フィリップ・クローデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィリップ・クローデル
Philippe Claudel
Philippe-Claudel-Il-y-a-longtemps.JPG
誕生 (1962-02-02) 1962年2月2日(58歳)
フランスの旗フランスドンバール=シュル=ムルト
職業 小説家映画監督
国籍 フランスの旗フランス
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

フィリップ・クローデル(Philippe Claudel、1962年2月2日 – )は、フランスムルト=エ=モゼル県ドンバール=シュル=ムルト生まれの小説家映画監督ナンシー大学教授である。

2003年にルノードー賞、2006年にマルティン・ベック賞、2008年にベルリン国際映画祭エキュメニック賞、2009年に英国アカデミー賞外国語映画賞を受賞した。

受賞歴[編集]

  • ルノードー賞 2003年 (Les Âmes grises(『灰色の魂』)に対して)
  • マルティン・ベック賞 2006年 (Les Âmes grisesに対して)
  • 高校生のゴンクール賞 2007年(『ブロデックの報告書』に対して)
  • ベルリン国際映画祭エキュメニック賞 2008年 (Il y a longtemps que je t'aime(『ずっとあなたを愛してる』)に対して)
  • 英国アカデミー賞外国語映画賞 2009年 (Il y a longtemps que je t'aimeに対して)

主な作品[編集]

小説[編集]

  • Les Ames Grises(『灰色の魂』) (2003)
  • La Petite Fille de Monsieur Linh(『リンさんの小さな子』) (2005)
  • Le Rapport de Brodeck(『ブロデックの報告書』) 2009

映画[編集]

日本語訳された作品[編集]

  • 『灰色の魂』高橋啓訳、みすず書房、2004年
  • 『リンさんの小さな子』高橋啓訳、みすず書房、2005年
  • 『子どもたちのいない世界』高橋啓訳、みすず書房、2006年
  • 『ブロデックの報告書』高橋啓訳、みすず書房、2009年