堀茂樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堀 茂樹(ほり しげき、1952年1月29日[1]- )は、日本のフランス文学・哲学研究者、翻訳家、慶應義塾大学教授。

人物[編集]

滋賀県大津市生まれ。1974年早稲田大学教育学部社会学専修卒業。1977年慶應義塾大学文学研究科修士課程修了。フランス政府給費留学生として渡仏し、1979年ソルボンヌ・ヌーヴェル大学(パリ第3大学)高等研究課程(19世紀フランス文学(オノレ・ド・バルザック))、及び1982年ソルボンヌ大学(パリ第4大学)高等研究課程(20世紀フランス哲学(ジュリアン・バンダ))修了。慶應義塾大学文学部助教授、2000年総合政策学部助教授、2003年教授兼大学院政策・メディア研究科委員。

1992年、『悪童日記』『ふたりの証拠」でBABEL国際翻訳大賞新人賞受賞。1993年、『第三の嘘』で同賞の大賞を受賞。その他に、NHKラジオフランス語講座の講師なども担当していた。2018年に上野千鶴子の「ジェンダー研究フェミニズムのツール」発言を「社会運動の「為にする」のは邪道。」「道具化された真実は真実ではない」と批判している[2]

共編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『文藝年鑑』2008
  2. ^ [1]

外部リンク[編集]