古典主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古典主義(こてんしゅぎ)は、ヨーロッパでギリシャ・ローマの古典古代を理想と考え、その時代の学芸・文化を模範として仰ぐ傾向のこと。均整・調和などがその理想とされる。文脈により異なった意味合いで使用される。ロマン主義の対概念。

  • イタリアのルネサンスは古典古代を復興しようとする文化運動であった。これは各国に大きな影響を与えた。
  • フランス17世紀は古典主義の時代と言われる。古代に範を取った演劇が盛んになり、コルネイユラシーヌモリエールは古典劇の三大作家とも言われる。
ニコラ・プッサン『アルカディアの牧人たち』1638 - 1640頃(ルーヴル美術館)。

脚注[編集]

関連項目[編集]