福井憲彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福井 憲彦(ふくい のりひこ、1946年11月26日 - )は、日本歴史学者学習院大学兼任教授。学習院大学学長(第11代)。専門はヨーロッパ近代史、フランス史。ヨーロッパ現代の歴史学、特にアナール学派の紹介者として知られる。

経歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『時間と習俗の社会史』(新曜社, 1986年/筑摩書房ちくま学芸文庫], 1996年)
  • 『「新しい歴史学」とは何か―アナール派から学ぶもの』(日本エディタースクール出版部, 1987年/講談社講談社学術文庫], 1995年)
  • 『鏡としての歴史──現在へのメッセージを読む』(日本エディタースクール出版部, 1990年)
  • 『歴史学の現代』(放送大学教育振興会, 1997年)
  • 『世紀末とベル・エポックの文化』(山川出版社[世界史リブレット], 1999年)
  • 『近代ヨーロッパ史』(放送大学教育振興会, 2005年/筑摩書房[ちくま学芸文庫], 2010年6月)
  • 『ヨーロッパ近代の社会史―工業化と国民形成』(岩波書店, 2005年)
  • 『歴史学入門』(岩波書店, 2006年)
  • 『興亡の世界史(13)近代ヨーロッパの覇権』(講談社、2008年/講談社学術文庫、2017年10月)。編集委員

共著[編集]

  • 五十嵐武士)『世界の歴史(21)アメリカとフランスの革命』(中央公論社, 1998年/中公文庫, 2008年)
  • 陣内秀信)『地中海都市周遊――カラー版』(中央公論新社[中公新書], 2000年)
  • 学習院大学文学部史学科)『歴史遊学 史料を読む』(山川出版社, 2001年)
  • 稲葉宏爾)『パリ――建築と都市』(山川出版社, 2003年)

編著[編集]

  • 『歴史のメトドロジー』(新評論, 1984年)
  • 『革命期・19世紀 パリ市街地図集成』(柏書房, 1995年)
  • 『歴史の愉しみ・歴史家への道――フランス最前線の歴史家たちとの対話』(新曜社, 1995年)
  • 『世界各国史(12)フランス史』(山川出版社, 2001年)

共編著[編集]

  • 二宮宏之樺山紘一)『アナール論文選(1)魔女とシャリヴァリ』(新評論, 1982年)
  • (二宮宏之・樺山紘一)『アナール論文選(2)家の歴史社会学』(新評論, 1983年)
  • 北原敦木村靖二藤本和貴夫)『ヨーロッパ近代史再考』(ミネルヴァ書房, 1983年)
  • 桑田禮彰山本哲士)『ミシェル・フーコー 1926-1984――権力・知・歴史』(新評論, 1984年)
  • (二宮宏之・樺山紘一)『アナール論文選(3)医と病い』(新評論, 1984年)
  • (二宮宏之・樺山紘一)『アナール論文選(4)都市空間の解剖』(新評論, 1985年)
  • 近藤和彦)『歴史の重さ――ヨーロッパの政治文化を考える』(日本エディタースクール出版部, 1991年)
  • 柴田三千雄・樺山紘一)『フランス史(全3巻)』(山川出版社, 1995年-1996年)
  • 佐藤次高)『地域の世界史(6)ときの地域史』(山川出版社, 1999年)
  • (陣内秀信)『都市の破壊と再生――場の遺伝子を解読する』(相模書房, 2000年)
  • 綾部恒雄)『アソシアシオンで読み解くフランス史』(山川出版社, 2006年)

訳書[編集]

テレビ出演[編集]

  • NHK教育セミナー『歴史で見る世界』(NHK教育テレビ、2003年~2004年)

出典[編集]

  1. ^ 選択」編集部編『日本の聖域 ザ・タブー』(新潮社(新潮文庫)、2016年)pp.48