成瀬治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

成瀬 治(なるせ おさむ、1928年3月8日 - 2016年8月26日[1])は、日本の歴史学者東京大学名誉教授。専門は中近世ドイツ史、ヨーロッパ近代政治思想史、近世国制史、マルティン・ルターらキリスト教思想史。ドイツ文学者の成瀬無極は父[2]

来歴[編集]

東京大学文学部西洋史学科卒業、1958年北海道大学助教授、1968年東京大学文学部助教授、1973年教授、1989年定年退官、名誉教授。

著書[編集]

単著[編集]

共著・編著・監修[編集]

  • 『近代史における政治と思想』 柴田三千雄と共編 山川出版社、1977
  • 『近代国家形成の諸問題』 吉岡昭彦と共編 木鐸社、1979
  • 『カラー世界史百科』 ヘルマン・キンダー、ヴェルナー・ヒルゲマン著、監修、平凡社、1978、増補版1985
  • 『ドイツ現代史(世界現代史)』 黒川康伊東孝之と共著、山川出版社、1987
  • 『世界史テーマ学習80』 佐藤次高と共同監修 山川出版社、1991
  • 『要説世界史――世界史A教授資料』 江上波夫ほかと共著 山川出版社、1995
  • 『高校世界史――世界史B教授資料』 江上波夫ほかと共著 山川出版社、1995
  • 『ドイツ史1・2・3(世界歴史体系)』 山田欣吾木村靖二と共編 山川出版社、1996-1997
  • 『理解しやすい世界史B――教科書マスターから受験対策まで』竺沙雅章と共編 文英堂、2001

翻訳[編集]

  • カール・バルト『ヒューマニズム――他二篇』新教出版社、1951
  • アレクサンダー・アブッシュ『ドイツ――歴史の反省』筑摩書房、1955
  • マンデス・フランス、ガブリエル・アルダン『経済学と経済政策』日本経済新聞社、1956
  • ブルクハルト、リンゼイ『ルネサンス――宗教改革史(少年少女世界の歴史4)』あかね書房、1969
  • H.ヘルビック『ヨーロッパの形成――中世史の基本的諸問題』岩波書店、1970
  • H.カメン『寛容思想の系譜』平凡社、1970
  • O. ヒンツェ『身分制議会の起源と発展』創文社、1975
  • F.ハルトゥング『ドイツ国制史――15世紀から現代まで』岩波書店、1980
  • F.ハルトゥングほか『伝統社会と近代国家』岩波書店、1982
  • ハンス=エーベリング、ウォルフガング=ビルケンフェルト『西ドイツ――その人々の歴史』帝国書院、1982
  • ウルリヒ・イム・ホーフ『啓蒙のヨーロッパ』平凡社、1998

脚注[編集]

  1. ^ Agency, Japan Science and Technology. “成瀬治先生の訃報 - researchmap” (日本語). researchmap.jp. 2018年8月17日閲覧。
  2. ^ NetCommons「インタビュー:成瀬治氏に聞く/企画・聞き手・採録:橋場弦」『クリオ = Clio : a journal of European studies』第1巻、1986年11月30日。