マリー・アントワネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリー・アントワネット
Marie Antoinette
フランス王妃
Vigée-Lebrun Marie Antoinette 1783.jpg
マリー・アントワネット(エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン画、1783年)
在位 1774年5月10日1792年9月21日

全名 Marie-Antoinette-Josèphe-Jeanne
マリー=アントワネット=ジョゼフ=ジャンヌ
Maria Antonia Josepha Johanna
マリア・アントーニア・ヨーゼファ・ヨハンナ
出生 (1755-11-02) 1755年11月2日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
オーストリアの旗 オーストリア大公国ホーフブルク宮殿
死去 (1793-10-16) 1793年10月16日(37歳没)
フランス共和国パリ革命広場
埋葬 1815年1月21日
フランス王国サン=ドニサン=ドニ大聖堂
結婚 1770年5月16日
配偶者 ルイ16世
子女
家名 ハプスブルク=ロートリンゲン家
父親 フランツ1世
母親 マリア・テレジア
サイン Marie-AntoinetteSignature.png
テンプレートを表示

マリー=アントワネット=ジョゼフ=ジャンヌ・ド・アプスブール=ロレーヌフランス語: Marie-Antoinette-Josèphe-Jeanne de Habsbourg-Lorraine, 1755年11月2日 - 1793年10月16日)は、フランス国王ルイ16世の王妃。オーストリアフランスの政治的同盟のためルイ16世へ嫁ぎ[1]フランス革命で処刑された。

概要[編集]

フランツ1世マリア・テレジアの第15子(第11女)として1755年11月2日ウィーンで生まれた。フランスオーストリアの同盟に伴う外交政策の一環により[1]、当時フランス王太子だったルイ16世1770年に結婚し、彼の即位に伴って1774年にフランス王妃となった。オーストリアに対する同調姿勢や、ヴェルサイユでの宮廷生活について王太子妃時代から批判された[2][3]。宮廷での束縛を嫌い、離宮のプチトリアノンで少数の貴族と過ごすことが多く[4]、中でもハンス・アクセル・フォン・フェルセンとの交流は知られている[5]。しかし、王妃自らベルサイユの宮廷の模範とならなければいけない立場の中でそれを逸脱した行為や言動により、保守的な貴族を中心に大きな抵抗勢力が宮廷内に形成されることになった[6]

1789年フランス革命が始まり、アントワネットを含めた国王一家はテュイルリー宮殿に軟禁された。アントワネットは宮廷内で反革命勢力を形成し、君主制維持を目的として諸外国との交渉を行った[7]。特にウィーン宮廷との秘密交渉を進め、外国軍隊のフランス侵入を期待したが、逃亡に失敗する[8]1792年フランス革命戦争が勃発したことにより、アントワネットのイメージはさらに悪化した[9]。同年8月10日に王政が廃止され、国王一家はタンプル塔に収監された。

その後、ルイ16世の裁判が国民公会で行われ、死刑判決を経て1793年1月21日に処刑された。一方、アントワネットの裁判は革命裁判所で行われ、死刑判決を経て同年10月16日に処刑された。

生涯[編集]

幼少期・結婚まで[編集]

少女時代のアントーニア

1755年11月2日、神聖ローマ皇帝フランツ1世オーストリア女大公マリア・テレジアの十一女としてウィーンで誕生した。ドイツ語名は、マリア・アントーニア・ヨーゼファ・ヨハンナ・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン。 代父母のポルトガル国王ジョゼ1世とその王妃マリアナ・ビクトリアが名付け親となった。洗礼式はウィーン大司教が行い、兄のヨーゼフ大公と姉のマリア・アンナが代父母の代理を務めた。しかし前日にリスボン地震が起こったことが伝わると、一部では生まれた女の子の不幸な未来を予告しているのではとささやき合った。[10] アントーニアは幼少期にマリア・カロリーナフェルディナントマクシミリアンといった年の近い兄弟と共に育てられた。イタリア語やダンス、作曲家グルックのもとで身につけたハープクラヴサンなどの演奏を得意とした。[11]オーストリア宮廷は非常に家庭的で、幼いころから家族揃って狩りに出かけたり、家族でバレエやオペラを観覧したりした。また幼いころからバレエやオペラを皇女らが演じている。

当時のオーストリアは、プロイセンの脅威から伝統的な外交関係を転換してフランスとの同盟関係を深めようとしており(外交革命)、その一環として母マリア・テレジアは、自分の娘とフランス国王ルイ15世の孫、ルイ・オーギュスト(のちのルイ16世)との政略結婚を画策した。当初はマリア・カロリーナがその候補であったが、ナポリ王と婚約していたすぐ上の姉マリア・ヨーゼファが1767年、結婚直前に急死したため、翌1768年に急遽マリア・カロリーナがナポリのフェルディナンド4世へ嫁ぐことになった。そのため、アントーニアがフランスとの政略結婚候補に繰り上がった。

1763年5月、結婚の使節としてメルシー伯爵が駐仏大使としてフランスに派遣されたが、ルイ・オーギュストの父で王太子ルイ・フェルディナン、母マリー=ジョゼフ・ド・サクスポーランドアウグスト3世ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト2世の娘)がともに結婚に反対で、交渉ははかばかしくは進まなかった。

1765年にルイ・フェルディナンが死去した。1769年6月、ようやくルイ15世からマリア・テレジアへ婚約文書が送られた。このときアントーニアはまだフランス語が修得できていなかったため、オルレアン司教であるヴェルモン神父について本格的に学習を開始することとなった。1770年4月19日、マリア・アントーニアが14歳のとき、王太子となっていたルイとの結婚式はまずウィーンで代理人によって行われ、1770年5月16日ヴェルサイユ宮殿の王室礼拝堂にて挙行された[12]。 アントーニアはフランス王太子妃マリー・アントワネットと呼ばれることとなった。このとき『マリー・アントワネットの讃歌』が作られ、盛大に祝福された。

