ヴィクトワール広場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パリのヴィクトワール広場
デジャルダンが彫刻した以前のルイ14世記念碑

ヴィクトワール広場フランス語: Place des Victoires)は、フランスパリにある円形の広場で、パリ1区2区にまたがっていて、パレ・ロワイヤルのそばである。ルイ14世騎馬像があり、6本の道路が交差している。ヴィクトワールは勝利の意味。

歴史[編集]

もともと1678年から1689年にかけてそれまであった民家を壊して、ルイ14世ナイメーヘンの和約によるの戦勝記念に広場が計画され、間もなくジュール・アルドゥアン=マンサールがこの円形広場を取り囲む壮麗な建物を設計した。当時この広場に置かれたルイ14世記念碑マルタン・デジャルダンen:Martin Desjardins)のデザインによる。これはフランス革命中の1792年に壊されて、そこに革命のために亡くなった市民に捧げる木造ピラミッドが建てられが、これは1810年にフランス皇帝ナポレオン1世の命令により兵士の暖房に利用のために壊され、彼の将軍のひとりの銅像が置かれた。

この銅像もポンヌフアンリ4世の騎馬像をつくるために溶解されることになる。その後、1828年に現在のルイ14世の騎馬像がつくられ、この彫刻家はカルーゼル凱旋門上のクアドリガ(4頭並行だて馬車)なども彫刻したことで有名なフランソワ・ジョゼフ・ボジオen:François Joseph Bosio)である。こうした経緯のため「ヴィクトワール広場」の「ヴィクトワール」はフランス語で複数形になっている。 [1]

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ パリ ヴィクトワール広場の写真と説明