19,743人となっている。20区のうちでは5番目に人口密度が低く、パリの平均人口密度の0.8倍である。人口の推移の詳細は、次のとおりである。

区人口 市人口 区人口/市人口 区人口密度 市人口密度 備考
1861年 81,609 1,696,141 4.81% 82,267 19,512
1872年 73,578 1,851,792 3.97% 74,171 21,303
1936年 41,780 2,829,753 1.48% 42,117 32,553
1954年 43,857 2,850,189 1.54% 44,211 32,788
1962年 40,864 2,790,091 1.46% 41,194 32,097
1968年 35,357 2,590,771 1.36% 35,642 29,804
1975年 26,328 2,299,830 1.14% 26,540 26,457
1982年 21,203 2,176,243 0.97% 21,374 25,035
1990年 20,738 2,152,423 0.96% 20,905 24,761
1999年 19,585 2,125,246 0.92% 19,743 24,449
2005年 20,700 2,166,200 0.96% 20,867 24,920 人口は推計。

歴史[編集]

政治・行政・司法[編集]

主な官公庁・公共機関[編集]

経済[編集]

証券取引所[編集]

  • パリ証券取引所Bourse de Paris
    • 通称 ラ・ブルス (La Bourse)。現在の列柱様式建物はPalais Brongniart (パレ・ブロンニャール)と呼ばれ、証券市場に関する歴史的資料を展示した資料館等が入館している。

主な企業[編集]

  • フランス通信社Agence France-Presse
    • 通称「AFP通信」。ブルス広場 (Place de la Bourse)に所在する。

主な店舗・商業施設[編集]

主な商店街[編集]

宿泊施設[編集]

主な宿泊施設[編集]

教育[編集]

大学等[編集]

文化施設[編集]

美術館・博物館[編集]

映画館・劇場[編集]

その他[編集]

宗教施設[編集]

教会・寺院[編集]

観光・憩い[編集]

建築[編集]

  • ジャン無畏公の塔(トゥール・ジャン・サン・プール, Tour Jean sans Peur
  • クレディ・リヨネ旧本館(Siège central du Crédit lyonnais
    • 1876-1883年の間に建造されたオスマニアン建築 (fr)。通称はイタリア館ないしオテル・デ・イタリアン (Hôtel Des Italiens)。オペラ広場の東側至近、イタリアン大通り、キャトル=セプタンブル通り、グラモン通り、ショワズール通りに囲まれた地点、9区との境界上を走るイタリアン大通り沿い2区側に所在する。

公園・緑地等[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

ルイ14世建造、パリ最古の凱旋門サン=ドニ門とサン=ドニ通り (Rue Saint-Denis)
サン=タンヌ通り (Rue Sainte-Anne vue de la rue des Petits-Champs.)
パレ・ロワイヤル西側サントノレ通りと交差するアンドレ=マルロー広場界隈からみるオペラ大通り (L'avenue de l'Opéra)
ブルス広場と旧パリ証券取引所があったパレ・ブロンニャール (Place de la Bourse avec le palais Brongniart, au carrefour des rues du 4 septembre et Notre-Dame-des-Victoires.)

道路[編集]

