パリのパサージュ・クーヴェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギャルリ・コルベールのロトンド
ギャルリ・ヴィヴィエンヌのパノラマ

パサージュ・クーヴェル (Les Passages couverts) は複数の通りを接続することを目的に既存の建築物を改築して設けた通り抜け道、歩行者専用道路18世紀以降のフランスを中心に建造された。通路はガラス製の屋根に覆われている。複雑に入り組んでいる通路もある。パサージュ、小路とも記される。

パリのパサージュ・クーヴェルは18世紀末から20世紀初頭にかけて、特に復古王政期に多くが建造された[1]。位置は2区周辺のセーヌ川右岸に集中する。1786年パレ・ロワイヤルの中庭に面して建造されたガラス製の屋根を持つ回廊型商店街のギャルリ・ド・ボワ (Galerie de Bois) がパサージュ・クーヴェルの原型とされる[2]。最古のパサージュ・クーヴェルは1791年に開通したパサージュ・フェイドー (Passage Feydeau) であったが取り壊されて残っていない[3]1798年に開通したパサージュ・デュ・ケールフランス語版が現存するパサージュ・クーヴェルのうち最も古いものである。18世紀末から19世紀初頭のパリは、縦横の道路が未整備であったために通りから別の通りへと抜けることが困難で、道幅も狭い上に馬車の通行が多かったため歩行者は不便を強いられていた[4]。盛り場付近にある建物の所有者は建物の間を通り抜ける近道を通せば集客と店子からの賃料で儲けることができると考えた。建物の所有者たちはガラス屋根や大理石で覆われた壁と床、モザイクタイルが敷かれた通路、ガス灯、暖房設備など豪奢な内装を競って設えた[5][6]。パサージュ・クーヴェルには生地屋、仕立て屋、靴屋、ワイン商、レストラン、書店などが入居し高級商店街として大いに賑わった[7]1830年フランス7月革命以降にパレ・ロワイヤルからグラン・ブールヴァールへと中心地が移り、さらにボン・マルシェなどのデパート開業やジョルジュ・オスマンパリ改造による大通り開通によって、商業施設・交通網としての重要性が薄れてパサージュ・クーヴェルは衰退した[8][9]

パサージュ・クーヴェルは20世紀後半に発行されたヴァルター・ベンヤミンの『パサージュ論』 (Das Passagen-Werk) によって再注目された[10]ギャルリ・ヴィヴィエンヌなどいくつかのパサージュ・クーヴェルが近年に改修された。ギャルリ・コルベールフランス語版はフランス国立図書館の別館として現存する。フランス政府によって歴史建造物 (Monuments historiques) の登録と保護が進められている。

現存するパサージュ・クーヴェル[編集]


名称
開通年
区間
営業時間
歴史
建造物
全長
(m)

1 ギャルリ・ヴェロ=ドダフランス語版
Galerie Véro-Dodat
1826 7:00-22:00
月-土(祝日除く)
登録 80 ギャルリ・ヴェロ=ドダ
2 パサージュ・ブール・ラベフランス語版
Passage du Bourg-l'Abbé
1828 7:00-19:30
月-土
登録 47 パサージュ・ブール・ラベ
2 パサージュ・デュ・ケールフランス語版
Passage du Caire
1798 7:00-18:30
月-金
360 パサージュ・デュ・ケール
2 パサージュ・ショワズールフランス語版
Passage Choiseul
1829 登録 190 パサージュ・ショワズール
2 ギャルリ・コルベールフランス語版
Galerie Colbert
1826 登録 83 ギャルリ・コルベール
2 パサージュ・デ・ドゥー=パヴィヨンフランス語版
Passage des Deux-Pavillons
1820 登録 33 パサージュ・デ・ドゥー=パヴィヨン
2 パサージュ・デュ・グラン=セールフランス語版
Passage du Grand-Cerf
1825 8:30-20:30
月-土
登録 117 パサージュ・デュ・グラン=セール
2 パサージュ・デ・パノラマ
Passage des Panoramas
1800 6:00-24:00 登録 133 パサージュ・デ・パノラマ
2 パサージュ・デュ・ポンソーフランス語版
Passage du Ponceau
1826 8:00-19:00
月-金
92 パサージュ・デュ・ポンソー
2 パサージュ・デ・プランスフランス語版
Passage des Princes
1860 8:00-20:00
月-土
登録 80 パサージュ・デ・プランス
2 パサージュ・サン=タンヌフランス語版
Passage Sainte-Anne
1825, 1827 登録 47 パサージュ・サン=ターヌ
2 ギャルリ・ヴィヴィエンヌ
Galerie Vivienne
1823 8:30-20:30 登録 176 ギャルリ・ヴィヴィエンヌ
3 パサージュ・ヴァンドームフランス語版
Passage Vendôme
1827 7:15-20:00
月-金
8:00-20:00
登録 57 パサージュ・ヴァンドーム
8 アルカード・デ・シャン=ゼリゼ
Arcades des Champs-Élysées
1926 アルカード・デ・シャン=ゼリゼ
8 ギャルリ・ドゥ・ラ・マドレーヌフランス語版
Galerie de la Madeleine
1845 8:00-19:00
月-土(祝日除く)
登録 53 ギャルリ・ドゥ・ラ・マドレーヌ
8 パサージュ・ピュトーフランス語版
Passage Puteaux
1839 7:00-24:00
月-金
29 パサージュ・ピュトー
9 パサージュ・デュ・アーヴルフランス語版
Passage du Havre
1845 115 パサージュ・デュ・アーヴル
9 パサージュ・ジュフロワフランス語版
Passage Jouffroy
1845 7:00-21:30 登録 140 パサージュ・ジュフロワ
9 パサージュ・ヴェルドーフランス語版
Passage Verdeau
1847 7:30-21:00
月-金
7:30-20:30
土-日
登録 75 パサージュ・ヴェルドー
10 パサージュ・ブラディフランス語版
Passage Brady
1828 登録 216 パサージュ・ブラディ
10 パサージュ・デュ・プラドフランス語版
Passage du Prado
1830 9:30-19:00 120 パサージュ・デュ・プラド