ルイ15世は婚姻によってオーストリアとの同盟を維持しようと考えたが[13]七年戦争においてオーストリアと同盟を結んだフランスプロイセンに敗北していた。フランスの感情として反オーストリアの機運が高まり、アントワネットは反オーストリアによる偏見に常に悩まされることになる[14]

七年戦争の敗北や、フランスの同盟国であるポーランドが1772年にオーストリア、ロシア、プロイセンに分割されたことなど、オーストリアとの同盟後に起こったこれらの事柄は、フランスがヨーロッパでの影響力を失ったとの見方が強くフランス国内に残り、フランス革命時は軍隊が国王を見限る事態に陥ることに繋がった[15]。なお、マリア・テレジアはポーランド分割に反対の立場をとり、フランスがオーストリアに敵意を抱くことを恐れていた[16]

宮廷生活[編集]

デュ・バリー夫人との対立[編集]

結婚すると間もなく、ルイ15世の寵姫デュ・バリー夫人と対立する。もともとデュ・バリー夫人と対立していた、ルイ15世の娘アデライードが率いるヴィクトワールソフィーらに焚きつけられたのだが、娼婦や愛妾が嫌いな母マリア・テレジアの影響を受けたアントワネットは、デュ・バリー夫人の出自の悪さや存在を憎み、徹底的に宮廷内で無視し続けた。当時のしきたりにより、デュ・バリー夫人からアントワネットに声をかけることは禁止されていた。宮廷内はアントワネット派とデュ・バリー夫人派に分かれ、アントワネットがいつデュ・バリー夫人に話しかけるかの話題で持ちきりであったと伝えられている[17][18]

ルイ15世はこの対立に激怒し、母マリア・テレジアからも対立をやめるよう忠告を受けたアントワネットは、1771年7月に貴婦人たちの集まりでデュ・バリー夫人に声をかけることになった。しかし、声をかける寸前にアデライード王女が突如アントワネットの前に走り出て「さあ時間でございます!ヴィクトワールの部屋に行って、国王陛下をお待ちしましょう!」と言い放ち、皆が唖然とするなかで、アントワネットを引っ張って退場したと言われている。

2人の対決は1772年1月1日に、新年のあいさつに訪れたデュ・バリー夫人に対し、あらかじめ用意された筋書きどおりに「本日のヴェルサイユは大層な人出ですこと」とアントワネットが声をかけることで表向きは終結した。その後、アントワネットはアデライード王女らとは距離を置くようになった。

結婚生活[編集]

王と王妃の結婚を祝うメダル

しかし、結婚当初二人ともまだ幼かったせいか[19]、アントワネットとルイ16世との間にはなかなか子供が生まれなかった。これはアントワネットの地位を危うくするものだった。当時フランスの王位継承を規定していたサリカ法は男子の王位継承しか認めず、アントワネットには男子を産むことが要求されていたからである[20]。オーストリアにいるアントワネットの母、マリア・テレジアはオーストリアとフランスの同盟関係の維持に不安を抱き[20]、性生活を疑った。1777年4月、アントワネットの長兄ヨーゼフ2世がお忍びでラ・ミュエット宮殿フランス語版(現在のパリ16区ラ・ミュエット地区フランス語版)でも生活をともにしていた夫妻のもとを訪問し、夫妻それぞれの相談に応じた。翌1778年、結婚生活7年目にして待望の子どもマリー・テレーズ・シャルロットが生まれた。

アントワネットとルイ16世との夫婦仲はあまり良くなかったと語られることが多いが、アントワネットはルイ16世のことを慕っており、ルイ16世もマリーアントワネットに対して好意はあったとされている。互いの気持ちが上手く疎通できていなかったことにより、フランス革命間際までは距離をとりがちであった。またアントワネットとルイ16世の部屋を繋ぐ隠し通路があったものの、使われることはほとんどなかった

母マリア・テレジアは娘の身を案じ、たびたび手紙を送って戒めていたが、効果はなかった(この往復書簡は現存し、オーストリア国立公文書館に所蔵されている)。時にパリのオペラ座仮面舞踏会に遊び、また賭博にも狂的に熱中したと言われる。賭博に関しては子供が生まれたことをきっかけに訪れた心境の変化から止めている。

アントワネットは自身の手で子供たちを養育することを望み、熱心に教育した。また、子供たちのそばにいるために、ヴェルサイユ宮殿内のアパルトマンの整備を行った[21]プチ・トリアノン宮殿を与えられてからは、王妃の村里と、そこに家畜用の庭ないし農場を増設し、子供を育てながら家畜を眺める生活を送っていたという。

フランス王妃として[編集]

王妃となったアントワネット
(1775年)

1774年、ルイ16世の即位によりフランス王妃となった。王妃になったアントワネットは、朝の接見を簡素化させたり、全王族の食事風景を公開することや、王妃に直接物を渡してはならないなどのベルサイユの習慣や儀式を廃止・緩和させた。しかし、誰が王妃に下着を渡すかでもめたり、廷臣の地位によって便器の形が違ったりすることが一種のステータスであった宮廷内の人々にとっては、アントワネットが彼らが無駄だと知りながらも今まで大切にしてきた特権を奪う形になり、逆に反感を買った。