  • イタリアン大通りBoulevard des Italiens
    • 下記カピュシーヌ大通り、サン=ドニ大通りを参照。
  • エティエンヌ=マルセル通りRue Étienne-Marcel
  • オペラ大通りAvenue de l'Opéra
    • 1区のパレ・ロワイヤル西側サントノレ通りと交差するアンドレ=マルロー広場界隈から、9区境界のガルニエ宮オペラ座)のあるオペラ広場まで数百メートル〜1キロも無い距離を走る。途中のアンタン通り(ダンタン通り)からマルシェ=サントノレ広場経由の道や、ピラミッド通りから行く道・・等が、サントノレ通りの8区ロワイヤル通り方向側への近道となる。ピエール・エルメその他、日本関係の店舗や企業が多く、界隈は"日本人街"。
  • サン=タンヌ通りRue Sainte-Anne
  • カトル=セプタンブル通り(キャトル=セプタンブル通り, Rue du Quatre-Septembre
    • 西側9区南西端にあるオペラ広場で下記ラ・ペ通りと接続し、オペラ広場から東側の2区内中央を東西に走り、区内中央パレ・ブロンニャールがあるラ・ブルス広場から下記レオミュール通りと名を変え2区東側の3区内へ伸びてゆく。
  • カピュシーヌ大通りBoulevard des Capucines
    • マドレーヌ大通りと共に、マドレーヌ寺院があるマドレーヌ広場とガルニエ宮(オペラ座)があるオペラ広場との300mほどを結ぶ通り。シャネル本店があるカンボン通りや下記カピュシーヌ"通り"との交差点から東側オペラ方向通り側がカピュシーヌ大通り、同交差点から西側マドレーヌ方向がマドレーヌ大通りと通り名が変わる。イタリアン大通りにかけた通り沿いには、ゴーモン・オペラ映画やエドゥアールⅦ劇場、オランピア劇場、シャンゼリゼ沿いフランクラン=ローズヴェルト大通りやローム通り、シャトレ駅界隈やモンパルナス駅前等パリ各所にあるステーキレストランないしブラッスリーのイポポタミュ (Hippopotamus)、コンビニ モノップ (monop')、カルティエラコステ、マージュ (Maje)、子供服のオカイディ(Okaïdi)・・のフランスブランドからトミー・ヒルフィガーZaraまである。
  • カピュシーヌ通りRue des Capucines
    • 1区北西側と2区南西側との境界線を走り、カンボン通りも接続する通り。同接続する交差点辺りで、マドレーヌ寺院とオペラ広場との200〜300mほどを結ぶマドレーヌ大通りないしカピュシーヌ"大通り"と交差する。1854年ルイ・ヴィトンが4番地に、1932年ニナ・リッチが20番地にそれぞれ最初のブティックを構えた。
  • サン=ドニ大通りBoulevard Saint-Denis
    • レピュブリック広場から西側へ伸びる東西に走る通り。サン=マルタン凱旋門を過ぎた辺りでサン=マルタン大通りからサン=ドニ大通りと名を変え2区北側と10区との境界線を走る。さらにサン=ドニ凱旋門を過ぎると下記ボンヌ=ヌーヴェル、ポワソニエール、モンマルトル大通りと名を変えオスマン大通りとイタリアン大通りとに分岐し、それぞれ9区南西部にあるガルニエ宮(オペラ座)南北周辺界隈まで続いてゆく。
  • サン=ドニ通りRue Saint-Denis
    • 1区、2区各東側を南北に走り、サン=ドニ凱旋門を介して10区からフォーブール=サン=ドニ通りに接続。10区内で左斜め上を走るマジャンタ大通りと交差し、パリ北駅東側を抜け、諸通りを介して北部郊外サン=ドニ大聖堂方面まで続く、庶民的ないし猥雑な通り。
  • セバストポル大通りBoulevard Sébastopol
    • 3区との境界線上を南北に伸びる。セーヌ川左岸(南岸)サン=ミッシェル大通りへは、シテ島のパレ大通りを経てセーヌ川を越えて接続する。1区・4区南側セーヌ川河岸シャトレ広場やサン=ジャック塔周辺のシャトレ駅があるリヴォリ通り界隈の繁華街から北側に伸び、西に上記サン=ドニ通り、東にサン=マルタン通りとに挟まれた形でそれぞれ南北に並走する。10区内からストラスブール大通りと名を変え、西にフォーブール=サン=ドニ通り、東にフォーブール=サン=マルタン通りと共に同区内を南北に並走し、パリ東駅南側正面界隈まで伸びてゆく。
  • プティ=シャン通りRue des Petits-Champs
    • 上記エディエンヌ=マルセル通りから西側、パレ・ロワイヤルとフランス国立図書館との間を走りオペラ大通りまで、1区との境界線上を東西に走る通り。
  • ポワソニエール大通りBoulevard Poissonnière
    • 上記サン=ドニ大通り参照。
  • ボンヌ=ヌーヴェル大通りBoulevard de Bonne-Nouvelle
    • 上記サン=ドニ大通り参照。時にオスマン大通りも含め、マドレーヌ、カピュシーヌ、イタリアン、モンマルトル、ポワソニエール、サン=ドニ、レピュブリック広場に接続するサン=マルタン大通り、レピュブリック広場から南へ走るタンプル、フィーユ=デュ=カルヴェール、ボーマルシェ大通りと共に、2区北側と9区南側との境界線上を走る"グラン・ブールヴァール (Les Grands Boulevards)" の一つ。
  • モンマルトル大通りBoulevard Montmartre
    • 上記、サン=ドニ大通り参照。ポワソニエール大通りから続き、イタリアン大通りとオスマン大通りとに分岐し、ガルニエ宮(オペラ座)南北周辺界隈までそれぞれ伸びる、2区・9区境界西側界隈を東西に走る通り。
  • モンマルトル通りRue Montmartre
  • ラ・ペ通り(平和通り, Rue de la Paix
    • 1区ヴァンドーム広場からガルニエ宮前オペラ広場までの南北に走る、高級ブランド店等が並ぶ200〜300mも無い通り。オペラ広場で上記キャトル=セプタンブル通りと接続する
  • ルーヴル通りRue du Louvre
  • レオミュール通りRue Réaumur
    • 2区・3区内中央を東西に走る通り。2区内中央部にあるラ・ブルス広場から西側で上記キャトル=セプタンブル通りと名を変えてオペラ広場まで伸び、上記ラ・ペ通りと接続する。通り東側3区内でブルターニュ通りと名を変え、マレ地区の北側を走る。

