ルノードー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルノードー賞
Prix Renaudot
Theophraste Renaudot.jpg
テオフラスト・ルノードー (1586-1653)
受賞対象 小説
開催日 11月初旬
会場 レストラン「ドルーアンフランス語版」(パリ2区)
フランスの旗 フランス
報酬 なし
初回 1926年
最新回 2019年
最新受賞者 シルヴァン・テッソンフランス語版, La Panthère des neiges
公式サイト http://prixrenaudot.free.fr

ルノードー賞またはルノドー賞(Prix Renaudot)は、ゴンクール賞フェミナ賞メディシス賞アンテラリエ賞と並んで、フランスでの最も権威ある文学賞の一つである[1]

17世紀のジャーナリストテオフラスト・ルノードーフランス語版にちなんで、1926年文芸評論家・ジャーナリストらによって制定された。

概要[編集]

ルノードー賞の名前の由来となったテオフラスト・ルノードー (1586-1653) は、ジャーナリスト、医師、慈善事業家であり、ルイ13世治下の1631年リシュリューの支援を得てフランス最古の新聞の一つ『ラ・ガゼットフランス語版』を創刊したことで知られる(1915年終刊)[2]

ルノードー賞は、1925年のゴンクール賞(1903年創設)の発表を受けて、10人の文芸評論家・ジャーナリストらによって創設された(初回翌年)。彼らは、権威あるゴンクール賞の審査・選定の偏りを批判し、これを補正するためにもう一つの賞が必要であると考えたのである[3][4]

こうした経緯から、毎年11月初旬に、パリ2区にあるレストラン「ドルーアンフランス語版」で、ルノードー賞受賞者とゴンクール賞受賞者の発表が同時に行われる。両賞の受賞者が同じであった場合は、ルノードー賞受賞者もう一人選出する[3]

ゴンクール賞の賞金は10ユーロ、ルノードー賞は賞金はないが[3]、受賞作は平均22万部の売上増となる[4]

論争[編集]

受賞発表が行われるレストラン「ドルーアン」(パリ2区)

2007年に受賞をめぐる論争が起こった。候補に挙がっていなかったダニエル・ペナックの『学校の悲しみ』が受賞したからである。実際、『学校の悲しみ』が出版されたのは(11月初旬のルノードー賞受賞作発表の数週間前の)10月末であったが、もう一つ、『学校の悲しみ』は狭義の小説ではなく、自伝(または自伝的小説)である[5]という問題も指摘された[6]。候補に挙がっていたクリストフ・ドネールフランス語版は、審査委員長のフランツ=オリヴィエ・ジスベールフランス語版が、1995年にゴンクール賞を逃したことで、ドネール候補作『束の間の王』の出版社であるグラセ社に恨みを抱き、審査員を「操った」のだと批判した[6]。ジスベールは、「実際、候補に挙がっていない作品が選ばれたのはこれが初めてである」と認めたうえで、「(ドネールは)スケープゴートが必要なだけだ。実際、(当時の審査員の)ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオパトリック・ベッソンフランス語版のような偉大な作家を操れると思うのか」と抗議した。この結果、決定に変更はなく、ドネールはメディシス賞をはじめとし他の賞の候補にも挙がっていた『束の間の王』をすべて取り下げた[7]

審査員[編集]

2019年現在の審査員は、フレデリック・ベグベデフランス語版ジョルジュ=オリヴィエ・シャトーレノーフランス語版、パトリック・ベッソン、ドミニク・ボナジェローム・ガルサンフランス語版ルイ・ガルデルフランス語版クリスティアン・ジュディセリフランス語版、ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ、ジャン=ノエル・パンクラジフランス語版である[8]

ルノードー賞受賞作家・作品一覧[編集]