こうした中で、マリー・アントワネットとスウェーデンの貴族アクセル・フォン・フェルセン伯爵との浮き名が、宮廷ではもっぱらの噂となった[要出典]。地味な人物である夫のルイ16世を見下しているところもあったという[要出典]。ただしこれは彼女だけではなく大勢の貴族達の間にもそのような傾向は見られたらしい[要出典]。一方、彼女は大貴族たちを無視し、彼女の寵に加われなかった貴族たちは、彼女とその寵臣をこぞって非難した[要出典]

彼らは宮廷を去ったアデライード王女や宮廷を追われたデュ・バリー夫人の居城にしばしば集まっていた。ヴェルサイユ以外の場所、特にパリではアントワネットへの中傷がひどかった[要出典]という。多くは流言飛語の類だったが、結果的にこれらの中傷がパリの民衆の憎悪をかき立てることとなった[要出典]

1785年にはマリー・アントワネットの名を騙った詐欺師集団による、ブルボン王朝末期を象徴するスキャンダルである首飾り事件が発生する。このように彼女に関する騒動は絶えなかった[要出典]

フランス革命[編集]

首飾り事件」の元となったダイヤの首飾り。金500kg相当の価値があった

1789年7月14日、フランスでは王政に対する民衆の不満が爆発し、革命が勃発した。ポリニャック公爵夫人(伯爵夫人から昇格)ら、それまでアントワネットから多大な恩恵を受けていた貴族たちは彼女を見捨てた恰好で国外に亡命してしまう[要出典]。彼女に最後まで誠実だったのは、王妹エリザベートランバル公妃だけであった。国王一家はヴェルサイユ宮殿からパリのテュイルリー宮殿に身柄を移されたが、アントワネットはフェルセンの力を借り、フランスを脱走してオーストリアにいる兄レオポルト2世に助けを求めようと計画する[要出典]

1791年6月20日、計画は実行に移され、国王一家は庶民に化けてパリを脱出する。アントワネットも家庭教師に化けた。フェルセンは疑惑をそらすために国王とアントワネットは別々に行動することを勧めたが、アントワネットは家族全員が乗れる広くて豪奢な(そして、足の遅い)ベルリン馬車に乗ることを主張して譲らず、結局ベルリン馬車が用意された。また馬車には、銀食器、衣装箪笥、食料品などの日用品や、喉がすぐ乾く国王のために酒蔵一つ分のワインが積み込まれた。このため、もともと足の遅い馬車の進行速度をさらに遅らせてしまい、逃亡計画を大いに狂わせることとなった。結局、国境近くのヴァレンヌで身元が発覚し、6月25日にパリへ連れ戻される。このヴァレンヌ事件により、国王一家は親国王派の国民からも見離されてしまう。

1792年フランス革命戦争が勃発すると、アントワネットが敵軍にフランス軍の作戦を漏らしているとの噂が立った。8月10日、パリ市民と義勇兵はテュイルリー宮殿を襲撃し・アントワネット、ルイ16世、マリー・テレーズルイ・シャルル、エリザベート王女の国王一家はタンプル塔に幽閉される(8月10日事件)。

タンプル塔では、幽閉生活とはいえ家族でチェスを楽しんだり、楽器を演奏したり、子供の勉強を見たりするなど、束の間の家族団欒の時間があった。10皿以上の夕食、30人のお針子を雇うなど待遇は決して悪くなかった[要出典]

革命裁判[編集]

1793年1月19日、国民公会はルイ16世に死刑判決を下した。国王一家は翌日になってから死刑判決を知らされ、最後の面会を行った[22]。1793年1月21日午前10時にルイ16世の死刑が執行されるとアントワネットはルイ・シャルルの前にひざまずき、王として接したという[23]。ルイ16世の死後にアントワネットはカペー未亡人と呼ばれるようになり、喪服を着て過ごすようになった[24]。王党派によりアントワネットの脱出計画が立てられたが、実行に移されることは無かった[24]。1793年7月3日、ルイ17世はアントワネットと引き離され、ジャコバン派の靴屋であるアントワーヌ・シモンの手にゆだねられた[25]

1793年8月2日午前1時頃、アントワネットはコンシェルジュリーへ移送された。フェルセンの提案により、身代金を支払う事でアントワネットの解放を模索する動きもあったが、実現されることは無かった[26]。しかし王党派が立てた計画のうち、元士官のルージュヴィルが立てた脱出計画は、1793年8月28日に実行されるも失敗。ルージュヴィルはオーストリアへ逃亡し、警察管理官であったミショニが逮捕されるという「カーネーション事件」が起きた。事件以後、アントワネットの独房には検査が入るようになり、窓の下には歩哨が立つようになるなど、監視が強化された[27]。アントワネットは1793年10月12日に裁判の事前尋問を受け、10月14日から16日に渡り革命裁判所で裁判が行われた。アントワネットは内通、公費乱用、背徳行為、脱出計画に対しての罪に問われ、死刑が求刑された[28]。アントワネットは罪状について否定し、ヴァレンヌ逃亡については、夫であるルイ16世に従ったためと答えた[29]ジャック・ルネ・エベールはルイ17世による申し立てとして、母親との近親相姦があったと報告したが[30]、このような荒唐無稽な証言は傍聴人からの反感を買うことになり、ロベスピエールを激怒させる結果となった[31]

処刑前の王妃の様子のスケッチ

しかし、この出来事も判決を覆すまでには至らず、1793年10月16日午前4時頃にアントワネットは死刑判決を受けた[32]。処刑の直前にアントワネットはルイ16世の妹エリザベート宛ての遺書を書き残している。内容は「犯罪者にとって死刑は恥ずべきものだが、無実の罪で断頭台に送られるなら恥ずべきものではない」というものであった[33]。 この遺書は牢獄の管理人であったボーに渡され、検察官のタンヴィルから数人の手に渡ったのち、王政復古の時代にルイ18世にゆだねられた[34]。そのため、革命下を唯一生き延びたマリー・テレーズがこの文章を読むのは1816年まで待たなければならなかった。

