見田石介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

見田 石介(みた せきすけ、1906年4月23日 - 1975年8月9日)は、日本哲学者マルクス主義経済学者、ヘーゲル研究者。

人物[編集]

旧姓甘粕、筆名佐竹 恒有瀬木 健[1]島根県津和野出身。1930年京都帝国大学文学部哲学科卒業[2]1941年日本大学予科教授、1951年愛知大学教授、1961年大阪市立大学教授、1971年日本福祉大学教授を歴任。唯物論研究会会員。元民主主義科学者協会幹事。

1932年唯物論研究会に参加。1933年機関誌『唯物論研究』に執筆開始。1947年民主主義科学者協会哲学部会機関誌『理論』の編集代表者となり1950年6月まで継続させる[3]1968年4月より1969年3月まで大阪市立大学経済研究会会長[4]1973年12月からは雑誌『唯物論』編集委員会の顧問をつとめた。

1933年の結婚より妻の姓を名乗る。憲兵大尉甘粕正彦は従兄弟。社会学者の見田宗介(真木悠介)は息子。漫画家の見田竜介は孫。門下に上野俊樹林直道など。

1975年8月9日、関西勤労者教育協会による「哲学ゼミナール」に出講、帰宅後急逝した[5]。死因は心筋梗塞。69歳没。

思想[編集]

唯物論[編集]

小林多喜二の「一九二八年三月一五日」を読んで、唯物論が人間の魂の内部に滲透することを悟り唯物論者になる[5]

1933年から1938年までの『唯物論研究』および後続誌『学藝』への甘粕石介名での執筆は、「ヘーゲル哲学の環境」、「天才と社会」、「美学か芸術学かー城北氏へのお答へー」、翻訳:ヘーゲル「文学[詩]の本質」、書評:守田正義著『音楽論』、「芸術の写実について」の6編。唯物論研究会の執筆陣の中では、専門範囲を定めて活躍している。一方、同じ誌上には筆名瀬木健での執筆もあって、内容が多岐にわたっている。唯物論全書作成にも参加し、戸坂潤らを中心とした初期の唯物論研究会による集団学習方式のさまざまな実践を体現している。

戦後約十年の間は、戸坂没後の時代にあって弁証法、唯物論の普及啓発に尽くした。ヘーゲルの所論、肯定論、反対論を精査吟味し、残すべき中核となる理念を抽出するという学習者、解釈者の態度を貫きつつ、大学講師としての教育活動を継続した。民主主義科学者協会員としては、哲学部会の活動を牽引、「民主主義哲学」の構築を志した[6]1956年頃、哲学から経済学へと研究領域を移行する[7]。マルクス経済学に関しても所論、肯定反対論の分析を通じ、解釈者兼紹介者の立場をとった。

見田石介の資本論との遭遇

見田石介が資本論と遭遇したのは、1951年に、岡本博之教授の尽力によって、大阪市立大学経済学部講師として赴任し、彼のために新設された経済哲学という科目を担当したのがきっかけである。この点は、見田石介著作集第1巻(1976年10月12日、大月書店、15頁から16頁)に掲載された、彼の弟子の一人たる林直道氏執筆「見田石介氏の学問と生涯」に具体的に記述されている。

林直道氏は、この頃の見田石介の様子を以下のように回想している。

「市大経済学部では見田氏のために「経済哲学」という課目を新設したが、これまで哲学者として通ってきた見田氏が、46歳になってから経済学に転換するために、ひじょうな努力を払ったことは想像にかたくない。文字どおり初心にかえり、熱心に『資本論』や『経済学批判』と格闘し、たくさんのノートをとっていた氏の姿が今も私の目にうかぶ。」

弁証法[編集]

見田石介は、ヘーゲルとマルクスの研究を通して、弁証法を、思惟、歴史、自然のすべてに通ずる一般的法則だと認識した。

この点は、見田石介著作集第1巻所収「分析的方法とヘーゲルおよびマルクスの弁証法的方法」に続く付録(ヘーゲルとマルクス、1974年10月5日の講演のレジメ全文)の冒頭で以下のように記述されている。

ヘーゲルは、時代的な制限もあり、ことにその観念論の立場の制限があったが、自然、社会、思考の諸過程を深く研究することによって、それらを支配している弁証法の諸法則を発見し、これをはじめて包括的に叙述するという業績をなしとげた。 — 「見田石介著作集第1巻」255頁