1926 アルマン・リュネル Nicolo-Peccavi ou l'Affaire Dreyfus à Carpentras
1927 ベルナール・ナボンヌフランス語版 Maïtena
1928 アンドレ・オベイフランス語版 Le Joueur de triangle
1929 マルセル・エイメ La Table-aux-crevés
1930 ジェルメーヌ・ボーモンフランス語版 Piège
1931 フィリップ・エリヤフランス語版 L'Innocent
1932 ルイ=フェルディナン・セリーヌ Voyage au bout de la nuit 『夜の果てへの旅』生田耕作訳、中央公論新社 (改版) 2003年。
1933 シャルル・ブレバンフランス語版 Le roi dort
1934 ルイ・フランシスフランス語版 Blanc
1935 フランソワ・ド・ルーフランス語版 Jours sans gloire
1936 ルイ・アラゴン Les Beaux Quartiers 『お屋敷町』(20世紀の文学 - 世界文学全集11)橋本一明訳、集英社、1967年。
1937 ジャン・ロジサールフランス語版 Mervale
1938 ピエール=ジャン・ローネフランス語版 Léonie la bienheureuse
1939 ジャン・マラケフランス語版 Les Javanais
1940 ジュール・ロワフランス語版 La Vallée heureuse 『幸福の谷間』金子博訳、新潮社、1955年。
1941 ポール・ムッセフランス語版 Quand le temps travaillait pour nous
1942 ロベール・ガイヤールフランス語版 Les Liens de chaîne
1943 アンドレ・スービランフランス語版 J'étais médecin avec les chars
1944 ロジェ・ペルフィットフランス語版 Les Amitiés particulières 『特別な友情』(未訳)。ジャン・ドラノワ監督映画『悲しみの天使』。
1945 アンリ・ボスコフランス語版 Le Mas Théotime
1946 ダヴィッド・ルーセフランス語版 L'Univers concentrationnaire
1947 ジャン・ケロールフランス語版 Je vivrai l'amour des autres 「他人の愛を生きん」上総英郎訳、主婦の友社『キリスト教文学の世界5』(1979年) 所収。
1948 ピエール・フィソンフランス語版 Voyage aux horizons
1949 ルイ・ギユーフランス語版 Le Jeu de patience
1950 ピエール・モレーヌフランス語版 Les Orgues de l'enfer
1951 ロベール・マルジュリフランス語版 Le Dieu nu 『ヴィナスを追うもの』望月芳郎訳、新潮社、1957年。
1952 ジャック・ペリーフランス語版 L'Amour de rien
1953 セリア・ベルタンフランス語版 La Dernière Innocence
1954 ジャン・ルヴェルジフランス語版 Le Passage
1955 ジョルジュ・ゴヴィフランス語版 Le Moissonneur d'épines
1956 アンドレ・ペランフランス語版 Le Père 『父』佐藤房吉、泉田武二共訳、東都書房、1957年。
1957 ミシェル・ビュトール La Modification 『心変わり』清水徹訳、岩波文庫、2005年。
1958 エドゥアール・グリッサン La Lézarde 『レザルド川』恒川邦夫訳、現代企画室、2003年。
1959 アルベール・パルフランス語版 L'Expérience
1960 アルフレッド・ケルンフランス語版 Le Bonheur fragile
1961 ロジェ・ボルディエフランス語版 Les Blés
1962 シモンヌ・ジャックマールフランス語版 Le Veilleur de nuit 『霧笛』佐藤房吉、泉田武二共訳、東都書房、1958年。
1963 ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ Le Procès-verbal 『調書』豊崎光一訳、新潮社、(新装版) 2008年。
1964 ジャン=ピエール・ファイユフランス語版 L'Écluse
1965 ジョルジュ・ペレック Les Choses 『物の時代 ― 小さなバイク』弓削三男訳、(新版) 文遊社、2013年.
1966 ジョゼ・カバニスフランス語版 La Bataille de Toulouse
1967 サルヴァ・エチャールフランス語版 Le Monde tel qu'il est
1968 ヤンボ・ウオロゲムフランス語版 Le Devoir de violence 『暴力の義務』岡谷公二訳、新潮社、1970年。
1969 マックス・オリヴィエ=ラカンフランス語版 Les Feux de la colère
1970 ジャン・フルスティエフランス語版 Isabelle ou l'Arrière-saison
1971 ピエール=ジャン・レミフランス語版 Le Sac du palais d'été
1972 クリストファー・フランクフランス語版 La Nuit américaine 『アメリカの夜』三輪秀彦訳、早川書房、1975年。
1973 シュザンヌ・プルーフランス語版 La Terrasse des Bernardini
1974 ジョルジュ・ボルジョーフランス語版 Le Voyage à l'étranger
1975 ジャン・ジュベールフランス語版 L'Homme de sable 『砂の男』村上香住訳、早川書房、1978年。
1976 ミシェル・アンリ L'Amour les yeux fermés
1977 アルフォンス・ブーダールフランス語版 Les Combattants du petit bonheur
1978 コンラド・デトレーズフランス語版 L'Herbe à brûler
1979 ジャン=マルク・ロベールフランス語版 Affaires étrangères 『奇妙な季節』平岡敦訳、東京創元社、1996年。
