戸坂潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
戸坂潤

戸坂 潤(とさか じゅん、1900年9月27日 - 1945年8月9日)は、日本哲学者

来歴・人物[編集]

東京市生まれ。青南小学校東京開成中学校第一高等学校(現東京大学教養学部)理科を経て、1924年京都帝国大学文学部哲学科卒業、同大学院進学。京都高等工芸学校(現京都工芸繊維大学)講師、同志社女子専門学校(現同志社女子大学)講師、神戸高等商業学校(戦後神戸商科大学、現兵庫県立大学)講師、大日本帝国陸軍少尉等を経て、1929年大谷大学教授就任も、翌年検挙(一週間で釈放)。1931年から1934年まで法政大学講師[注釈 1]。後に同大教授となる。(1933年に法政騒動で教養学部辞職。余波は続き1934年に文学部解職。1935年、1938年検挙。1940年保釈出所するも1944年に東京拘置所、空襲のため1945年に長野刑務所へ移送。)ちなみに三木清は1930年に検挙されており、その意味で戸坂は三木の後任だったと言える。

もともとは物理学専攻であったが、後に西田幾多郎の下で哲学を学ぶ。西田に師事する一方で、軍部のイデオロギーに観念論的に影響を与えたとして西田や田辺元らを批判した。

また、彼は1932年に設立された唯物論研究会の創始者の一人であり、研究組織部長から機関誌『唯物論研究』の二代目の編集部長、事務長等を務めたが、治安維持法によって特別高等警察に捕らえられ、敗戦の直前(8月9日)に長野刑務所で獄死した。死因は疥癬と伝えられている。なお東京開成中学校の同級で治安維持法で検挙された人物として村山知義がいる。

戸坂は始め新カント主義の立場にあったが、空間論の研究を進めるなかで唯物論の立場に移り、日本の代表的な唯物論哲学者となった。唯物論研究会の事実上のリーダーといってよい。観念論哲学に対する批判を旺盛に行ったが、その死は戸坂から「観念論哲学者」と批判された人々(田辺元など)からも惜しまれた。

著作[編集]

  • 『戸坂潤全集』 全5巻+別巻(勁草書房)にほとんどのものが収録されている。

普及版として、

  • 『日本イデオロギー論』(岩波文庫)全集第2巻収録
  • 『思想と風俗』(平凡社東洋文庫)全集第4巻収録
  • 『世界の一環としての日本』(平凡社東洋文庫)全集第5巻収録
  • 『科学論』(青木書店)全集に収録されていない5篇の短文収録 芝田進午解説
  • 『認識論』(青木書店)全集第3・4巻収録 小川晴久解説

が2006年現在容易に入手できる。

  • 科学方法論 岩波書店 1929 続哲学叢書
  • イデオロギーの論理学 鉄塔書院 1930
  • イデオロギー概論 理想社 1932 新興哲学叢書
  • 技術の哲学 時潮社 1933
  • 現代のための哲学 大畑書店 1933
  • 現代哲学講話 白揚社 1934
  • 科学論 三笠書房 1935 唯物論全書 のち現代教養文庫
  • 日本イデオロギー論 白揚社 1935 のち岩波文庫
  • 現代日本の思想対立 今日の問題社 1936
  • 現代唯物論講話 白揚社 1936
  • 思想としての文学 三笠書房 1936
  • 思想と風俗 三笠書房 1936 のち平凡社東洋文庫
  • 道徳論 岡邦雄共著 三笠書房 1936 唯物論全書
  • 世界の一環としての日本 白揚社 1937 のち平凡社東洋文庫
  • 日本科学年報 1937年版 岡邦雄共編 改造社 1937.6
  • 認識論 山岸辰蔵共著 三笠書房 1937 唯物論全書
  • 読書法 三笠書房 1938
  • 戸坂潤選集 全8巻 伊藤書店 1946-1949
  • 戸坂潤全集 全5巻 勁草書房 1966-1967
  • 科学的精神の探求 1972 新日本新書
  • 戸坂潤全集 別巻 勁草書房 1979.11
  • 科学と文学の架橋 尾関周二編 京都哲学撰書 燈影舎 2001.1
  • 戸坂潤の哲学 吉田傑俊編 2001.12 こぶし文庫
  • イデオロギーとロジック 戸坂潤イデオロギー論集成 書肆心水 2007.11
  • 日本的哲学という魔 戸坂潤京都学派批判論集 書肆心水 2007.11

2016年こぶし書房から北林雅洋により発見された24編を含む全集未収録の30編の論文が刊行された。

  • 戸坂潤全集未収録論文集 こぶし書房 2016.5

翻訳[編集]

  • 意志の自由 ヴィンデルバント 大村書店 1925
  • 自然哲学原理 カント著作集 第11 岩波書店 1928
  • 探險英雄傳 ブリッジス・ティルトマン共著 改造社 1936

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 谷川徹三による推薦を得て就任。谷川徹三著『自伝抄』中公文庫 1992 p.66

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]