ガルニエ宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガルニエ宮
Pari Opera outside.jpg
情報
用途 歌劇場、バレエ・ホール
設計者 シャルル・ガルニエ
建築主 ナポレオン3世
構造形式 ネオ・バロック様式
敷地面積 11,237m2
階数 6
高さ 82m(地表-屋上アポロン像の先)
着工 1862年7月21日
竣工 1875年1月15日
改築 1964年(シャガールの天井画を取り付け)
所在地 パリ9区オペラ広場
テンプレートを表示

ガルニエ宮(Palais Garnier)は、フランスの首都パリにある歌劇場である。単にオペラ座(l'Opéra)と呼ばれることもある。パリ国立オペラの公演会場の一つである。

歴史[編集]

完成までの経緯[編集]

フランスの王立オペラの歴史は1669年にさかのぼる。作曲家ロベール・カンベール(Robert Cambert)と組んで宮廷オペラを作っていた詩人ピエール・ペラン(Pierre Perrin)の請願が、財務総監コルベールの仲立ちでルイ14世に許可され、『音楽アカデミー』ができたのである。この名称は時代とともに、政治体制とともに変わった[1]

パリの王立ないし国立のオペラ劇団が公演する劇場も転々と変わり、ガルニエ宮は13代目である。それまでの劇場は、ルーヴル美術館フランス革命までは『ルーヴル宮』)の中や隣だったことも、約1.5km離れていたこともあった[2]

1800年12月、第一統領だったナポレオン・ボナパルトが爆弾に見舞われたのは、8代目のテアトル・デ・ザール(fr:Théâtre des Arts)への途次であった。1858年1月14日ナポレオン3世が爆弾を投げられたのは、11代目のサル・ル・ペルティエ(fr:Salle Le Peletier)の正面であった。これを機に、以前からの新オペラ座建設計画が1860年9月29日の政令で具体化し、同年12月29日、ナポレオン3世の第二帝政を称える記念碑的建造物の設計が公募された。

折から、セーヌ県知事オスマンパリ市街区の整理再構築(パリ改造)が進行中で、建設用地は取り払われ空き地となる現在地と決まっていた。

171の応募の中に一等賞はなく、佳作が6件であった。その中からシャルル・ガルニエの案が採択され、1862年7月21日に最初の礎石が置かれた。

1874年12月に工事を終え、1875年1月5日に落成式が行われた。この劇場は設計者の名から「ガルニエ宮」と呼ばれることとなった。

着工から完成までの十余年間のフランスには、1867年メキシコ出兵の失敗、1870年普仏戦争の敗戦とナポレオン3世の亡命(翌年没)、1871年パリ・コミューン第三共和制の発足などの大事件が多く、新劇場の工事を休むこともあった。

外観および内装はネオ・バロック様式の典型と言われ、たくさんの彫刻を飾り、華美な装飾を施した豪華絢爛たるものである。また建材には当時、最新の素材とされていたを使用した。これによって、従来不可能とされていた巨大な空間を確保することに成功した。2167の座席が5階に配分されており、観客収容規模でも当時最大の劇場であった。

なお、ガルニエ宮正面からパレ・ロワイヤルへ直に南下するオペラ座大通り(fr:Avenue de l'Opéra)は、この建設工事の一環として開かれた。

完成後[編集]

第二次世界大戦中ドイツ軍の占領下では、ドイツ軍の管理下で営業を続けた。1964年以降、劇場の天井画はマルク・シャガールによるものが飾られて、現代的な新味も盛り込まれている。

1989年には新しいオペラ劇場としてオペラ・バスティーユ(Opéra Bastille)が完成し、以来ガルニエ宮では、バレエと小規模オペラ、管弦楽コンサートを中心とした運用が行われている。

補足[編集]

  • 第二次世界大戦のドイツ軍のパリ入城が、1940年6月14日。休戦条約を結んだのが22日。その翌日の1940年6月23日アドルフ・ヒトラーがひそかに、パリ日帰り観光をし、巡行の最初がガルニエ宮であった。内部構造に詳しいことを自慢したという。留守番役のセルジュ・リファールは、外出していたのに『対独協力』を疑われたという。
  • オルセー美術館にはガルニエ宮関係の次の3点の収蔵品がある。
  • ミュージカルでも有名な小説『オペラ座の怪人』の舞台はこの劇場であるが、これはこの劇場が観客のみならず、舞台を演じる楽団員にとっても、もてあますほど巨大な空間を擁していたことから、「得体の知れない怪人が潜んでいるのではないか」という噂に着想して、ガストン・ルルーによって書かれた。地下の馬小屋を増築中に水脈にぶち当たって水没した部屋がある(現在は小道具や賄い用の魚を飼育している模様)、オペラ座は下水道の真上にある、実際にシャンデリアの部品の落下事故が起きた、などの史実を取り込んだ部分がある。
  • 道具係が小道具としてを飼育するために作った蜂の巣箱を屋上に置いている。周りに庭園並木道が多いため、蜂たちの住み心地は良いようである。このガルニエ宮の屋根に住み着いた蜂によって作られる蜂蜜フォションFauchon)社によって“オペラ座の蜂蜜”(Le Miel Recolte sur les toits de l'Opera de Paris)として販売され、ガルニエ宮の土産物の一つとして出演者や観客に喜ばれている。
  • エントランスの豪華さは世界の歌劇場でも最高峰に位置する。ただし、あまりにも豪華な入り口に対し公演そのものは標準的(しばしばオーケストラの弱体を批判されることもあった)なため、見かけ倒しと酷評されたこともある(堀内修「オペラ歳時記」講談社)。

[編集]

  1. ^ パリ国立オペラ#劇団名の変遷を参照
  2. ^ パリ国立オペラ#世界初演とそのときの劇場を参照。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 河盛好蔵:オペラ座の話(『パリ物語』中の一篇)、旺文社文庫 (1984) ISBN 4-01-064278-5
  • 竹原正三:パリ・オペラ座、芸術現代社 (1994) ISBN 4-87463-118-5

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯48度52分19秒 東経2度19分54秒 / 北緯48.87194度 東経2.33167度 / 48.87194; 2.33167