サントノーレ通り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サントノレ通り
8区サントノレ通りのプラーク

サントノレ通りフランス語: rue Saint-Honoré)とは、フランスパリの市内中心部、セーヌ川右岸(北岸)1区にある通りである。一部8区に差し掛かる。中世の時代からパリ市内(パリ城壁内)中心部を東西に走る、歴史的な通りでもある。

概要[編集]

パリ1区東側から順に、フォーラム・デ・アル、 (若干サントノレ通りから離れて位置する)ヴィクトワール広場パレ・ロワイヤルルーヴル美術館テュイルリー庭園ヴァンドーム広場などに囲まれたセーヌ川右岸のパリ中心部を東西に走る。1区東側のアール通りフランス語版(レ・アール通り) から、コンコルド広場マドレーヌ寺院との間を繋ぐ8区内のロワイヤル通りフランス語版に差し掛かり、ロワイヤル通りを挟んで更に西側方面へ進むと、シャンゼリゼ大通りと並行してエリゼ宮殿前を走るフォーブール=サントノレ通りフランス語版[1]に続いていく。

通り界隈[編集]

フランス発の高級ブランドだけでも、このサントノーレ通り界隈一帯には、シャネルロンシャンモラビトゴヤールエルベシャプリエクロエ等が本店等を構える。ヴァンドーム広場付近にはカルティエブレゲブシュロンショーメヴァンクリーフ&アーペルメレリオ・ディ・メレーモーブッサン、またカール・ラガーフェルドが入るセレクトショップコレットfr)があり、ルーヴル美術館から北東側レアール地区方面にはヴィクトワール広場にケンゾー、同広場から南東側フォーラム・デ・アール界隈にはクリスチャン・ルブタンアニエス・ベー等が本店等を構える。

さらにロワイヤル通りを挟んでフォーブール=サントノレ通りに入ると、バカライヴ・サン=ローランドミニク・シロ[2]ランバンエルメスランコムレオ・マルシアーノ[3]ピエール・カルダンソニア・リキエルティエリー・ミュグレーモロー[4]モンクレール、パティスリーのダロワイヨラ・メゾン・デュ・ショコラ等が本店等を構える。さらに、このフォーブール側では、グッチプラダドルチェ&ガッバーナカルティエシャネルジバンシージョン・ロブラ・ペルラコム・デ・ギャルソンイッセイミヤケ・・など、お馴染みのブランドが幾つも界隈で店舗を構える。また、香水のウビガンもこのフォーブール=サントノレ通りが発祥。

このように、サントノーレ通りからフォーブール=サントノレ通りまで続く周辺界隈はフランスの世界的な高級ブティック等の本店が立ち並ぶ、世界屈指の高級ブランド街を形成している。また、サントノレ通りには子供服のミキハウスや、虎屋野田岩ヨウジヤマモトなど幾つかの日系企業ないし店舗も路面店を構えている。

パレ・ロワイヤル南側ファサード西隣のコレット広場。建物はコメディ・フランセーズ

主な施設・出来事[編集]

以下、番地順に記載。

画像をクリックして拡大

主な商業施設・店舗など[編集]

以下、通り東側レ・アル地区フォーラム・デ・アル界隈レ・アル通りとの起点から、接続する通り西側8区フォーブール=サントノレ通り方面へと、順々に記載。

画像をクリックして拡大

脚注[編集]

  1. ^ 同様に、パリ7区フォーブール=サンジェルマン、同12区のフォーブール=サンタントワーヌ…などに用いられる"フォーブール"とは、ラテン語で"外れ"、"城外"の意。
  2. ^ イヴ・サン=ローランの下で学び、ジバンシーのアシスタントを務め、当時の顧客にオードリー・ヘップバーン等がいた。1989-1996年の間はハナエ・モリのデザイナーを務めた。1998年には大丸と提携しプレタポルテを担当した。2000年以来、フォーブール=サントノレ通り14番地に本店がある。
  3. ^ 1970年代以降、フランスと日本の2カ国で人気があったブランドだった。健康上の理由により、1985年以降閉業状態にある。
  4. ^ 19世紀後半の1882年、サントノレ通り283番地発祥の婦人バッグなど革アイテムのファッションブランド。現在はフォーブール=サントノレ通り49番地に本店を構える。
  5. ^ Un restaurant historique Cáfe Ragueneau (フランス語)
  6. ^ 同サントノレ通り北側、マルシェ=サントノレ広場 (fr) 界隈のドミニコ会ジャコバン修道院に会派が置かれていた。また、フイヤン同様に会派の名称の由来となった。「Couvent des Dominicains (Paris)」も参照。
  7. ^ ショセ=ダンタン通りに邸宅があった。
  8. ^ パリの行政区」「パリ改造」も参照。
  9. ^ 現在のサントノレ通りとルーヴル宮殿の間、パレ・ロワイヤル向かいサントノレ通りと東西に並走するリヴォリ通り付近、南北に走るオペラ大通りの起点付近にあった。文字通り(フランス語の昔の数の数え方。キャンーズ・ヴァンは15×20=300)300床のベッドがあった。1779年、ルイ16世が現在の12区シャラントン通り界隈に移設した。
  10. ^ 2002年、音楽レーベルからスタートし、ファッションブランド、カフェなどを展開する日本人とフランス人によるコラボブランド。2008年、パレ・ロワイヤルに開店。2013年以降、東京南青山表参道交差点界隈や代官山にブティックやカフェがオープンしている(メゾン キツネ / MAISON KITSUNÉ”. VOGUE (2018年). 2018年7月12日閲覧。)。
  11. ^ パリにパコ・ラバンヌのブティックがオープン。東京では、小物のポップアップストアが! マダム・フィガロ.jp 2016年2月3日
  12. ^ ヴィクトワール広場やフォーラム・デ・アールがあるレ・アール地区、パリ1区ルーヴル通り25番地にもブティックがある。
  13. ^ 2005年度の『パリの最優秀ブラッスリー』として日本でもマスメディアを通じてよく喧伝されるブラッスリーないしレストラン。例えば「シェ・フロット(パリ一区) ブノワ(青山)」 (All About, 2013年) などの記事。
  14. ^ 「ヴァレンティノ」がメンズ旗艦店をパリにオープン”. WWD (2014年1月23日). 2018年6月9日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 北緯48度51分53秒 東経2度19分56秒 / 北緯48.86472度 東経2.33222度 / 48.86472; 2.33222