この点は、28歳で最初に上梓した「ヘーゲル哲学への道」では、以下のように記述されている。

ヘーゲルの弁証法は、かかる限られた世界のみの法則ではなく、思惟、歴史、自然のすべてに通ずる一般的法則である。 — 「見田石介著作集補巻」19頁

付録(ヘーゲルとマルクス、1974年10月5日の講演のレジメ全文)は見田石介著作集編者が見田逝去後遺族の許諾を得て著作集に収録した草稿であり、遺稿である。

科学の発展の歴史を明確に区切る事は出来ないが、見田の脳裏には、これら三つの領域が存在し、弁証法はそれら三つの領域を支配する一般的法則だと認識していた。

ただし、見田が、この認識を証明し得たか否かはいまのところ明らかではない。

神秘的観念論者ヘーゲル

ヘーゲル哲学の研究に生涯を捧げた見田石介は、ヘーゲルの観念論者としての側面を、その最初の著作と最晩年の論文の中で、以下のように、説明している。

見田石介は、ヘーゲルを「神秘的観念論者」だったと理解していた。

しかし、見田石介は、ヘーゲルを観念論者としてのみ理解していたのではなく、ヘーゲル論理学の核心たる弁証法の理解においては、むしろ、ヘーゲルが唯物論者だったから、弁証法を、発見できたと理解していた。

ヘーゲル哲学への道(28歳、1934年、清和書店発刊)

以上がその先行哲学と区別されたヘーゲル哲学の特質、優越点であるが、一方またヘーゲル哲学はその観念論という点に於いて、それらのいずれとも共通点をもっていることは勿論である。それどころか、彼の哲学は、それ以前の一切の観念論が有した矛盾を綜合したものとして、哲学史上に於ける最も大規模な観念論であり、従って一切の観念論がもっている神秘性と荒唐無稽さも、ここでは極度に誇張されて現われている。

彼に於いては『存在』は思惟から独立した存在ではなく、存在の本性は思惟であり、存在は本来思惟の外化であるに過ぎない。それ故認識とは本来思惟であるところの実体が、自己自身を自己の対象として疎外し、この自己の他有のうちに再び自己自身を認めることとなる。それ故にこそ思惟の対象に対する絶対的な到達、両者の絶対的な合一が可能であったのである。この点は存在は意識から独立であり、認識は永久にそれに近接してゆくが、それへの絶対的到達は不可能だとする唯物論の立場とは反対である。

見田石介「見田石介著作集補巻」(大月書店、1977年4月27日、43頁)

へーゲル論理学と『資本論』(66歳)

へーゲルの観念論は、現実の事物を思想とみ、思想をあたかも現実の事物であるかのようにとりあつかうまったく神秘的な観念論であった。

ヘーゲルの弁証法は、ほかにも事情があったが、なによりもこうした現実の事態とたんなる思想とを混同する観念論によって制限され、歪められたものとなったのである。

見田石介「見田石介著作集第1巻」(大月書店、1976年10月12日、111頁)

なお、上に述べたように、見田石介は、ヘーゲルを「神秘的観念論者」だったと理解していたが、これは、彼が、資本論を研究する以前からの理解である。

また、先に述べた、見田石介が、ヘーゲルを唯物論者だったと理解していた部分は以下の通りであり、この部分は、見田石介が、ヘーゲルを神秘的観念論者だと述べた、そのすぐ後に記述されている。

ヘーゲルは、「哲学的思惟」すなわち真に科学的な思惟の本性は謙虚なものであって、「個人的な意見をすてて、実在そのものを自己のうえに君臨させることにある」(『小論理学』上、115ページ、岩波書店)ということをいっているが、じっさいかれの観念論はそのうちに、唯物論的な要素をふくんでいたのである。

これでこそ、へーゲルは論理学の革命をおこなうことができたのであり、また観念論の立場にたちながら、弁証法の諸法則の偉大な洞察者、発見者となることができたのである。

見田石介「見田石介著作集第1巻」(大月書店、1976年10月12日、112頁)

マルクスは、資本論第一巻あと書き〔第二版への〕で以下のように、ヘーゲル弁証法の「神秘化」に言及しているが、これは、マルクスが、ヘーゲルを観念論者だと理解した上での言及であるから、マルクスもまたヘーゲルを「神秘的観念論者」だと理解していた事になる。

弁証法がヘーゲルの手のなかでこうむっている神秘化は、彼が弁証法の一般的な運動諸形態をはじめて包括的で意識的な仕方で叙述したということを、決してさまたげるものではない。弁証法はヘーゲルにあってはさか立ちしている。神秘的な外皮のなかに合理的な核心を発見するためには、それをひっくり返さなければならない。

マルクス『資本論第一巻a』(日本共産党中央委員会付属社会科学研究所資本論翻訳委員会訳、新日本出版社、1997年12月5日、29頁)

著作[編集]

