木谷勤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木谷 勤(きたに つとむ、1928年4月18日 - 2018年9月15日)は、日本の歴史学者、名古屋大学名誉教授。西洋史専攻。

来歴[編集]

香川県生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒、1953年同大学院博士課程満期退学、大阪教育大学助教授、教授、名古屋大学文学部教授、1992年定年退官、名誉教授、大阪国際大学教授。

2018年9月15日、腹腔内動脈塞栓のため死去[1]。90歳没。

著書[編集]

  • 『ドイツ第二帝制史研究 「上からの革命」から帝国主義へ』青木書店 歴史学研究叢書 1977
  • 『帝国主義と世界の一体化』山川出版社 世界史リブレット 1997
  • 『讃岐の一豪農木谷家の三百年 村・藩・国の歴史の中で』刀水書房、2014

共編著[編集]

  • 『世界現代史』柴田三千雄共著 山川出版社 1985
  • 『生と死の文化史 危機の生・豊饒の生』川崎寿彦共編 名古屋大学出版会 1989
  • 『ドイツ近代史 18世紀から現代まで』望田幸男共編著 ミネルヴァ書房 1992

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 毎日新聞 2018年9月27日 中部朝刊

参考[編集]

  • 『現代日本人名録』2002年
  • 木谷勤教授略歴・業績目録 (木谷勤教授退官記念) 名古屋大学文学部研究論集 1992