佐藤次高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤 次高さとう つぎたか
人物情報
生誕 (1942-08-27) 1942年8月27日
日本の旗 日本
死没 2011年4月11日(2011-04-11)(68歳)
学問
研究分野 中世アラブ社会史
研究機関 東京大学東洋文化研究所
お茶の水女子大学
東京大学
早稲田大学
東洋文庫
学位 文学博士(東京大学)
主な受賞歴 流沙海西奨学会賞(1973年)
恩賜賞・日本学士院賞(2000年)
テンプレートを表示

佐藤 次高(さとう つぎたか、1942年8月27日 - 2011年4月11日[1]は、日本歴史学者。専門はアラブイスラーム史。学位は、文学博士東京大学論文博士・1981年)(学位論文「アラブ中世社会史研究」)[2])。東京大学名誉教授。東洋文庫研究部長、日本中東学会会長、史学会理事長、早稲田大学文学学術院教授などを歴任[3]。1973年流沙海西奨学会賞受賞[4]。2000年恩賜賞日本学士院賞受賞[5]

略歴[編集]

  • この間、1981年に「アラブ中世社会史研究」で東京大学より文学博士学位を取得[2]。この学位論文を加筆、訂正のうえ出版したものが『中世イスラム国家とアラブ社会―イクター制の研究』(佐藤 1986)[7]
  • 1997年から日本中東学会会長(-2001年)、史学会理事長(-1998年)、第一次「イスラーム地域研究」のプロジェクトリーダー(-2002年)をつとめる[3][8]
  • 2011年4月日本学術振興会 アジア・アフリカ学術基盤形成事業[14]「イスラームと多元文化主義―イスラームとの共生に向けた基礎的研究」実施組織代表者・コーディネーター[3][15]となるが、4月11日前立腺がんのため死去[16]。68歳没。

ウイグル人留学生 トフティ[編集]

  • 1998年2月中国当局に逮捕されたトフティの指導教官が佐藤であった。トフティは1995年から博士課程に在籍し[17]、論文作成の史料収集にウルムチを訪れた数週間後に拘束された[18]。佐藤をはじめとする支援者らは釈放と復学に奔走したが[19]、懲役11年の実刑判決となる。この間、何度もウルムチの監獄を訪れ近況を聞き、日本在住の家族への支援にもつとめた。2009年釈放の日、佐藤ら日本人支援者はウルムチの監獄前で面会を待つがかなわず[20]、2010年北京にて再会を果たす[21]。中国からの出国はできず復学はかなわなかったトフティだが、2013年北京にて著作を出版:中世纪维吾尓社会チュウセイキ ウイグル シャカイ人民出版社、2013年4月。ISBN 978-7010119090NCID BB13787911  [22]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

  • 『イスラム・社会のシステム』(筑摩書房〈講座イスラム 3〉1986年)ISBN 978-4480357038
  • Islamic Urbanism in Human History: Political Power and Social Networks (Kegan Paul International, London, 1997) ISBN 978-0710305602 . NCID BA3779403X 
  • 『西アジア史Ⅰ アラブ』(山川出版社〈新版 世界各国史 8〉2002年)ISBN 978-4634413801
  • 『キーワードで読むイスラーム―歴史と現在』(山川出版社〈アジア理解講座 2〉2003年)ISBN 978-4634474208
  • 『イスラーム地域研究の可能性』(東京大学出版会、2003年)ISBN 978-4130341813
  • Muslim Societies: Historical and Comparative Aspects (RoutledgeCurzon, London, 2004) ISBN 978-0415332545 . NCID BA6718413X 

共編著[編集]

訳書[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c 三浦徹 2011, p. 108.
  2. ^ a b CiNii 博士論文
  3. ^ a b c d e 年譜・主要著作 2012.
  4. ^ 受賞論文「12〜14世紀のエジプト農村社会と農民:ファッラーフーンの農業生産と農業生活の様式」『東洋文化研究所紀要』59, 1973年, pp.1-107:(経歴と業績)/1978年(アジア文化史論叢 2)に論文収録
  5. ^ 受賞研究題目 (State and Rural Society in Medieval Islam):第90回(平成12年6月12日)日本学士院
  6. ^ 佐藤次高 サトウ ツギタカ)”. researchmap (2011年1月21日). 2022年8月10日閲覧。」では1990年と記載
  7. ^ a b 佐藤次高護雅夫先生を想う」『東方學 第九十四輯』、東方學會、1997年7月, p.149。
  8. ^ 小松久男 2012, p. 8-9.
  9. ^ 経歴と業績.
  10. ^ 湯川武 2012, p. 1-2.
  11. ^ NIHUプログラム イスラーム地域研究 - 文部科学省早稲田大学 総合研究機構
  12. ^ 佐藤次高「イスラーム地域研究─歴史と展望」『イスラーム地域研究ジャーナル』創刊号 Vol.1、早稲田大学イスラーム地域研究機構、2009年、 1-8頁。
  13. ^ 2008年設立 2019年3月31日閉鎖:早稲田大学イスラーム地域研究機構 2019
  14. ^ 事業のご案内:日本学術振興会
  15. ^ 平成23年度 実施計画書:日本学術振興会
  16. ^ 佐藤次高・早稲田大教授が死去 - 日本経済新聞(2011年4月12日 )(2022年7月閲覧)
  17. ^ PEN AMERICA
  18. ^ Cai Jiquan (2003年2月17日). “Prisoner Profile(囚人プロフィール):Tohti Tunyaz”. HRIC:Human Rights in China 中国人权. 2022年8月10日閲覧。
  19. ^ トフティさんの復学を求める会”. 2012年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月10日閲覧。
  20. ^ 東大留学中に中国が投獄 トフティー氏 11年ぶり釈放”. 世界ウイグル会議(東京新聞 2009年2月10日 夕刊). 2022年8月10日閲覧。
  21. ^ 小松久男 2012, p. 8.
  22. ^ 诗银老黄 (2021年8月12日). “简评《中世纪维吾尔社会》”. 2022年8月10日閲覧。」の執筆者は、日本留学した際に出会った 佐藤次高小松久男梅村坦ら著名なイスラーム史学者の「優れた学問的業績を吸収した」と記している
  23. ^ a b 書評:三浦徹」『法制史研究』第1998巻第48号、法制史学会、1998年、 269-274頁、 doi:10.5955/jalha.1998.269
  24. ^ イブラーヒーム・ブン=アドハムの伝記がどのように変遷・発展していったかについての論考:東長靖 (2010年3月). “クシャイリー『クシャイリーの論攷』より「スーフィー列伝」解題・翻訳ならびに訳注”. 京都大学イスラーム地域研究センター. pp. 406. 2022-08-101閲覧。
  25. ^ 内容細目:国立国会図書館書誌ID:000001396536
  26. ^ 三浦徹researchmap 更新日 2020/09/02
  27. ^ 三浦徹 著者略歴:岩波書店

参考文献[編集]

外部リンク[編集]