ジャン1世 (ブルゴーニュ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
“無怖公”ジャン1世

ジャン1世(Jean Ier, 1371年5月28日 - 1419年9月10日)は、ヴァロワ=ブルゴーニュ家の第2代ブルゴーニュ(在位:1404年 - 1419年)。「無怖公」あるいは「無畏公」(sans peur)と呼ばれる。フィリップ2世(豪胆公)とフランドル女伯マルグリットの長男。

生涯[編集]

ブルゴーニュ公位継承前[編集]

ブルゴーニュ公爵夫妻の第1子、長男として生まれた。次弟アントワーヌブラバント公、末弟フィリップはヌヴェール伯およびルテル伯である。妹マルグリット下バイエルン=シュトラウビング公エノー伯ホラント伯ゼーラント伯ヴィルヘルム2世と結婚(後述)、2人の妹カトリーヌはオーストリア公レオポルト4世に、マリーはサヴォイア伯アメデオ8世(対立教皇フェリクス5世)にそれぞれ嫁いだ。

1385年に下バイエルン=シュトラウビング公・エノー伯・ホラント伯・ゼーラント伯アルブレヒト1世の娘マルグリット・ド・バヴィエールと結婚した(カンブレー二重結婚)。同時にマルグリットの弟ヴィルヘルムと無怖公の妹マルグリットも結婚、二重結婚を通してヴァロワ=ブルゴーニュ家は北方に進出する足掛かりを得た。1396年ハンガリージギスムント(後の神聖ローマ皇帝)による対オスマン帝国十字軍に参加し、ニコポリスの戦いの大敗により捕虜となったが、その勇猛さ(あるいは軽率な向こう見ずさ)から「無怖」とあだ名されるようになった。父が20万フローリンに上る莫大な身代金を払ったため釈放、帰国後は父の意向で長女マルグリットと長男フィリップ(後のフィリップ3世、善良公)をフランス王太子ルイと姉ミシェルと婚約させ、更なる二重結婚でフランス王家とも縁組を結んだが、無怖公本人はヌヴェールで統治のため在住しており宮廷とはあまり縁が無かった[1]

宮廷の支配権を争う[編集]

1404年に父の跡を継いでブルゴーニュ公となると、フランスで王妃イザボーと結んで政権を支配する従兄弟のオルレアン公ルイと本格的に対立し、1405年3月に母も亡くなりフランドル伯となりパリへ行くことを決めた。折しも6月にカレーを包囲したもののフランス政府が援助を断ったことを機に、8月に臣従礼を取ることを名目に軍勢を連れてアラスからパリへ向かい、イザボーとオルレアン公はムランへ逃亡、2人から王太子を奪い取った無怖公は10月にオルレアン公と和睦したが、結果としてパリでオルレアン公と並ぶ権力者にのし上がった。その際、オルレアン公と政府の腐敗政治を攻撃して政治改革を標榜し、パリ市民の支持を得て歓迎された。以後無怖公は、政府の攻撃と改革を旗印にパリ市民を味方につけ、合わせて軍を動かし圧力をかける手法を活用していくことになる[2]

1407年に巻き返しを図ったオルレアン公を暗殺、フランドルへ逃亡したが、政府が自分の勢力を恐れて本格的に追及して来ないことに気付いた無怖公は翌1408年2月末にパリへ戻り、3月の公開弁論でオルレアン公こそが反逆者で自分の行為は正当防衛だと自己弁護を押し通して国王シャルル6世からの赦免を勝ち取る。1409年にはオルレアン公の息子で公位を継いだシャルルと和睦、王太子の後見人に収まり政府の実権を握った[3]

その間、無怖公は1408年7月にネーデルラントへ遠征、義弟に当たるバイエルン公兼エノー伯ヴィルヘルム2世の弟であるリエージュ司教ヨハンとリエージュ市民が対立し市民の反乱が勃発、9月までに無怖公は反乱を鎮圧して10月にパリへ戻った。留守中のパリはイザボーらオルレアン派が反撃を考えていたが、ブルゴーニュ軍が来ると逼塞、1409年の和睦まで目立った動きは無かった[4]

しかし、無怖公の強引な権力掌握に納得いかないオルレアン公は復讐を誓い、舅であるアルマニャック伯ベルナール7世ベリー公ジャン1世などを頼り、1410年アルマニャック派を結成しブルゴーニュ派に対抗、翌1411年7月に武力衝突となり両派の対立が激化した。両派はパリの支配とシャルル6世・イザボー・王太子を奪い合ったが、イングランドの支援を取り付けた無怖公が同年10月にパリを奪いアルマニャック派を反逆者にするシャルル6世の命令も引き出して主導権を握った。