1980 ダニエル・サルナーヴフランス語版 Les Portes de Gubbio
1981 ミシェル・デル・カスティーヨフランス語版 La Nuit du décret
1982 ジョルジュ=オリヴィエ・シャトーレノーフランス語版 La Faculté des songes
1983 ジャン=マリー・ルアールフランス語版 Avant-Guerre
1984 アニー・エルノー La Place 『場所』堀茂樹訳、早川書房、1993年。
1985 ラファエル・ビエドゥーフランス語版 Mes nuits sont plus belles que vos jours 『私の夜はあなたの昼より美しい』高野優訳、早川書房、1990年。
アンジェイ・ズラウスキー監督映画『私の夜はあなたの昼より美しい』。
1986 クリスティアン・ジュディセリフランス語版 Station balnéaire
1987 ルネ=ジャン・クロフランス語版 L'Enfant halluciné
1988 ルネ・ドゥペストル Hadriana dans tous mes rêves
1989 フィリップ・ドゥマンクフランス語版 Les Comptoirs du Sud
1990 ジャン・コロンビエフランス語版 Les Frères Romance
1991 ダン・フランクフランス語版 La Séparation 『別れるということ』榊原晃三訳、中央公論社、1994年。
1992 フランソワ・ヴェイエルガンス La Démence du boxeur
1993 ニコラ・ブレアルフランス語版 Les Corps célestes
1994 ギヨーム・ル・トゥーズフランス語版 Comme ton père
1995 パトリック・ベッソンフランス語版 Les Braban
1996 ボリス・シュレベールフランス語版 Un silence d'environ une demi-heure
1997 パスカル・ブリュックネール Les Voleurs de beauté
1998 ドミニク・ボナ Le Manuscrit de Port-Ébène
1999 ダニエル・ピクリ L'Enfant léopard
2000 アマドゥ・クルマ Allah n'est pas obligé 『アラーの神にもいわれはない ― ある西アフリカ少年兵の物語』真島一郎人文書院、2003年。
2001 マルティーヌ・ル・コズフランス語版 Céleste
2002 ジェラール・ド・コルタンズフランス語版 Assam
2003 フィリップ・クローデル Les Âmes grises 『灰色の魂』高橋啓訳、みすず書房、2004年。
2004 イレーヌ・ネミロフスキー Suite française 『フランス組曲』野崎歓平岡敦共訳、白水社、2012年。
2005 ニナ・ブラウイフランス語版 Mes mauvaises pensées
2006 アラン・マバンクフランス語版 Mémoires de porc-épic
2007 ダニエル・ペナック Chagrin d'école 『学校の悲しみ』水林章訳、みすず書房、2010年。
2008 チエルノ・モネネムボ Le Roi de Kahel 『カヘルの王』石上健二訳、現代企画室、2013年
2009 フレデリック・ベグベデフランス語版 Un roman français
2010 ヴィルジニー・デパントフランス語版 Apocalypse bébé
2011 エマニュエル・カレールフランス語版 Limonov
2012 ショラスティック・ムカソンガフランス語版 Notre-Dame du Nil
2013 ヤン・モワックスフランス語版 Naissance
2014 ダヴィド・フェンキノスフランス語版 Charlotte
2015 デルフィーヌ・ドゥ・ヴィガンフランス語版 D'après une histoire vraie
2016 ヤスミナ・レザ Babylone
2017 リヴィエ・ゲーズフランス語版 La Disparition de Josef Mengele 『ヨーゼフ・メンゲレの逃亡』高橋啓訳、東京創元社、2018年。
2018 ヴァレリー・マントーフランス語版 Le Sillon
2019 シルヴァン・テッソンフランス語版 La Panthère des neiges

脚注[編集]

  1. ^ Les prix littéraires” (フランス語). www.actualitte.com. 2019年6月21日閲覧。
  2. ^ Théophraste RENAUDOT (1586-1653)” (フランス語). www.medarus.org. 2019年6月21日閲覧。
  3. ^ a b c Le site officiel du Prix Théophraste Renaudot / Historique” (フランス語). prixrenaudot.free.fr. ルノードー賞公式ウェブサイト. 2019年6月21日閲覧。
  4. ^ a b Prix : Renaudot - Général. Prix littéraires sur Babelio.” (フランス語). www.babelio.com. 2019年6月21日閲覧。
  5. ^ 学校の悲しみ” (日本語). www.msz.co.jp. みすず書房. 2019年6月21日閲覧。
  6. ^ a b La polémique sur le prix Renaudot rebondit sur France Inter” (フランス語). Télérama.fr (2007年11月13日). 2019年6月21日閲覧。
  7. ^ Christophe Donner dénonce la manipulation du jury” (フランス語). RTL.fr (2007年11月8日). 2019年6月21日閲覧。
  8. ^ Prix Renaudot 2018 : la 1ère sélection” (フランス語). L'Obs (2018年9月4日). 2019年6月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]