ポンパドゥール夫人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャンヌ=アントワネット・ポワソン
ポンパドゥール夫人
Jeanne-Antoinette Poisson
Madame de Pompadour
Boucher Marquise de Pompadour 1756.jpg
ポンパドゥール夫人(フランソワ・ブーシェ、1756年、アルテ・ピナコテーク蔵)
出生 (1721-12-29) 1721年12月29日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
死去 (1764-04-15) 1764年4月15日(42歳没)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国ヴェルサイユ
配偶者 シャルル=ギヨーム・ル・ノルマン・デティオール
子女 アレクサンドリーヌ=ジャンヌ・デティオール
父親 フランソワ・ポワソン
母親 ルイーズ=マドレーヌ・ド・ラ・モット
テンプレートを表示

ポンパドゥール夫人フランス語: Madame de Pompadour)ことポンパドゥール侯爵夫人ジャンヌ=アントワネット・ポワソン: Jeanne-Antoinette Poisson, marquise de Pompadour, 1721年12月29日 - 1764年4月15日)は、ルイ15世公妾

公妾たるその立場を利用してフランスの政治に強く干渉し、七年戦争ではオーストリアロシアの2人の女帝と組んでプロイセンイギリスと対抗した。

弟にはマリニー侯爵アベル=フランソワ・ポワソン・ド・ヴァンディエールがいる。

生涯[編集]

1721年パリ(現在のパリ2区界隈)の銀行家の娘として生まれる。平民という身分ながらブルジョワ階級の娘として、ポワシーで貴族の子女以上の教育を受けて育つ。成績は非常に優秀であった。1741年徴税請負人シャルル=ギヨーム・ル・ノルマン・デティオールと結婚。タンサン夫人[1]やジョフラン夫人[2]の超一流サロンに出入りするようになり、ヴォルテールフォントネルら一流の文化人と知り合った。1744年にはその美貌がシャトールー公爵夫人の死に打ちひしがれていたルイ15世の目に留まった。彼女はポンパドゥール侯爵夫人の称号を与えられて夫と別居し、1745年9月14日正式に公妾として認められた。

ポンパドゥール夫人(モーリス・カンタン・ド・ラ・トゥール、1748-49年、もしくは1752年、アントワーヌ・レキュイエ美術館蔵)

フランス国王の公式の愛妾となったポンパドゥール夫人は、湯水のように金を使って、あちこちに邸宅を建てさせ(現大統領官邸エリゼ宮は彼女の邸宅のひとつ)、やがて政治に関心の薄いルイ15世に代わって権勢を振るうようになる。ポンパドゥール夫人に推されて1758年に外務大臣となったリベラル派のエティエンヌ・フランソワ・ド・ショワズールは戦争大臣なども兼務し、およそ10年にわたって事実上の宰相となった。フランスの重農学派フランソワ・ケネーも彼女の主治医であった。ベッドの上でフランスの政治を牛耳った「影の実力者」といえる。ポンパドゥール夫人の有名な言葉は「私の時代が来た」。

庭師姿のポンパドゥール夫人(シャルル=アンドレ・ヴァン・ルー (fr)、1754-1755年、プティ・トリアノン蔵)

1756年には、オーストリアマリア・テレジアロシアエリザヴェータと通じ反プロイセン包囲網を結成した。これは「3枚のペチコート作戦」と呼ばれる。特に宿敵オーストリアとの和解は外交革命と言われるほど画期的であり、和解のために後年マリー・アントワネットがフランス王室に嫁ぐこととなる。

ポンパドゥール夫人は美貌ばかりでなく学芸的な才能に恵まれ、サロンを開いてヴォルテールやディドロなどの啓蒙思想家と親交を結んだ。また芸術の熱心な愛好家、パトロンでもあり、様々な芸術家とも交流した。ポンパドゥール夫人の時代はフランスを中心に優雅なロココ様式の発達した時代になった。

30歳を越えたころからルイ15世と寝室を共にすることはなくなったが、代わりに自分の息のかかった女性を紹介した。ルイ15世はポンパドゥール夫人が42歳でヴェルサイユで亡くなるまで寵愛し続けたという。鹿の園を建ててルイ15世好みの女を住まわせたというが、いわゆるハーレムのようなものではなかったという。

Pompadour (PSF).png

現代では、ポンパドールは男性の前髪を高くしたスタイル(リーゼントと呼ぶのは間違いであり、これは側頭部から後頭部の髪形を指す)及び女性の髪形のひとつで、前髪を大きく膨らませて高い位置でまとめ、ピンやバレッタなどで留めたヘアスタイルである。襟足もあげて、後頭部でまとめるのが正式なスタイルといわれる。当時の貴族の女性はこぞってポンパドゥール夫人のファッションを真似、その髪型をポンパドゥール英語版と呼ぶようになった。

題材とした作品・その他[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ あるいはマダム・タンサン (Claudine Guérin de Tencin)。百科全書派啓蒙思想家ジャン・ル・ロン・ダランベールの生母とされているが、産まれてまもなくダランベールをシテ島に遺棄した。
  2. ^ タンサン夫人等と同様、サントノーレ通り界隈にサロンがあった。また、ポンパドゥール夫人ことジャンヌ・ポワソンも同通り沿いに居住していた。「サントノーレ通り#主な施設・出来事」を参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]