ギロチン処刑[編集]

遺書を書き終えた彼女は、朝食についての希望を部屋係から聞かれると「何もいりません。すべて終わりました」と述べたと言われ、そして白衣に白い帽子を身に着けた。革命広場に向かうため、アントワネットは特別な囚人として肥桶の荷車でギロチンへと引き立てられていった。コンシェルジュリーを出たときから、苦なく死ねるように髪を短く刈り取られ両手を後ろ手に縛られていた。19世紀スコットランドの歴史家アーチボルド・アリソンの著した『1789年のフランス革命勃発からブルボン王朝復古までのヨーロッパ史』などによれば、その最期の言葉は、死刑執行人シャルル=アンリ・サンソンの足を踏んでしまった際に発した「お赦しくださいね、ムッシュウ。わざとではありませんのよ(Pardonnez-moi, monsieur. Je ne l'ai pas fait exprès.) [35]」だとされている。

10月16日の12時15分、ギロチンが下ろされ刑が執行された。それまで息を殺していた何万という群衆は「共和国万歳!」と叫び続けたという。その後、群衆は昼飯の時間帯であったこともあり一斉に退散し、広場は閑散とした。数名の憲兵がしばらく断頭台を見張っていたが、やがて彼女の遺体は刑吏によって小さな手押し車に、首は手押し車の足に載せられ運び去られた[36]

死後[編集]

遺体はまず集団墓地となっていたマドレーヌ墓地[注 1]に葬られた。のちに王政復古が到来すると、新しく国王となったルイ18世は私有地となっていた旧墓地[注 2]を地権者から購入し、兄夫婦の遺体の捜索を命じた。その際、密かな王党派だった地権者が国王と王妃の遺体が埋葬された場所を植木で囲んでいたのが役に立った。発見されたアントワネットの亡骸はごく一部であったが、1815年1月21日、歴代のフランス国王が眠るサン=ドニ大聖堂に夫のルイ16世とともに改葬された。

サン=ドニ大聖堂の慰霊碑

「パンがなければ…」の発言[編集]

アントワネットは、フランス革命前に民衆が貧困と食料難に陥った際、「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と発言したと紹介されることがある(ルイ16世の叔母であるヴィクトワール王女の発言とされることもある)。原文は、: “Qu'ils mangent de la brioche”、直訳すると「彼らはブリオッシュを食べるように」となる。ブリオッシュは現代ではパンの一種の扱いであるが、かつては原料は小麦粉・塩・水・イーストだけのパン(フランスパン)でなく、バターと卵を使うことからお菓子の一種の扱いをされていたものである。お菓子ではなくケーキまたはクロワッサンと言ったという変形もある。なおフランスを代表するイメージであるクロワッサンやコーヒーを飲む習慣は、彼女がオーストリアから嫁いだときにフランスに伝えられたと言われている。

しかし、これはアントワネット自身の言葉ではないことが判明している[37]ルソーの『告白[38]』(1766年ごろ執筆)の第6巻に、ワインを飲むためにパンを探したが見つけられないルソーが、家臣からの「農民にはパンがありません」との発言に対して「それならブリオッシュを食べればよい」とさる大公夫人が答えたことを思い出したとあり、この記事が有力な原典のひとつであるといわれている。庇護者で愛人でもあったヴァラン夫人とルソーが気まずくなり、マブリ家に家庭教師として出向いていた時代(1740年ごろ)のことという。

アルフォンス・カーフランス語版は、1843年に出版した『悪女たち』の中で、執筆の際にはこの発言はすでにアントワネットのものとして流布していたが、1760年出版のある本に「トスカーナ大公国の公爵夫人」のものとして紹介されている、と書かれている。実際はこれは彼女を妬んだほかの貴族たちの作り話で、彼女自身は飢饉の際に子供の宮廷費を削って寄付したり、ほかの貴族達から寄付金を集めたりするなど、国民を大事に思うとても心優しい人物であったとされる。トスカーナは1760年当時、アントワネットの父である神聖ローマ皇帝フランツ1世が所有しており、その後もハプスブルク家に受け継がれたことから、こじつけの理由の一端になったともされる。

現代のフランスにおいて、この発言は今なおアントワネットを象徴するものだと信じられている。2016年、保守派議員のジャンフランソワ・コペが「パン・オ・ショコラ」の価格について言い間違えたのを、現代のアントワネットのようだと報じられた[39]

人物・言行[編集]

宮廷生活とプチ・トリアノン宮[編集]

小トリアノン宮殿」も参照。

ルイ14世がフランス絶対王政の栄耀栄華と宮廷内の秩序を示すために定めたヴェルサイユの宮廷儀礼は非常に厳格であり[40][41]、またふるさとであったウィーンの雰囲気とも異なったため、アントワネットはそれに適応するのに苦労した[42]。王太子妃時代は母親のマリア・テレジアへヴェルサイユの宮廷儀礼の厳格さを嘆いており[43]、第一子のマリー・テレーズを出産した際は出産の苦痛と見物人のせいで疲労が極限まで達し、ルイ16世自身が第二子以降の出産の際、見物人の人数の制限を行ったほどだった[44]