広場・交差点[編集]

パリの「広場 (プラス、Place)」は、しばしば2以上の道路が交差する場所に位置し、中心の「島」を道路が周回するロータリー状の交差点となっている場合が多い。中心の「島」部分は、オベリスク緑地等に利用されている場合もあり、凱旋門があるシャルル・ド・ゴール広場は世界的に有名である。2区の広場や交差点には、次のようなものがある。

著名な出身者[編集]

貴族・富豪[編集]

文化[編集]

著名な居住者[編集]

貴族・政治家・軍人[編集]

文化[編集]

その他[編集]

ゆかりの人物[編集]

文化[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フランス語の 「2e 」 = 「seconde 」 は、英語の「second 」 に相当する序数。「第2の」 「2番目の」を意味する。したがって、原語の「2e arrondissement 」を直訳すると「第2区」となる。
  2. ^ レジフランスLégifrance). “地方自治一般法典 (Code Général des Collectivités Territoriales (CGCT))” R2512-1条. 2008年6月26日閲覧.
  3. ^ 英:Egyptian Revival architecture歴史主義建築古代エジプト建築も参照。
  4. ^ 地球の歩き方編集室編 『地球の歩き方A07・パリ&近郊の町 2007〜2008年版』、ダイヤモンド社、2007年、p.209.
  5. ^ a b 福井憲彦稲葉宏爾 『世界歴史の旅 パリ 建築と都市』、山川出版社、2003年、p.128.
  6. ^ 地球の歩き方編集室編 『地球の歩き方A07・パリ&近郊の町 2007〜2008年版』、ダイヤモンド社、2007年、p.344.
  7. ^ トゥール・ジャン・サン・プール公式サイト (仏語) 2008年7月12日閲覧.
  8. ^ 地球の歩き方編集室編 『地球の歩き方A07・パリ&近郊の町 2007〜2008年版』、ダイヤモンド社、2007年、pp.216-217.

参考文献[編集]

  • MICHELIN編、『Plan Atlas 56 – Paris du Nord au Sud – 』、ISBN 978-2-06-710591-1、MICHELIN、2007年 (仏語。パリ市内の詳細地図。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]