オペラ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オペラ座(l'Opéra)は、パリにある歌劇場パリ・オペラ座とも呼ばれる。1875年に完成したガルニエ宮の呼び名として主に用いられるが、それ以前の劇場にも、またそれらで公演を行うオペラ・バレエ団体にも用いられる場合がある。

1989年にオペラ・バスティーユが新たに完成し、現在は主にここでオペラ公演が行われる。こちらはバスティーユ・オペラ座、新オペラ座とも呼ばれる。単にオペラ座と呼ばれることはまれである。

  • 1875年から1989年までオペラ公演の中心であった劇場についてはガルニエ宮を参照。
  • オペラ・バスティーユとガルニエ宮で公演を行うオペラ・バレエ団体、およびこの団体と劇場の変遷、上演史などについてはパリ国立オペラを参照。

一般名詞的な用法[編集]

「オペラ座」の呼称はその他にも歌劇場一般を指して用いる場合がある。また、各地の歌劇場の名称を「○○歌劇場」の代わりに「○○オペラ座」と訳す場合がある。しかし、都市名をつけず単に「オペラ座」とだけ呼んだ場合は、パリのそれを指すのが通常である。

関連項目[編集]