  • 『ヘーゲル哲学への道』1934年、清和書店、のちに再刊1947年、解放社、再々刊1996年、こぶし書店
  • 『唯物論全書芸術論』1935年、三笠書房
  • 『現代哲学批判』1948年、北隆館 のちに再刊1995年、こぶし書店
  • 『藝術学の諸問題』1948年、塙書房
  • 『辯證法を學ぶ人のために』1948年、解放社
  • 『新しい人間の誕生ー唯物論的人間の把握』1948年、史学社
  • 『芸術論』1949年、三笠書房
  • 『ヘーゲル─辯証法哲學者としての─』1949年5月30日、解放社
    「はしがき」で本人が記述しているように、28歳で上梓した「ヘーゲル哲学への道」の続編に当たり、終戦を跨ぐ15年後の43歳の業績である。
  • 『科学論 現代哲学全書12』1958年、青木書店
  • 『資本論の方法』1963年7月、弘文堂
  • 『宇野理論とマルクス主義経済学』1968年、青木書店
  • 『価値および生産価格の研究』1972年4月20日、新日本出版社、当時、見田石介は、日本福祉大学教授だった。
  • 『経済学の基礎』1975年、日本福祉大生協
  • 『見田石介著作集 全7巻』1976年-1977年刊行、大月書店
    • 『第一巻 ヘーゲル論理学と社会科学』
    • 『第二巻 科学論と弁証法』
    • 『第三巻 資本論の方法Ⅰ』
    • 『第四巻 資本論の方法Ⅱ』
    • 『第五巻 マルクス主義経済学の研究』
    • 『第六巻 現代イデオロギー論』
    • 『補巻  ヘーゲル哲学への道、芸術論』
  • 『ヘーゲル大論理学研究 全3巻』1979-1980年刊行、大月書店
    • 『第一巻 「序論(論理学の一般的概念、論理学の一般的区分)」』 - 内容 「第一部 有論  第一編 質(規定性)」
    • 『第二巻 「本質論 第一編 (自己反省における反省としての本質)」』
    • 『第三巻 「第二部 本質論(続き)第二編 現象、第三編 現実性」』

翻訳[編集]

  • ヘーゲル『美学体系(1)ヘーゲル美学の弁証法』1932年、春陽堂   
  • ゴールトン『天才と遺伝』上・下 1935年、岩波書店
  • クーノー・フイシャー『ヘーゲル傳』1935年10月15日、三笠書房、Kuno Fischer(1824─1907)、Geschichte der neueren Philosophie ヘーゲルの巻における「伝記、著作」の部分の訳。
  • ディルタイ『青年時代のヘーゲル』1938年5月17日、三笠書房、Wilhelm Dilthey(1833-1911)"Die Jugendgeschichte Hegels" 、のちに名著刊行会より1976年9月15日に再刊。 
  • ヘーゲル『美学講義』1・2 1949年、1950年、北隆館 

雑誌論文[編集]

  • 「ヘーゲルと浪漫主義」『思想』第145號 1934年  

参考文献[編集]

  • 『旅行記・日誌』1976年8月、見田キヨ[8]
  • 「見田石介氏の人と学問」(高田太久吉、週刊読書人、第1159号、1976年、4頁)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『唯物論研究』〔復刻版〕別巻1976年、青木書店 なお、同誌には、「現代日本における観念論哲学界鳥瞰図」、「優生学について」、書評:イシチェンコ編『唯物弁証法辞典』、書評:『ソヴェートの教育の全貌』、書評:ピンケウィッチ『教育学概論』、「芸術遺産の摂取」、書評:『ラモオの甥』、書評:ウィットフォーゲル著『市民社会史』、書評:『世界文化』10月号ー現代フランス文化の紹介ー、翻訳:マルセル・プルナン「生物学とマルクス主義」、「評伝の方法についての覚書」、書評:黒田辰男訳編『ゲーテ論攷』、書評:舟木重信著『ゲーテ・ハイネ・現代文芸』、書評:小泉丹著『生物学巡礼』、書評:舟木重信著『ゲーテ人生読本』、「邦人作曲コンクールと独立美術展」、「直接的認識のカテゴリー」の16編が瀬木名で掲載されている。
  2. ^ 『京都帝国大学一覧 昭和5年』京都帝国大学、1930年12月、p.450
  3. ^ 『ヘーゲル哲学への道』巻末略年譜 1996年、こぶし書店 なお、『理論』は日本評論社刊。
  4. ^ 「見田石介先生略歴」『唯物論』1975年11月号
  5. ^ a b 岩崎允胤「見田石介先生の御逝去を悼む」『唯物論』1975年11月号
  6. ^ 「創刊の言葉」「編集の後で」『理論』創刊號、1947年2月
  7. ^ 『価値および生産価格の研究』1972年、新日本出版社
  8. ^ 1940年から1945年にかけての生活記録。

関連項目[編集]