ルイ16世は1774〜5年頃、アントワネットにもともとルイ15世の所有だった「プチ・トリアノン」を贈る[45][46]。それ以後、彼女はプチ・トリアノンの改造工事を始め、「王妃の村里」という場所を作り、自由な姿で活動した。プチ・トリアノンにおいて、ポリニャック伯爵夫人、ランバル公妃、アルトワ伯、フェルセン伯など、お気に入りの人々と交流するようになる[47][48]。また、プチ・トリアノンはヨーゼフ2世グスタフ3世、後のパーヴェル1世などの賓客を迎える場となった[49]

アントワネットにとって「王妃の村里」はプチ・トリアノンの自由さに加えて自然の空間を味わう場所でもあった。そこでは牛、羊、山羊、鶏、豚といった動物が飼われたが、これらは非常に丁寧かつ清潔に飼育されていた[50]。アントワネット自身、麦わら帽子をかぶり、モスリンのドレスを着て礼儀作法に縛られない田舎風暮らしを好んだ[51]。この田園生活への憧れは、アントワネット固有のものではなく、当時の王侯貴族に共通するものだったという説もある[52]

しかし、この閉鎖的に受け取れる姿勢はヴェルサイユのしきたりを無視するものとして受け取られ、「小ウィーン」と呼ばれて、他の貴族たちから反感を抱かれた[47][53]。アントワネットに近侍していた身分が低い女性たちと身分高い貴婦人たちの間で対立が激しくなり、アントワネットの醜聞を記した怪文書が出回った[47][53]

これらに振り回されたアントワネットは次第に王妃としての権威を喪失していくことになる[54]

王妃の村里での農婦姿のアントワネット。(1791年[注 3]

音楽[編集]

ハープを奏でる王妃(1777年)

上記の通り、ウィーン時代にグルックらから音楽を教わっていた。また彼女が7歳だった1762年9月、各国での演奏旅行の途上、シェーンブルン宮殿でのマリア・テレジアを前にした御前演奏に招かれたモーツァルト(当時6歳)からプロポーズされたという音楽史上よく知られたエピソードも持つ。また、彼女が1774年1月30日にオペラ座でフェルセンと出会った時に二人は音楽について話し、グルックが好きという点で一致したというエピソードが残っている[55]

後年、ルイ16世のもとに嫁いでからもハープを愛奏していたという。タンプル塔へ幽閉された際もハープが持ち込まれた。歌劇のあり方などをめぐるオペラ改革の折にはグルックを擁護し、彼のオペラのパリ上演の後援もしている。

なおアントワネットは作曲もし、少なくとも12曲の歌曲が現存している。彼女の作品の多くはフランス革命時に焼き捨てられ、ごく一部がパリ国立図書館に収蔵されているのみである。近年では“C'est mon ami”(それは私の恋人)などの歌曲がCDで知られるようになった。

2005年には漫画『ベルサイユのばら』の作者でソプラノ歌手の池田理代子が、世界初録音9曲を含む12曲を歌ったCD「ヴェルサイユの調べ~マリー・アントワネットが書いた12の歌」をアントワネットの誕生日である11月2日に発売し、この曲が2006年上演の宝塚歌劇ベルサイユのばら』で使用された。

このアントワネットの曲集は日本で世界初の楽譜[56]も出版された。

入浴・香水[編集]

アントワネットが幼少期を過ごしたオーストリアには当時から入浴の習慣があった。母マリア・テレジアも幼いころから彼女に入浴好きになるよう教育している。入浴の習慣がなかったフランスへ嫁いだあとも彼女は入浴の習慣を続け、幽閉されたタンプル塔にも浴槽が持ち込まれたという記録がある。

入浴をする習慣は、体臭を消すという目的が主だった香水に大きな影響をもたらした。アントワネットは当時のヨーロッパ貴族が愛用していたムスクや動物系香料を混ぜた非常に濃厚な東洋風の香りよりも、バラスミレの花やハーブなどの植物系香料から作られる軽やかな香りの現代の香水に近い物を愛用し、これがやがて貴族たちの間でも流行するようになった。もちろん、このお気に入りの香水もタンプル塔へ持ち込まれている。

家具[編集]

家具に非常に興味を持っており、世界中から沢山の木材を取り寄せた。マホガニー黒檀紫檀、ブラジル産ローズウッドなどを使い家具を作らせた。珊瑚も家具の装飾用として使われた。ドイツ人家具職人を多く抱え、ルイ16世様式(新古典主義)の家具を多く貴族に広めている。また日本製や中国製の家具や漆工芸品をとても好んでおり、マリア・テレジアからも贈られている。これらは現在もルーヴル美術館に展示されている。

ファッション・リーダー[編集]

麦藁帽子にモスリンのシュミーズドレス姿の王妃(1783年)

当時の貴族女性は、相手が驚くようなヘア・スタイルを競っていた[57]。アントワネットも王妃になってまもなく、ローズ・ベルタン英語版という新進ファッション・デザイナーを重用する。ベルタンのデザインするドレスや髪型、宝石はフランス宮廷だけでなく、スペインやポルトガル、ロシアの上流階級の女性たちにも流行し、アントワネットはヨーロッパのファッションリーダーとなっていった。

何より女性たちの視線を集めたのがその髪型で、当初は顔の1.5倍の高さだった盛り髪スタイルは徐々にエスカレートし、飾りも草木を着けた「庭ヘアー」や船の模型を載せた「船盛りヘアー」など、とにかく革新的なスタイルで周囲の目を惹きつけた。

即位後最初の数年間を過ぎてからは、ドレスもヘアスタイルも簡素なデザインのものを好むようになった[58]

このころベルタンは、アントワネットのために肌着として着用されていたモスリン生地や綿生地のシュミーズパニエを着用しない気軽な普段着にアレンジしたシュミーズドレスをデザインしている。また、アントワネットはパステル調の色彩を好み、特に青を好んだといい[59]青いドレスをまとった肖像画が多数残されている。

