木村靖二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木村 靖二(きむら やすじ、1943年1月 - )は、日本の歴史学者東京大学名誉教授。専門は、西洋近現代史、ドイツ史

来歴[編集]

東京生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。東京大学助手、茨城大学助教授、立教大学教授、東京大学大学院人文社会系研究科教授、独立行政法人大学評価・学位授与機構教授を経て、2008年より2013年まで立正大学文学部史学科教授。『詳説世界史』(山川出版社)など高校教科書も編集執筆。

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

  • 『ドイツの歴史 ― 新ヨーロッパ中心国の軌跡』(有斐閣、2000年)
  • 『新版世界各国史(13)ドイツ史』(山川出版社、2001年)

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • カール・コルシュ『レーテ運動と過渡期社会』(社会評論社, 1971年)
  • デートレフ・ポイカート『ナチス・ドイツ ある近代の社会史 ― ナチ支配下の「ふつうの人びと」の日常』(三元社, 1991年)
  • ミヒャエル・ヤイスマン『国民とその敵』(山川出版社、2007年)

外部リンク[編集]