シテ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シテ島
Île de la Cité
Paris Ile-de-la-Cite Notre-Dame von Osten.jpg
シテ島(トゥルネル橋からの眺望)
座標 北緯48度51分17秒
東経2度20分45秒
座標: 北緯48度51分17秒 東経2度20分45秒
面積 0.225 km²
最高標高 48.854722 m
所属国・地域 フランスパリ
テンプレートを表示

シテ島(シテとう、 : Île de la Cité)は、サン=ルイ島と並ぶ、パリの中心部を流れるセーヌ川中州である。パリ市内で最も古い歴史をもつパリ1区及び4区に属し、“パリ発祥の地”とも称される。ユリウス・カエサルの『ガリア戦記』では、すでに紀元前1世紀パリシイ族 (Parisii) が住んでいたことが述べられている。

概要[編集]

シテ島にはノートルダム大聖堂とその向かいにパリ警視庁があり、その脇にオテル・デュー・ド・パリフランス語版がある。文字通り訳せば、「パリの神の館」になるが、パリ市民病院のこと。旅の病人を宿泊させ、病になれば看病した教会、巡礼教会からの発展の名残である。近代外科医学の開拓者で、床屋医者の出身でもある外科医アンブロワーズ・パレが勤務していた病院としてもその名が知られている。

また、この島はとても狭いので、ここの住民たちは夜も一定の時間を過ぎるとトイレは流さない等、互いに気配りしつつ一緒に住んでいくことの不便さを味わってきた。ここから「シテ島に住む者」を表す古仏語:citeain (現代仏語:シトワイヤン citoyen 、現代英語:シティズン citizen)の意味が転じ、「市民」という言葉が成立したという(仏語:cité は英語:city に相当する)。

中世以来からの狭く入り組んだ路地は、19世紀に入りセーヌ川左岸と共に貧民窟化していた。そうした狭く不衛生で入り組んだ空間は、2月革命に見るようなバリケード戦といった民衆騒乱の元となっていた事情も絡み、第二帝政の時代、「パリ改造」が実施されることとなった。手始めにシテ島を含むパリ中心部から"大改造"が行われ、下層民らは、パリの南部から主に北部や東部といった郊外[1]に排除された形で移り住むこととなった。

日の出直前のポンデザール(西側(セーヌ川下流)からのシテ島の眺め
ポンデザールからシテ島を臨む
シテ島のノートルダム大聖堂(セーヌ川上流からの眺め)

歴史ギャラリー[編集]

名所[編集]

以下の3つの中世建築物が、今もなおシテ島に残されている。

シテ島の交通[編集]

シテ島の位置(パリ内)
シテ島
シテ島
シテ島の位置(パリ市の地図)

[編集]

シテ島は、セーヌ川右岸(北側)とは4本、左岸(南側)とは5本、隣のサン=ルイ島とは1本の橋で接続されている。このうち最も古い橋が島の西端に架かるポンヌフ(“新しい橋”の意)で、シテ島に架かる橋として唯一、右岸から左岸へと渡る一本の橋となっている。

鉄道[編集]

44号線
シテ駅
BB線CC線
サン・ミッシェル=ノートルダム駅

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 現在のパリ18区19区20区からセーヌ=サン=ドニ県といったバンリューにかけて

外部リンク[編集]