児玉幸多

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

児玉 幸多(こだま こうた、1909年明治42年〉12月8日 - 2007年平成19年〉7月4日)は、「日本近世農村・交通史の泰斗」と呼ばれた文学博士。学習院大学名誉教授、学習院大学元学長、学習院女子短期大学元学長、品川区立品川歴史館名誉館長、千曲市名誉市民

経歴・人物[編集]

長野県更級郡稲荷山町(現在の千曲市稲荷山)生まれ。

旧制東京府立第二中学旧制成蹊高等学校[1]を経て、1932年昭和7年)3月に東京帝国大学国史学科を卒業[2]1961年3月、「近世宿駅制度の研究」により、東京大学から文学博士の学位を授与される[3]

第七高等学校造士館教授を経て[4]1938年(昭和13年)4月学習院教授[5]1950年(昭和25年)3月学習院大学教授、学習院大学文学部史学科主任、学習院女子短期大学学長を経て、学習院大学学長を務める。1980年(昭和55年)3月の定年退職後、品川歴史館館長、江戸東京博物館初代館長(1993年 - 1996年)などを歴任[5]

出生地で少年期を過ごした稲荷山町は、江戸時代の善光寺街道最大の宿場町として、かつ明治期まで商都としても栄えた街で、その農村部で育つ。この地は、共に善光寺街道として知られる北国街道北国西街道の事実上の合流点であり、善光寺街道から谷街道が分岐する交通の要衝でもあった。その影響もあって、東京帝国大学文学部国史学科の卒業論文は「近世初頭における農村の発達」であり、その後も近世の「農村」や「交通史」を研究の中心として、1947年(昭和22年)に初の著書となる『江戸時代の農民生活』を刊行する。

日本近世史の交通史や農村史研究の分野では第一人者となり、日本書籍の中学校用歴史教科書を執筆していた。また、青少年のための学習漫画『少年少女日本の歴史』(小学館刊行)などの執筆やくずし字解読辞典の執筆などもしている。

学習院大学では史学の教育・研究に尽力。戦後学習院大学が新制大学として発足する際、当初史学科を設置する予定であったが、連合国軍総司令部(GHQ)に「皇国史観を広める」との誤解を受けたため設置を禁止される。占領終了後から末松保和らとともに史学科の設置準備に当たり、1961年に学科が発足すると同大学政経学部から転属し、学科主任に就任した。

1996年、『馬の文化叢書』でJRA賞馬事文化賞を受賞、同年に日本学士院会員に選出された。日本歴史学会会長、地方史研究協議会会長、交通史研究会会長も務めた[5]

昭和天皇今上天皇などに日本史を講義する皇室教育にも携わった。2001年12月7日、敬宮愛子内親王の「命名の儀」に先立ち、新宮の文運と健康を願って行われる皇室儀式「浴湯(よくとう)の儀」に91歳の高齢ながら「読書役(とくしょやく)」として束帯姿で参列。儀式は同日午前宮内庁病院内で行われ、新宮が浴殿に参入すると、鳴弦の中『日本書紀』の一節を朗読した[6]

2007年、多臓器不全のため東京都武蔵野市の病院で死去。享年97。

編著書[編集]

単著[編集]

  • 江戸時代の農民生活 大八洲出版 1947。改題「近世農民生活史」1951
  • 日本の歴史 筑摩書房 1952(中学生全集)
  • 近世農村社会の研究 吉川弘文館 1953
  • 近世宿駅制度の研究-中山道追分宿を中心として 吉川弘文館 1957
  • 佐倉惣五郎 吉川弘文館(人物叢書)1958、新版1985
  • 宿駅 至文堂(日本歴史新書)1960、新版1983
  • 日本史 筑摩書房(グリーンベルト) 1965
  • 日本の歴史16 元禄時代 中央公論社、1966、中公文庫 1974、改版2005。企画委員
  • 日本の歴史18 大名 小学館、1975、「日本史の社会集団4 大名」同文庫 1990
  • 宿場と街道 五街道入門 東京美術 1986
  • 近世交通史の研究 筑摩書房 1986
  • 中山道を歩く 中央公論社 1986、中公文庫 1988

共編 等[編集]

  • 日本史地図 吉川弘文館 1956
  • 物語藩史 北島正元と共編、人物往来社 1964
  • 近世農政史料集 大石慎三郎と共編 吉川弘文館 1966
  • 大名列伝 木村礎と共編 人物往来社 1967
  • 近世交通史料集(全10巻) 吉川弘文館、1967-1980、のちオンデマンド版
  • 日本の名著26 二宮尊徳 中央公論社、1970、のち中公バックス

編さん[編集]

  • くずし字解読辞典』 近藤出版社、1970、東京堂出版 1993
  • 『近世史ハンドブック』 近藤出版社、1972
  • 日本城郭大系』(全20巻)新人物往来社 1980 監修
  • 『くずし字用例辞典』 近藤出版社、1981、東京堂出版、1993
  • 常用漢字行草辞典』東京堂出版、1993
  • 『漢字くずし方辞典』東京堂出版、1993
  • 『古文書の語る日本史』(全7巻)筑摩書房 監修
  • 『少年少女まんが日本の歴史』(全23巻)小学館 監修
  • 『まんが人物日本の歴史』(全12巻)小学館 総監修

記念論集[編集]

  • 児玉幸多先生古稀記念会 編『日本近世交通史研究』(吉川弘文館、1979年)
  • 児玉幸多先生古稀記念会 編『幕府制度史の研究』(吉川弘文館、1983年)
  • 吉川弘文館『日本歴史』2007年12月号 No.715 ISSN 0386-9164 歴史手帖・児玉先生を偲ぶ

など多数。

家族[編集]

  • 児玉茂幸 - 長男。富士急行観光前取締役社長

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 成蹊高等学校一覧 昭和3年度』 成蹊高等学校、1929年、59頁。 
  2. ^ 3月31日学士試験合格(『官報』第1602号、昭和7年5月6日、p.134
  3. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年8月13日閲覧。
  4. ^ 第七高等学校造士館編『第七高等学校造士館一覧 自昭和11年4月至昭和12年3月』第七高等学校造士館、1936年、p.97
  5. ^ a b c 増田廣實「児玉幸多先生をお偲びして」、『交通史研究』第63巻、交通史学会、2007年、 1-2頁、 doi:10.20712/kotsushi.63.0_1
  6. ^ 椎谷, 哲夫 『敬宮愛子さまご誕生 宮中見聞記』 明成社、2002年、初版第二刷、143-152頁。ISBN 4-944219-10-5

参考文献[編集]

外部リンク[編集]