容姿[編集]

身長は154cm[60]。 裁縫師のエロフ夫人の日誌によると、ウエストは58〜59cm、バストが109cmで、当時のモードに合った体型であった[61]。一方で、30歳のときにはかなりふくよかな体型だったようで、その豊満さを覆い隠すようなギリシャ風の装いを考案している[62]。エロフ婦人が計ったところ、コルセットで58cm(23インチ)までウェストは締め付けるものの、バストは112cm(44インチ)を超えていたという。

顔は瓜実顔で額が広すぎ、鼻は少し鷲鼻気味で、顎がぼってりし、「ハプスブルク家の下唇」と言われる特徴があった。しかし、輝くばかりの真珠のような白い肌と、眩い金髪を持つ魅力的な容姿であった。

教育係であったド・ヴェルモン神父は、「もっと整った美しさの容姿を見つけ出すことはできるが、もっとこころよい容姿を見つけ出すことはできない」、王妃の小姓であったド・ティリー男爵は、「美しくはないが、すべての性格の人々をとらえる眼をしている」「肌はすばらしく、肩と頸もすばらしかった。これほど美しい腕や手は、その後二度と見たことがない」、王妃の御用画家であったルブラン夫人は、「顔つきは整っていなかったが、肌は輝かんばかりで、すきとおって一点の曇りもなかった。思い通りの効果を出す絵の具が私にはなかった」と述べている[63]

身のこなしの優雅さでも知られ、前述のド・ティリー男爵は「彼女ほど典雅なお辞儀をする人はいなかった」、ルブラン夫人は「フランス中で一番りっぱに歩く婦人だった」と述べている[64]

子女[編集]

4人の子供のうち3人は夭逝。長女マリー・テレーズは1799年結婚して夫と添い遂げ、子女の中で唯一、天寿を全うした。マリー・テレーズは結婚15年目の1813年1月に懐妊したが、流産。その後は妊娠することがなく子どもを残していないため、子孫はいない。

女官・侍女[編集]

ギャラリー[編集]

参照文献[編集]

ノンフィクション・評伝[編集]

  • カストロ, アンドレ『マリ=アントワネット』1、村上光彦訳、みすず書房、1972年4月。ISBN 978-4-622-00507-0
  • カストロ, アンドレ『マリ=アントワネット』2、村上光彦訳、みすず書房、1972年6月。ISBN 978-4-622-00508-7
  • Carolly Erickson (1991-03). To the Scaffold: The Life of Marie Antoinette. William Morrow & Co. ISBN 978-0688073015 
  • 『フランス革命事典2 人物Ⅰ』フランソワ・フュレ、モナ・オズーフ、みすず書房、1998年12月10日。ISBN 9784622050339
  • 佐伯真魚『マリー・アントワネット曲集 王妃様の作った愛の歌』中央アート出版社、2010年6月。ISBN 978-4-8136-0586-7
  • 安達正勝『マリー・アントワネット フランス革命と対決した王妃』中央公論新社、2014年9月25日。ISBN 9784121022868
  • 『フランス王妃列伝 アンヌ・ド・ブルターニュからマリー=アントワネットまで』阿河雄二郎/嶋中博章、昭和堂、2017年7月25日。ISBN 9784812216323
  • エマニュエル・ド・ヴァリクール『マリーアントワネットと5人の男 宮廷の裏側の権力闘争と王妃のお気に入りたち(上)』ダコスタ吉村花子訳、原書房、2020年10月25日。ISBN 9784562057962
  • エマニュエル・ド・ヴァリクール『マリー・アントワネットと5人の男 宮廷の裏側の権力闘争と王妃のお気に入りたち(下)』ダコスタ吉村花子訳、原書房、2020年10月25日。ISBN 9784562057979

書簡集[編集]

  • 『マリー・アントワネットとマリア・テレジア 秘密の往復書簡』パウル・クリストフ、藤川芳朗訳、岩波書店、2002年9月26日。ISBN 9784000248013
  • エヴリン・ファー『マリー・アントワネットの暗号 解読されたフェルセン伯爵との往復書簡』ダコスタ吉村花子訳、河出書房新社、2018年8月30日。ISBN 9784309227351

一次資料[編集]

  • Sir Archibald Alison (1855). Histoire de l'Europe depuis le commencement de la Révolution française en 1789 jusqu'à nos jours, V. F. Parent 

フィクション・文学[編集]

関連書籍[編集]

シュテファン・ツヴァイクによる評伝
以下の伝記・評伝も日本語書籍のみを記載。

マリー・アントワネットを扱った作品[編集]

小説[編集]

映画[編集]

舞台作品[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • 『フランツ・ルフレルの天使たち』 - 杉崎智介のle Salon テレビ東京InterFM - フランス革命前後のマリー・アントワネットを描いたラジオドラマ。(声:ReeSya)、脚本・杉崎智介

漫画[編集]

アニメーション[編集]

  • ラ・セーヌの星』 - フランス革命の頃のパリが舞台のテレビアニメ。アントワネットは知らなかったが、彼女の父君ロートリンゲン公フランツ1世がフランスのオペラ座の歌姫との間に設けたシモーヌ・ロランという異母妹がいるという設定。

ゲーム[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当時のアンジュー通りの角で、寺院の敷地の外であり、パリ8区にある現在のマドレーヌ寺院とはかなり離れている。贖罪礼拝堂はその旧敷地の一部に、ルイ18世が兄夫妻の冥福を祈って建てさせたものである。
  2. ^ 1794年3月25日に墓地は閉鎖されていた。
  3. ^ セザリーヌ・フランク画を基にした、ルイ=シャルル・ルオット作のエングレービング版画