しかし1412年5月にイングランドとアルマニャック派の同盟が結ばれブルゴーニュ派は手を切られ、8月に一転してブルゴーニュ派とアルマニャック派が一時的に和睦したためイングランドが縁を切られた。1413年4月末にブルゴーニュ派の屠殺業者シモン・カボシュフランス語版(シモン・ル・クートリエ)とパリ大学ピエール・コーションががパリ市民を扇動して暴動(カボシュの反乱フランス語版)を起こすと、虐殺に反発した国王・王太子がアルマニャック派に救援を求め、8月にカボシュ・コーションらは追放、市民の統制に失敗した無怖公もフランドルへ退去した。この隙にパリを制圧したアルマニャック派がコンピエーニュソワソンなどブルゴーニュ派の都市を陥落させたが、イングランドと無怖公の結びつきを恐れブルゴーニュ派とアルマニャック派は1414年9月にアラスで再度和睦した。内乱の最中に両派は再びイングランドに接近したが、アラスの和睦でイングランド援助の必要が無くなったため交渉は消滅、埒が明かないと見たイングランド王ヘンリー5世1415年8月に内乱を好機と捉え百年戦争を再開・フランスへ侵攻して来た[5]

百年戦争での動向[編集]

アルマニャック派を中心とするフランス軍は10月25日アジャンクールの戦いで大敗し、フランスは一層混乱に陥った。無怖公はアルマニャック派へ援軍提供を申し込んだが拒否されたため軍を自領の防衛に止めたが、2人の弟アントワーヌとフィリップはアルマニャック派に加わりアジャンクールの戦いで戦死している。戦後に王太子とベリー公も死亡したが、アルマニャック伯がパリで政権を保っていたため無怖公はパリ奪回を窺った。新しい王太子にルイの弟ジャンが立てられ、無怖公の姪ジャクリーヌ・ド・エノーを妻にしていたことからジャンと接触を図ったが、1417年4月に早世したため振り出しに戻った。

イングランドはフランス侵略を進めながら無怖公へ接触するが、無怖公の動きは曖昧で分かり辛くなっていく。1416年10月に会見したヘンリー5世と無怖公が取り付けた秘密交渉で無怖公はヘンリー5世のフランス王位継承権を認め極秘援助も約束したが、シャルル6世に反抗せず表立って宮廷と敵対しない道を選んだからである。しかしアルマニャック派との対立は継続しパリの様子を眺めたが、1417年にアルマニャック派と対立してパリを退去したイザボーを11月に保護、トロワで彼女を擁立した政権を樹立した[6]

1418年にアルマニャック伯がパリの暴徒に暗殺され、ブルゴーニュ派の軍がパリへ入城、以降ブルゴーニュ派がパリと王を支配するようになった。しかし両派の対立によりイングランドに対し有効な手を打てず、ノルマンディーを征服される結果となった。このため1419年に、王太子シャルル(後のシャルル7世)と無怖公はイングランドに対して共闘すべく和解の交渉を行ったが、交渉の場で無怖公は12年前のオルレアン公ルイ暗殺に対する復讐として王太子の支持者により暗殺された。事件の詳しい内容は現在も分かっておらず、アルマニャック派の計画的な犯行だったのか、小競り合いから殺人へと至ったのか諸説ありはっきりしない。これにより、跡を継いだ長男のフィリップ3世はイングランドと公式に同盟を結んで王太子と敵対し、ヘンリー5世のイングランド・フランス二重王国へと道を開くことになる[7]

無怖公はフランスでの地盤確保は最終的に失敗したが、ネーデルラントでは着実に布石を打ち、1408年のリエージュ反乱鎮圧を機に介入を深め、甥でアントワーヌの遺児ジャン4世とジャクリーヌを結婚させエノー・ホラント・ゼーラント伯領の継承権を握った。死去直前の1419年2月に公位相続前のフィリップ3世がジャクリーヌと文書を交わし、将来はヴァロワ=ブルゴーニュ家が伯領を継ぐことを明文化した。リエージュもブルゴーニュの保護領となり、無怖公の下でネーデルラントの一体化と相続が進められていった[8]

子女[編集]

妻マルグリットとの間に1男7女計8人の子女をもうけた。

愛妾マルハレータ・ファン・ボルセレンとの間にギー、アントワーヌ、フィリポットの2男1女の庶子をもうけた。

愛妾アニェス・ド・クロイとの間に庶子ジャン・ド・ブルゴーニュ(1480年没、カンブレー司教)をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ 堀越、P63、清水、P60、P71 - P73、カルメット、P88、P95 - P99、城戸、P93、P97、Pn57。
  2. ^ 堀越、P66 - P70、清水、P73 - P75、カルメット、P117 - P125、城戸、P93 - P95。
  3. ^ 堀越、P70 - P76、清水、P78 - P86、カルメット、P125 - P139、P143 - P147、城戸、P93 - P98。
  4. ^ 堀越、P71、清水、P84 - P85、カルメット、P139 - P143。
  5. ^ 堀越、P76 - P88、清水、P86 - P94、カルメット、P147 - P167、城戸、P98 - P102、P106 - P120。
  6. ^ 堀越、P89 - P98、清水、P94 - P103、カルメット、P172 - P182、城戸、P121 - P125。
  7. ^ 堀越、P98 - P106、清水、P104 - P110、カルメット、P182 - P189、城戸、P125 - P129。
  8. ^ カルメット、P168 - P172、P190 - P192。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
フィリップ1世
ヌヴェール伯
1385年 - 1404年
次代:
フィリップ2世
先代:
フィリップ2世
ブルゴーニュ公
1404年 - 1419年
次代:
フィリップ3世
先代:
マルグリット3世
フランドル伯
ブルゴーニュ伯
1405年 - 1419年
次代:
フィリップ善良公