柴田三千雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柴田 三千雄(しばた みちお、1926年10月 - 2011年5月5日[1])は西洋史学者。東京大学名誉教授

略歴[編集]

京都市生まれ。1948年東京大学文学部西洋史学科卒業。

1957年東京大学文学部西洋史助教授、1968年教授、文学部長、1987年定年退官、フェリス女学院大学教授を務めた。

専門はフランス革命の研究を中心とする社会史、政治史。史学会理事長。高校教科書『世界の歴史』『新世界史』『現代の世界史』を編集執筆。1992年紫綬褒章

2011年5月5日、肺炎のため死去。84歳没[1]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『フランス絶対王政論』(御茶の水書房, 1960年)
  • バブーフの陰謀』(岩波書店, 1968年)
  • 『パリ・コミューン』(中央公論社[中公新書], 1973年)
  • 『近代世界と民衆運動』(岩波書店, 1983年/岩波モダンクラシックス, 2001年)
  • 『パリのフランス革命』(東京大学出版会, 1988年)
  • 『フランス革命』(岩波書店, 1989年/岩波現代文庫, 2007年)
  • 『フランス史10講』(岩波書店[岩波新書], 2006年)
  • 『フランス革命はなぜ起こったか 革命史再考』 福井憲彦, 近藤和彦編(山川出版社, 2012年) 

共著[編集]

編著[編集]

  • 『カレンダー世界史――一日一史話』(岩波書店[岩波ジュニア新書], 1982年)

共編著[編集]

訳書[編集]

  • ジョルジュ・ルフェーヴル『フランス革命と農民』(未來社, 1956年)
  • ジョルジュ・ルフェーヴル『1789年――フランス革命序論』(岩波書店, 1975年/岩波文庫, 1998年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 訃報:柴田三千雄さん84歳=東大名誉教授、フランス史 - 毎日jp(毎日新聞)