出典[編集]

  1. ^ a b 『フランス革命事典2 人物Ⅰ』フランソワ・フュレ/モナ・オズーフ、みすず書房、1998年12月10日、207-209頁。ISBN 9784622050339
  2. ^ リン・ハント『フランス革命と家族ロマンス』西川長夫・平野千果子・天野知恵子訳、平凡社、1999年6月20日、187-188頁。ISBN 4582744249
  3. ^ 『フランス革命事典2 人物Ⅰ』フランソワ・フュレ/モナ・オズーフ、みすず書房、1998年12月10日、210-220頁。ISBN 9784622050339
  4. ^ エマニュエル・ド・ヴァリクール『マリーアントワネットと5人の男 宮廷の裏側の権力闘争と王妃のお気に入りたち(上)』ダコスタ吉村花子訳、原書房、2020年10月25日、88-90頁。ISBN 9784562057962
  5. ^ エヴリン・ファー『マリー・アントワネットの暗号 解読されたフェルセン伯爵との往復書簡』ダコスタ吉村花子訳、河出書房新社、2018年8月30日。ISBN 9784309227351
  6. ^ 『フランス王妃列伝 アンヌ・ド・ブルターニュからマリー=アントワネットまで』阿河雄二郎/嶋中博章、昭和堂、2017年7月25日、252-257頁。ISBN 9784812216323
  7. ^ エマニュエル・ド・ヴァリクール『マリー・アントワネットと5人の男』ダコスタ吉村花子訳、原書房、2020年10月25日、123-125頁。ISBN 9784562057979
  8. ^ 『フランス王妃列伝 アンヌ・ド・ブルターニュからマリー=アントワネットまで』阿河雄二郎/嶋中博章、昭和堂、2017年7月25日、261-263頁。ISBN 9784812216323
  9. ^ 『12の場所からたどるマリー・アントワネット(下)』ジャン=クリスティアン・プティフィス、土居佳代子訳、原書房、2020年12月5日、101-102頁。ISBN 9784562058624
  10. ^ 『偉大な妻のかたわらで フランツ1世シュテファン伝(下)』ゲオルグ・シュライバー、谷沢書房、2003年5月15日、163頁。ISBN 4924347450
  11. ^ 『12の場所からたどるマリー・アントワネット(上)』ジャン=クリスティアン・プティフィス、原書房、2020年12月5日、39頁。ISBN 9784562058617
  12. ^ le mariage du dauphin louis et de marie-antoinette」Chateau Versailles
  13. ^ T・C・W・ブランニング『フランス革命』天野知恵子訳、岩波書店、2005年8月26日、68頁。ISBN 4000270982
  14. ^ 『フランス革命史〈文庫クセジュ〉』白水社、1992年、8頁。
  15. ^ T・C・W・ブランニング『フランス革命』天野知恵子訳、岩波書店、2005年8月26日、68-70,115。ISBN 4000270982
  16. ^ 『マリー・アントワネットとマリア・テレジア秘密の往復書簡』パウル・クリストフ、藤川芳朗訳、岩波書店、2002年9月26日、83-85頁。ISBN 4000248014
  17. ^ 藤本 2006, p. 126「はみ出し者」- p. 159「元旦のできこと」
  18. ^ 藤本 2010 [要ページ番号]
  19. ^ 『マリー・アントワネット フランス革命と対決した王妃』中公新書、2014年、37頁。
  20. ^ a b 『フランス王妃列伝 アンヌ・ド・ブルターニュからマリー・アントワネットまで』昭和堂、2017年、247頁。
  21. ^ 『12の場所でたどるマリー・アントワネット』ジャン=クリスティアン・プティフィス、土居佳代子訳、原書房、2020年12月5日、107,190。ISBN 9784562058617
  22. ^ 『ルイ十六世幽囚記』クレリ-, ジャック・ブロス、吉田春美訳、福武書店、1989年6月、132-134頁。ISBN 9784828811918
  23. ^ 『12の場所でたどるマリー・アントワネット(下)』ジャン=クリスティアン・プティフィス、土居佳代子訳、原書房、2020年12月5日、116-117頁。ISBN 9784562058624
  24. ^ a b 『12の場所からたどるマリー・アントワネット(下)』ジャン=クリスティアン・プティフィス、土居佳代子訳、原書房、2020年12月5日、117頁。ISBN 9784562058624
  25. ^ 『12の場所でたどるマリー・アントワネット(下)』ジャン=クリスティアン・プティフィス、土居佳代子訳、原書房、2020年12月5日、119頁。ISBN 9784562058624
  26. ^ エヴリン・ファー『マリー・アントワネットの暗号 解読されたフェルセン伯爵の往復書簡』ダコスタ吉村花子訳、河出書房新社、2018年8月20日、412頁。ISBN 9784309227351
  27. ^ 『12の場所でたどるマリー・アントワネット(下)』ジャン=クリスティアン・プティフィス、土居佳代子訳、原書房、2020年12月5日、133-137頁。ISBN 9784562058624
  28. ^ 『12の場所でたどるマリー・アントワネット(下)』ジャン=クリスティアン・プティフィス、土居佳代子訳、原書房、2020年12月5日、137-142頁。ISBN 9784562058624
  29. ^ 『フランス革命事典2 人物Ⅰ』フランソワ・フュレ/モナ・オズーフ、みすず書房、1998年11月30日、226-227頁。
  30. ^ リン・ハント『フランス革命と家族ロマンス』西川長夫・平野千果子・天野知恵子訳、平凡社、1999年6月20日、184-186頁。ISBN 4582744249
  31. ^ 足達, 正勝『マリー・アントワネット』中央公論新社、2014年9月25日、232頁。ISBN 9784121022868
