横山正彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

横山 正彦(よこやま まさひこ、1917年(大正6年)4月20日 - 1986年(昭和61年)3月8日)は、日本の経済学者。旧姓は伊藤

経歴[編集]

長野県上伊那郡高遠町(現伊那市)出身。旧制伊那中学(長野県伊那北高等学校)、松本高等学校文科乙類を経て、1941年東京帝国大学経済学部卒。

大河内一男マルクス主義経済学を学ぶ。社団法人銀行調査会事務局調査課、全国金融調査会調査部調査課勤務、1946年東大経済学部助教授、1955年教授、1961年「重農主義分析」で経済学博士。1978年定年退官、名誉教授、1982年駒澤大学教授。日本科学者会議の設立に参加した。

著書[編集]

  • 『経済学の基盤』東京大学出版会、1955、東大学術叢書
  • 『重農主義分析』岩波書店、1958
  • 『経済学と根本理念 マルクス経済学と私』学文社、1967

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • ドイツ対外政策研究所編『現代英吉利経済の分析』大河内一男共訳、国際書房、1943
  • ジョン・イートン『経済学 マルクス経済学教程 上巻』新評論社、1953
  • ジョン・イートン『経済学入門 マルクス経済学教程』新評論社、1954、のち青木文庫
  • マンデス・フランス、ガブリエル・アルダン『経済学と経済政策』森有正成瀬治共訳、日本経済新聞社、1956
  • マルクス『賃金,価格,利潤』大月書店 国民文庫、1965

記念論文集[編集]

  • 『経済学における理論・歴史・政策 横山正彦先生還暦記念』金子ハルオほか編、有斐閣、1978

参考[編集]