竺沙雅章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
竺沙 雅章
人物情報
生誕 1930年3月14日
日本の旗 日本 京都府
死没 (2015-10-02) 2015年10月2日(85歳没)
出身校 京都大学文学部
学問
研究分野 東洋史(中国史・中国仏教史)
研究機関 京都大学、大谷大学
テンプレートを表示

竺沙 雅章(ちくさ まさあき、1930年3月14日 - 2015年10月2日)は、日本東洋史学者京都大学名誉教授

経歴[編集]

京都府船井郡三ノ宮村(現:京丹波町)粟野の曹洞宗[1]無動寺に生まれる、初名は幹雄。三ノ宮国民学校六年の時得度し雅章。

1943年旧制園部中学で入学し、1949年新制の京都府立園部高等学校を卒業[2]1953年京都大学文学部卒、同大学院、1958年単位取得退学、京都大学人文科学研究所助手(司書系)、同研究所助教授から、1968年京都大学文学部助教授(教授佐伯富佐藤長萩原淳平)。

1980年「宋代仏教社会史研究」で京大文学博士1981年島田虔次退官後同教授1989年谷川道雄退官を受けて教室主任、1993年3月定年退官、名誉教授、同4月大谷大学教授。2001年退任[3]。中国仏教史研究会を組織し、研究活動を続けた[4]

著書[編集]

出典[編集]

  1. ^ 竺沙雅章「公開講演 遼代の仏教とその影響」『駒沢大学仏教学部論集』第31号、駒澤大学仏教学部、2000年、 57-75頁、 ISSN 0389990XNAID 110007019427
  2. ^ http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/tanba/78.html
  3. ^ 吉本道雅「竺沙雅章先生の訃」東方学 131輯、東方学会、2016
  4. ^ 尾崎雄二郎戸川芳郎と編者代表で『中国文化史大事典』大修館書店、2013年