  32. ^ 『12の場所でたどるマリー・アントワネット(下)』ジャン=クリスティアン・プティフィス、土居佳代子訳、原書房、2020年12月5日、142頁。ISBN 9784562058624
  33. ^ 高瀬英彦「マリー・アントワネットの遺言書:妹に宛てた最後の手紙」『大阪樟蔭女子大学学芸学部論集』第45号、大阪樟蔭女子大学、2008年1月、 247-255頁、 ISSN 18807887NAID 110006629127
  34. ^ 『12の場所でたどるマリー・アントワネット(下)』ジャン=クリスティアン・プティフィス、土居佳代子訳、原書房、2020年12月5日、142-144頁。ISBN 9784562058624
  35. ^ アリソン 1855, p. 157.
  36. ^ 作:シュテファン・ツヴァイク訳:高橋禎二秋山英夫『マリー・アントワネット (下)』岩波文庫、1980年改訳第1刷発行、344, 345頁より引用 ISBN 4-00-324372-2
  37. ^ 堀ノ内 & 千明 1992 p.89およびp.135
  38. ^ Wikisource reference Jean-Jacques Rousseau. Les Confessions (Rousseau). - ウィキソース. 
  39. ^ 仏大統領目指す政治家がマリー・アントワネットを思わせる発言” (日本語). www.afpbb.com. 2020年2月15日閲覧。
  40. ^ 『マリー・アントワネット フランス革命と対決した王妃』中公新書、2014年、21頁。
  41. ^ 『フランス王妃列伝 アンヌ・ド・ブルターニュからマリー・アントワネットまで』昭和堂、2017年、244頁。
  42. ^ 『マリー・アントワネット フランス革命と対決した王妃』中公新書、2014年、19-24頁。
  43. ^ 『フランス王妃列伝 アンヌ・ド・ブルターニュからマリー・アントワネットまで』昭和堂、2017年、244頁。
  44. ^ 『フランス王妃列伝 アンヌ・ド・ブルターニュからマリー・アントワネットまで』246、2017年。
  45. ^ 『マリー・アントワネット フランス革命と対決した王妃』中公新書、2014年、70頁。
  46. ^ 『フランス王妃列伝 アンヌ・ド・ブルターニュからマリー・アントワネットまで』昭和堂、2017年、248頁。
  47. ^ a b c 『フランス王妃列伝 アンヌ・ド・ブルターニュからマリー・アントワネットまで』昭和堂、2017年、249-256頁。
  48. ^ 『マリー・アントワネット フランス革命と対決した王妃』中公新書、2014年、69−74頁。
  49. ^ 『12の場所からたどるマリー・アントワネット(上)』ジャン=クリスティアン・プティフィス、土居佳代子訳、原書房、2020年12月5日、155頁。ISBN 9784562058617
  50. ^ 『マリー・アントワネット フランス革命と対決した王妃』中公新書、2014年、72-73頁。
  51. ^ 『フランス王妃列伝 アンヌ・ド・ブルターニュからマリー・アントワネットまで』昭和堂、2017年、249頁。
  52. ^ 『フランス王妃列伝 アンヌ・ド・ブルターニュからマリー・アントワネットまで』昭和堂、2017年、253頁。
  53. ^ a b 『マリー・アントワネット フランス革命と対決した王妃』中公新書、2014年、65頁。
  54. ^ 『フランス王妃列伝 アンヌ・ド・ブルターニュからマリー・アントワネットまで』昭和堂、2017年、254-257頁。
  55. ^ 『マリー・アントワネットと5人の男(下)』原書房、2020年10月25日、83頁。ISBN 9784562057979
  56. ^ 佐伯 2010 [要ページ番号]
  57. ^ 『ビジュアル百科 世界史1200人 1冊で丸わかり』145頁。
  58. ^ カストロ 1972a, p. 211.
  59. ^ 『マリー・アントワネット 華麗な遺産が語る王妃の生涯』原書房、2015年3月14日、60頁。ISBN 9784562051410
  60. ^ マリー・アントワネット 154cm? 山梨の歴史研究家 肖像画から身長解析『読売新聞』2010年8月18日29面
  61. ^ カストロ 1972b, p. 298.
  62. ^ Erickson 1991, p. 177.
  63. ^ カストロ 1972b, pp. 5, 185-187.
  64. ^ カストロ 1972b, p. 186.
  65. ^ 『マリー・テレーズ』恐怖政治の子供、マリー・アントワネットの娘の運命 スーザン・ネーゲル著 2009年 近代文学社 P268
  66. ^ ネーゲル P122,124,171
  67. ^ ネーゲル p106,138,333
  68. ^ 森永長壹郎「同志社英学校と森永西洋菓子製造所 : 創始者たちの帰国より死に至るまで」『新島研究』第103号、同志社大学同志社社史資料センター、2012年2月、 27-47頁、 doi:10.14988/pa.2017.0000013039ISSN 0287-5020NAID 110009559006

外部リンク[編集]

マリー・アントワネット

1755年11月2日 - 1793年10月16日

フランスの君主
先代:
マリー・レクザンスカ
フランス王妃英語版・ナバラ王妃
1774年5月10日–1792年9月21日
ナバラ王妃は1791年まで在位
1791年以降:フランス人の王妃
空位
次代の在位者
ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ
フランス皇后英語版として
請求称号
称号喪失
— 名目上 —
フランス王妃英語版
1791年9月4日 – 1793年1月21日
次代:
マリー・ジョゼフィーヌ