脚注[編集]

  1. ^ 福井・稲葉 (2003) p.54
  2. ^ 鹿島 (2008) pp.18-19.
  3. ^ モンクロ (2012) p.508
  4. ^ ベンヤミン (1993) pp.65-66., p.209
  5. ^ ベンヤミン (1993) pp.5-6., pp.63-65., pp.80-85.
  6. ^ 鹿島 (2008) pp.16-17., pp.25-26.
  7. ^ ベンヤミン (1993) p.69
  8. ^ ベンヤミン (1993) pp.206-207.
  9. ^ 鹿島 (2008) p.11, pp.26-30.
  10. ^ 鹿島 (2008) pp.13-14.

参考文献[編集]

  • Richard Khaitzine, Galeries et passages de Paris : À la recherche du temps passé, Grenoble, Le Mercure dauphinois, coll. « Le p'tit flâneur », 2010, poche, 303 p. (ISBN 978-2-35662-032-3)
  • Jean-Claude Delorme et Anne-Marie Dubois (photogr. Martine Mouchy), Passages couverts parisiens, Paris, Parigramme, 1996, 189 p. (ISBN 978-2-84096-055-3)
  • François Macé de Lépinay, « En passant par les passages », Monuments historiques, no 108, 1980, p. 49-57 (ISSN 0153-3673)
  • Johann Friedrich Geist, Le Passage. Un type architectural du xixe siècle, traduction par Marianne Brausch, Pierre Mardaga éditeur, s.d. (1988-1989 ?), (ISBN 2-87009-315-2) ; traduction revue et complétée de la 4e édition en langue allemande, (de) J.-F. Geist, Passagen, ein Bautyp des 19. Jahrhunderts, München, Prestel-Verlag, 1969, 1978, 1979, 1982 (ISBN 9783791304878)
  • Patrice de Moncan (photogr. Pierre Clapot), Les Passages couverts de Paris, Paris, Les Éditions du Mécène, 1995 (ISBN 978-2-907970-17-4)
  • Bernard Marrey et Paul Chemetov, Familièrement inconnues... architectures, Paris 1848-1914, Paris, Secrétariat d'État à la Culture, 1976, p. 15-16
  • Bertrand Lemoine (préf. Jean-Pierre Babelon), Les passages couverts en France, Paris, Délégation à l'action artistique de la Ville de Paris, 1997, 253 p. (ISBN 978-2-905118-21-9)
  • Bertrand Lemoine, Les Passages couverts à Paris, Paris, 1983, 532 p., th. 3e cycle en hist. mod. et contemp. à l'EPHE
  • Catherine Grive, Bertrand Dalin et Paméla Cauvin (photogr. Sylvain Sonnet), Passages couverts de Paris : Promenades illustrées dans les passages parisiens, Paris, Déclics, coll. « Tranches de ville », 2009, 107 p. (ISBN 978-2-84768-184-0)
  • Sybil Canac et Bruno Cabanis (photogr. Bruno Cabanis), Passages couverts de Paris : French and English texts, Issy-les-Moulineaux, Massin, coll. « Les Essentiels du Patrimoine », 2011, 192 p. (ISBN 978-2-7072-0707-4)
  • 鹿島茂, 『パリの秘密』, 中央公論新社, 2006, 224 p. (ISBN 978-4-12-003773-3)
  • 鹿島茂, 『パリのパサージュ 過ぎ去った夢の痕跡』, 平凡社, 2008, 155 p. (ISBN 978-4582634358)
  • 福井憲彦, 稲葉宏爾, 『パリ 建築と都市』, 山川出版社, 2003, 191 p. (ISBN 978-4634633001)
  • ヴァルター・ベンヤミン(著), 今村仁司・三島憲一(訳者代表) 『パサージュ論 ― I パリの原風景』, 岩波書店, 1993, 329 p. (ISBN 4000029606)
  • ペルーズ・ド・モンクロ(著), 三宅理一(監訳), 『芸術の都パリ大図鑑 建築・美術・デザイン・歴史』, 西村書店, 2012, 711 p. (ISBN 978-4890136766)

外部リンク[編集]