安田元久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

安田 元久(やすだ もとひさ、1918年10月19日[1] - 1996年1月23日[1])は、日本の歴史学者。元学習院大学学長文学博士東京大学、1962年)。専門は日本中世史・鎌倉時代史研究。

略歴[編集]

広島県広島市出身。東京府立第一中学校静岡高等学校卒業[1]。1947年、東京帝国大学文学部国史学科卒業[1]

東京大学文学部助手[1]を経て、1954年、北海道大学文学部助教授[1]。1963年、学習院大学文学部教授[1]。1985年から1989年まで、学習院大学学長[1]。1989年、学習院大学名誉教授[1]

祖父は関東大震災時の戒厳司令官福田雅太郎大将、父は陸軍軍人で「神兵隊事件」に関わったとされる安田銕之助中佐。

皇太子徳仁親王の論文指導などにあたっている。

著書[編集]

  • 『初期封建制の構成』 国土社、1950年
  • 『日本荘園史概説』 吉川弘文館、1957年
  • 『日本全史 中世1』 東京大学出版会、1958年
  • 源頼朝弘文堂、1958年
  • 『地頭及び地頭領主制の研究』 山川出版社、1961年
  • 北条義時(人物叢書)』 吉川弘文館、1961年
  • 武士団塙書房、1964年
  • 守護と地頭』 至文堂、1964年
  • 鎌倉幕府 その実力者たち』 人物往来社、1965年
  • 源義経』 人物往来社、1966年
  • 源義家(人物叢書)』 吉川弘文館、1966年
  • 源平の争乱筑摩書房、1966年
  • 平家の群像』 塙書房、1967年
  • 『国民の歴史7 源平の相剋』 文英堂、1968年
  • 平清盛』 清水書院、1971年
  • 『武士世界の序幕』 吉川弘文館、1973年
  • 『日本の歴史7 院政と平氏』 小学館、1974年
  • 『院政と源平合戦』 ポプラ社、1975年
  • 『日本初期封建制の基礎研究』 山川出版社、1976年
  • 『鎌倉開府と源頼朝』 教育社、1977年
  • 『鎌倉執権政治』 教育社、1979年
  • 『鎌倉御家人』 教育社、1981年
  • 『武蔵の武士団』 有隣堂、1984年
  • 『武士世界形成の群像』 吉川弘文館、1986年
  • 後白河上皇(人物叢書)』 吉川弘文館、1986年
  • 『日本史史料の解法』 洛陽社、1987年
  • 『駘馬の道草 大正末期・昭和初期の激動と前半生の自伝』 吉川弘文館、1989年
  • 『鎌倉・室町人名辞典コンパクト版』、1990年

参考文献[編集]

  • 新田英治「安田元久・壽子の訃(学界消息)」、『日本歴史』第577号、吉川弘文館、1996年、 205頁。

脚注[編集]