セーヴル焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セーヴル焼

セーヴル焼(セーヴルやき, Porcelaines des Sèvres)は、フランスセーヴルで生産される磁器

ヨーロッパではじめての磁器1709年ザクセン王国(現・ドイツ)で発明され、その首都ドレスデンに近いマイセンを生産拠点とした。

シャンティイの窯で軟質磁器柿右衛門風の写しを施していたデュポア兄弟は、当時のフランスの大蔵大臣・オリー・ド・フリビーに招かれ、1738年パリの東端に位置するヴァンセンヌに窯を構えた。 しかし、デュポア兄弟のもつ技術は充分なものではなかったため、初期の試みは満足の行くものでは無かった。開設4年後にデュポア兄弟を追放する形で陶工のフランソワ・グラヴァンが組織を再編成し、その後の成果で貴族たちの関心を集めた。 この後ルイ15世や、その公妾ポンパドゥール夫人などの出資を受け、パリとヴェルサイユの中間に位置するセーヴルの町に移って王立窯となった[1]

この時期の成果として中でも有名だったのが「ブリュ・ド・ロワ(国王の青)」と「ポンパドゥールの薔薇色」と呼ばれる釉薬だった。ブリュ・ド・ロワは酸化コバルト顔料とした濃紺色で、他の何人も使えない禁色とされた。ポンパドゥールの薔薇色は中国の彩釉の影響を受けた優雅で洗練された色で、ポンパドゥール夫人が特に好んだと言われる。その調合法は科学アカデミー総裁のエローが握っており、彼の死とともに失われている[2][3]

セーヴルでは精巧な軟質磁器が作られたが、元々マイセンの硬質磁器の模倣が目標だった。1766年リモージュ近郊でカオリン鉱床が発見されたのを受けて製造実験に入り、1796年に真正の硬質磁器が作られた。 開窯の経緯からフランス革命時にセーヴル窯は破壊されて閉窯したが、ナポレオン1世によって再興され、1824年には国立セーヴル陶磁器製作所が作られて現在に至る。

セーヴル焼は豊かな彩色を駆使したロココ様式の絵画表現による装飾が最大の特徴である。よって1枚の値段が大変高く高級な磁器である。ここでフランスの磁器生産技術が発達し、後にはリモージュへ技術が渡り、リモージュ焼は量産磁器として普及した。

ポンパドゥール夫人のために建てられた広い城館を改造したフランス国立陶芸美術館トラムセーヴル駅のすぐそばにあり、現在ここで美しいセーヴル焼をはじめ数々の磁器を鑑賞することが出来る。

脚注[編集]

  1. ^ セーヴル陶磁器美術館”. メゾン・デ・ミュゼ・デュ・モンド. 2018年8月14日閲覧。
  2. ^ 脇田宗孝『世界やきもの紀行:その源流を訪ねて』芸艸堂、1996年、ISBN 4753801721、pp.102-105
  3. ^ ロココの女王、「セーブル焼」のルーツはヴァンセンヌ」キリンビール大学 2015年7月19日閲覧

参考文献[編集]

  • 南川三治朗 『欧州陶磁紀行』 世界文化社、2005年、ISBN 4418052208

外部リンク[編集]

http://www.sevresciteceramique.fr/